【キングダム考察】ブネンが優秀過ぎる将軍だった♦メラ族の実力を見切って味方ごと壊滅させる戦略♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

ブネンというロゾ三兄弟の次兄に
当たる人物が壁軍とメラ族とぶつかっている。

壁としては舜水樹の策で焼かれた
兵糧の一件もあることから士気最大で挑んだ。

ブネンの軍を押し込んで、
フィゴ王のダントやバジオウの軍よりも
早くに本陣まで辿りついている。

基礎戦術を忠実にこなす壁軍が強いかに
見えていたが、
実際はブネンの方がやはり一枚上手だったと
言わざるを得ないのか。

⇒【壁の基本戦術は強いのか!?





壁の危機にメラ族

壁がジリ兵団というブネンの主力に
敗れそうになるところでカタリたち
メラ族が横から入ってきた。

救出の意味もあるだろうが、
ブネンを討つという強い思いを
持っての行動なのは間違いない。

そして乱戦となるが、
そこにブネンは周辺の弓兵に乱戦場への
撃ち込みを指示している。

味方もいる中での強射。

当然、
山の民も壁軍もブネン軍ももろとも
射抜かれていく。

残虐性の一つかもしれないが、
ブネンは何も残虐性だけでこれをやっている
ということではないだろう。

言ってみれば、
ものすごく冷静にクレバーな戦術を
使ってくると言ってもいい。

ここではこうすることが
最も被害を少なく相手に勝てる方法だと
認識しているのではないか。

まさに、
メラ族の実力を測りきった上での戦術と
考えてもいい。

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【カタリ死亡の可能性は!?





メラ族を危険視した

ブネンはメラ族の存在を危険と考えて
この残虐に見える射撃を行ったのではないか。

メラ族の実力が自身の持つ最強の軍、
ジリ兵団を超える可能性があると考えたら
この場でそれもろとも討っておくのが
得策と感じられるだろう。

何よりも、
この場を仕切っている壁将軍とメラ族の
カタリが同時に登場している場所。

ジリ兵団の方が強いと考えていても
この場で二人を討てば戦いは終わる。

楊端和の主力をあっさりと打ち破れば
残り二軍の場所へ援軍も可能。

橑陽での戦いに敗れることになってしまう。

それは鄴の解放を可能にさせ、
秦国全軍の崩落を意味するだろう。

言ってみれば、
国の終わりを示唆する敗けとなってしまう。

ブネンはかなり冷静に戦略を練れる
逸材なのかもしれない。

エンポじィに何かを頼んだのが、
このブネンの軍に対してだとすれば、
楊端和の本能型としての勘が冴えたと
言わざるを得ないが、
どんな展開となるかは分からない。

⇒【ロゾと楊端和はどっちが強い!?
⇒【壁の基本戦術は強いのか!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【楊端和は史記から消える武将!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.8.5

【ジャガーン考察】ベルは壊人化して蛇ヶ崎と戦う!?ロバちゃんと手を組む未来が待っている!?

(ジャガーン 4話 ベルちゃん 引用) 「ジャガーン」の 主人公である 蛇ヶ崎晋太郎 (じゃがさきしんたろう)の 同僚であるベ…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.11.15

【進撃の巨人考察】ピークとポルコを罠で落したのは誰!?アルミンかコニーかジャン?

(諌山創先生 進撃の巨人 99話引用) ずっと西のラクア基地から 召集を受け警備に 参加しているという 顎鬚のマーレ兵士。 …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る