【食糧人類ネタバレ】68話は最終回で鬱エンド!?ナツネを犠牲に伊江達が“ゆりかご”脱出!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方/講談社 食糧人類 引用)

“ゆりかご”を出た伊江一向。

カマキリ達の屍を超え
ただただ歩いていく。

これは終わりの流れ?

⇒【人類を猿から進化させた宇宙人
⇒【あの方の正体はクイーン!?




終わり!?

食糧人類は7巻で終わる
との話しが出ています。

既に6巻が2018年9月20日に
発売されましたが、

ちょうど山引が背中から
ナツネらを出し始めた前後で
終わっています。

そこからはナツネが量産され、
カマキリ達が私設に戻り、

そして
開閉ボタンを押していく
流れになりますが、

ここまでで7巻は
恐らく埋まる。

という事は、
この先の展開は
見られそうもない。

⇒【生殖種の謎!赤ん坊は!?
⇒【ナツネ母と和泉の関係!?

終わるのが早い

始まりは伊江とカズが
とんでもない世界に連れられ
好奇心をそそる展開のオンパレードで
面白い漫画になるに違いない!と
読み進めていましたが、

序盤のような冒険にも似た
ドキドキ感は本当に最初だけで、

後は化け物とは関係のない
改造人間が登場したり、

後半はなんかは
宇宙人の話しになって、
緊張感とかは薄れていきましたね。

結局、
食糧人類は
カマキリ達やクイーンらが
地球を占領しようとしていた
宇宙人漫画でしたが、

何しても
終わるのが早いのではないかと
思えますね。

「ゆりかご」という
そこそこ大きい施設に
居たくらいなので、

もっと冒険をさせてあげても
良かったんじゃないかと。

⇒【強化改造人も仲間に!?
⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?




鬱エンド!?

ナツネはあの地下で
未来永劫カマキリ達に
喰われ続ける事になりました。

ある種の鬱エンド。

とはいえ、
ナツネがシぬ事もないので、
いつしかチャンスが訪れて
カマキリをコロす事に
なるんじゃないかと思う部分も
あります。

ナイフさえあれば
以前のように中から
突き破ることも出来ます。

いや、ナイフなんて無くても
何度も再生し続けるられるなら、

またナツネの性格なら
突破口を見出すのではないかと
思えます。

もしくは、
この一件がある程度収まったら
助けに向かうということも出来るはず。

鬱エンドではあるものの、
やりようは幾らでも
あるような。

⇒【夕凪の会!強化人間まとめ
⇒【温暖化で世界の面積がヤバイ!?

カマキリは本当に絶命!?

山引考案のナツネを封じ込め
カマキリを根絶やしにしよう
作戦ですが、

しかし、
カマキリの数が一定数より
減れば、

ナツネを争って
殺しあう事もしなくなるはず。

ナツネもかなりの数が
量産されていましたが、

カマキリが
2~3匹程度になったなら
共食いもしなくなり、

実質、
根絶やしは完了しないのではないか?と
思ってしまいます。

むしろ、
「ゆりかご」では人肉を食べ
自分達の種を反映させて
いましたが、

ナツネを利用されて
また数を増やしていく事さえ
出来てしまうのでは…?

そういう意味では
後日談的なものを
描いて欲しいところですね。

ではラストに期待!

⇒【人類を猿から進化させた宇宙人

【こんな記事も読まれている】

⇒【あの方の正体はクイーン!?
⇒【生殖種の謎!赤ん坊は!?
⇒【ナツネ母と和泉の関係!?
⇒【ナツネの行方は!?
⇒【あの方の正体とは!?
⇒【強化改造人も仲間に!?
⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?
⇒【夕凪の会!強化人間まとめ
⇒【温暖化で世界の面積がヤバイ!?
⇒【アノ薬液は外で作られている!
⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲




The following two tabs change content below.

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.9.29

【キングダム考察】蒙恬は史実で戦国時代に活躍しない♠国の滅亡に絡まない将軍か♣

(原泰久先生 キングダム 47巻引用) 信の友人であり、 ライバルでもある 独立遊軍の将である蒙恬。 戦略眼は王翦並で、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る