進撃の巨人考察|エレンが単独潜入の理由!マーレ軍の戦力低下とジークに会う為

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

進撃の巨人考察|エレンが単独潜入の理由!マーレ軍の戦力低下とジークに会う為

エレンはなぜ単独行動でマーレに潜入、全世界に宣戦布告したのか

ハンジら調査兵団の元の目的は、全世界と和解することだったはず。

当然、これはエレンの単独行動ではなく、ジークを信奉する反マーレ側の提案を飲んだパラディ島勢力の作戦とも言えました。

但し、エレンが暴走に近い行動に出て島からマーレに向かってしまったのは事実です。

一体なぜ、エレンはこのような行動をとったのか。

理由はパラディ島を狙うマーレと世界への牽制とジークの目的を果たす為だったと考えていいでしょう。




軍港と軍上層部の壊滅で時間稼ぎ

マーレに対して宣戦布告を行ったエレンです。

戦鎚の巨人にあわや殺されるという所でミカサを含めたパラディ島勢力が加勢します。

軍港は超大型巨人のアルミンが爆破して艦隊を壊滅。

タイバー家の演説を聞くために集まっていた軍上層部も全て殺してしまいました。

こうしてパラディ島を攻めるまでの時間稼ぎを行いました。

進撃の巨人105話 エレンの潜入は時間稼ぎが理由

進撃の巨人105話/諫山創先生/講談社
エレンの潜入は時間稼ぎが理由

その際に多くの一般人の犠牲も出ましたが、それはエレンも覚悟していた様子。

戦鎚の巨人を食えたのは運

今回の戦いでエレンは戦鎚を食う事に成功しています。

本来、結晶化されていると歯が立たないものですが顎の巨人だけは違います。

強靭な歯と爪で結晶体にすら傷をつける事が可能です。

それを利用してガリアードに戦鎚の巨人である結晶体の中にいる妹を噛ませて強引に口を閉じさせ血を飲みます

進撃の巨人104話 顎の巨人の歯を使い強引に戦鎚を食う

進撃の巨人104話/諫山創先生/講談社
顎の巨人の歯を使い強引に戦鎚を食う

猟奇的過ぎる描写にも思えますが、戦鎚を得たエレンは更に強化された戦闘巨人になったと言えます。

これはエレンにとっても嬉しい誤算だったと言えます。

本来の目的はパラディ島に対しての攻撃を遅らせる効果と獣の巨人であるジークをエレンに引き合わせる事にありました。

3年前に反マーレ派が提案した

3年前にパラディ島に送り込まれたマーレの艦隊ですが、戻ってきていない事は話に出ていました。

その中にイェレナ率いる反マーレ派が含まれていました。

イェレナ達が信奉しているのはジークです。

ハンジを含めたパラディ島陣営に目的と要求を伝えます。

目的はエルディア人の解放です。
ジーク・イェーガーの要求は以下の通り彼に残された時間以内に彼をパラディ島に受け入れ「始祖の巨人」を有する腹違いの弟、エレン・イェーガーと引き合わせること。
(進撃の巨人105話)

王家の血を引く者と始祖の巨人の2つが引き合えば、壁内の巨人を呼び覚まし「地ならし」に至る事も可能であるとエレンも分かっており、その事を上層部に伝えています。

王家が食っても「不戦の契り」によって発動には至りません。

ジークがそれを出し抜く術を手に入れたのだろうとエレンはとてつもなく冷静な目で語ります。

この時点でエレンの頭には地ならしによるパラディ島以外の世界の全滅という絵が見えていたのかもしれません。

ただ今回のエレンの潜入の目的という意味で見れば、

  • エレンとジークが引き合うため
  • マーレ軍の混乱で時間稼ぎ
  • という2つだったと考えて間違いないでしょう。

    地ならし発動で世界が終わる

    ジークはエルディアの根絶を考えた

    進撃の巨人116話にてジークの本当の目的が分かります。

    一時期は地ならしの保有によって世界に対して抑止力を持つような考えが描かれましたが全く違います。

    実際は「エルディア人が子供を生めない状態にする」というのが目的です。

    始祖の巨人を扱う事でエルディア人を操作して子供が生まれない状態にするというのがジークの考える「安楽死計画」になります。

    進撃の巨人106話 イェレナが語るジークの秘策「安楽死計画」 

    進撃の巨人106話/諫山創先生/講談社
    イェレナが語るジークの秘策「安楽死計画」 

    世界がその前に攻めてくる可能性もありましたが、それについては地ならしを抑止力に使えばよいと考えていました。

    ユミルの民が消滅するまで人工が減り続けたら国の晩年は僅かな老いぼれしか生き残らなくなるんだぞ?
    そんな状態で国を守る?他の国が放っておくとでも?
    -ジャン-
    そこに関しては従来通り「地ならし」の抑止力を行使できるよう始祖と王家の継承維持が不可欠なままです。
    幸いにしてヒストリア女王は世継ぎを授かっております。
    その子が天命を全うするまで数名のユミルの民が「始祖の巨人」を継承すれば。
    -イェレナ-
    (進撃の巨人106話)

    ジークの計画も確かに誰も傷つける事なく、世界から巨人がいなくなる方法であると考えて良さそうです。

    しかし、エレンは全く違う考えを持つに至ります。

    エレンはパラディ島以外を全滅させる

    エレンはパラディ島以外を全て敵とみなし、始祖の巨人と共に地ならしを発動させ世界を蹂躙していきます。

    こちらは下記記事より詳細をご覧下さい。

    進撃の巨人考察|地ならし発動で島外の全てを殺す!結末は絶望しかない



    The following two tabs change content below.
    夜噛み月

    夜噛み月

    伏線溢れるシリアスなマンガと、湧き上がるような熱血少年マンガを交互に読むのが好き。いずれにせよ心理戦が大好き。好きな漫画「デスノート」「進撃の巨人」「ジョジョ」「寄生獣」「手塚治虫」

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。
    • コメント (0)
    1. この記事へのコメントはありません。

    ピックアップ記事

    2018.4.25

    【七つの大罪考察】エスタロッサの闘級が8万8千に!モンスピートで14万2000になる!?メリオダスは40万越えか!?

    (鈴木央先生 七つの大罪 264話引用) エンリルの天罰で 分子レベルにまで 分解されるはずだった エスタロッサ。 しかし…

    よく読まれている記事

    考察記事

    最近の投稿

    ページ上部へ戻る