Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【食糧人類考察】山崎さおりと和泉所長にカラダの関係がある可能性は♣母親以外の初めての女性♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方 食糧人類 引用)

山崎さおりが
収容されている状況で
出会ってしまった
和泉所長の青年時代。

母親以外の
女性は初めてのこと。

しかも、
他の女性の狂気とは
違って、
山崎さおりははっきり言えば
魅力的な女性と
言っていいだろう。

⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲





和泉が恋をする可能性

一人で脱走する予定だった
和泉青年。

しかし、
この山崎さおりの存在を見て
一目惚れしてしまう
ということも十分に
考えられる。

職員と懇ろになって
という噂もあったが
実際には和泉のことだったと
いうことなのか。

確かに、
生殖種の女性とは
思えない落ち着きと
綺麗さを持っている。

今まで女性を
母親以外見たことがない
男性なら一目惚れを
してしまっても
おかしくはないだろう。

もし、
こんな女性に
誘われたら。

やむなく関係して
しまったとしても
おかしくはない。

⇒【ナツネは死んだのか!?

脱走経路を奪われる

そして、
檻越しなのか、
それとも外に出てなのか
何にしても山崎さおりと
和泉青年が
関係してしまったとする。

その隙きをついて
脱走の経路図を奪われ、
さらにお金も奪われた場合。

残念ながら
和泉青年にはもう逃げ出す
術がなくなる。

それを先導したとされる
父親が罰せられるのは
容易に想像がつく。

さらに、
大粛清。

和泉はこれを見て
あの方たちを憎み
続けているのだろう。

⇒【あの方の正体とは!?元ネタ!?





ナツネが和泉の子供の可能性は

生殖種であっただろう
山崎さおり。

そして、
もしも和泉と関係が
あったのだとすれば、
ひょっとしたらナツネは
和泉の子供という
可能性すら出てくる。

それならば、
和泉は自分の子供を
コロしたと言える。

そう考えれば、
和泉所長とナツネの
小さい頃は似ていなくもない。

少ない可能性ではあるが、
ゼロでもない。

⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?

山崎さおりはなぜ普通なのか

生殖種の女性たちは
完全に狂っている。

この時の
山崎さおりが
来たばかりなのか
薬に適合したからなのか。

それは分からないが、
後に完全体のナツネを
生み出すことを
考えると狂うことなく
存在できる貴重な女性
だったといえる。

そんな女性を同じ場所で
管理する杜撰さも
どうかと思えるが
適合すると普通の女性として
いられるのなら
これはある意味で恐怖。

山崎さおりのような
女性は本当に一人だけだったのか。

これも気になるところだろう。

あの方たちにとって、
食糧を無限供給出来る
増殖種は絶対に欲しい存在。

この研究がどこまで
進んでいたのかも
気になるところ。

【こんな記事も読まれています】

⇒【ナツネは死んだのか!?
⇒【あの方の正体とは!?元ネタ!?
⇒【強化改造人下も仲間に!?
⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?
⇒【夕凪の会!強化人間まとめ
⇒【温暖化で世界の面積がヤバい!?
⇒【アノ薬液は外で作られている!
⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲



ツイッターで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.3.23

【約束のネバーランド考察】ノーマンの天才は人造♥父の存在は生存よりも怖い現実か♣

(約束のネバーランド ノーマンの気付き 2話 引用) 30話で去りゆくノーマンを見た。 しかし、 最後の「え」という言葉。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る