Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|騰(とう)の師匠と幼少期!ファルファルは螺旋が原点!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダム考察|騰(とう)の師匠と幼少期!ファルファルは螺旋が原点!?

騰(とう)の師匠と幼少期が、キングダム54巻と55巻の巻末おまけマンガで明らかになりました。

騰(とう)の特徴であるファルファルという音。

これは、刀を微妙に回転させているために出る音なのだそうです。

師匠はこれを、極意「螺旋」と呼びます。

螺旋とは何なのか、このお師匠は誰なのかについて、くわしく考察していきましょう。

史実では韓は騰将軍が滅ぼす?!




螺旋により何でも斬れる

楚の甲冑を斬ってみせたお師匠。

普通ならば剣で斬ることはかなわぬそうです。

キングダムは羌瘣が敵を切りまくっていたり、龐煖が矛で人を斬りまくっていたりと、わりと見慣れてしまっています(笑)

でも、本当はすごいことですよね。

師匠はこれを、ファル、と一回で斬ってしまいます。

騰のお師匠がファルっと斬る

(原秦久先生/集英社/キングダム55巻)

剣といえば羌瘣ですが、彼女は蚩尤の一族なので特殊です。

騰の螺旋も、羌瘣に匹敵する剣術といえるでしょう。
物語中でも上位を争う剣使いです。

羌瘣は史実で趙を滅ぼす!?

騰のファルファル伝説が始まった

初登場時に、モブキャラの敵に「馬上では槍という定石を知らんのか、馬鹿め!」と、馬鹿にされていた騰。

しかし、騰も師匠を受け継いで斬りまくります。

これは、師匠の螺旋を会得したからこそ、できる技なのでしょう。

騰将軍の強さは!?史実では死ぬ?!

螺旋の原理は?

刀を持ったときに、小指で柄の尾を少し回転させることで、刃先を回転させることができる。

たとえ目に見えないほどの小さな円でも、動いているものには力が宿っている、とお師匠。

これがファルファルの原理です。

極意、螺旋と呼ぶそうです。

力を宿らせることで、鉄の甲冑でもらくらく斬ることができるんですね。

舞う羌瘣、剣をランカイに点で突き刺した信、そして、螺旋。

刀にも、いろいろな使い方があるようです。

回転といえば、なんかジョジョ7部を思い出しますね。

羌瘣の巫舞とは!?どういう技!?




お師匠はどこへ行ったのか?

お師匠ですが、以後登場していません。

どこへ行ってしまったのか。

ひげが、いまの騰とそっくりです。

きっと騰は、お師匠を尊敬し、ひげを真似してはやしているのでしょう。

となると、最悪の場合、死んでしまった説が頭に浮かびますね。

一騎打ち多すぎ?!史実にはない?!

師匠は誰?騰(とう)の幼少期の謎

この師匠は誰なのでしょうか?

有名な武将?

そこから王騎に拾われていく流れも気になりますね。

騰は、史実には、韓を滅ぼすときに初登場。

その幼少期は謎につつまれています。

楚の甲冑を斬っていることから、師匠とのこの就業場所は、なのでしょうか?

楚で全武将が集結して絶頂戦!?

楚といえば、項翼(こうよく)も刀使い

楚といえば、項翼(こうよく)も刀使いです。

莫耶刀(ばくやとう)を所有しています。

本人いわく、この刀を使えば、当時の信よりも断然強かったらしい。

莫耶刀(ばくやとう)は「中国史”五大宝剣”」の一つであり、「その刃に斬れぬものはなく、斬られた傷は一生ふさがらぬ」と言われているようです。

項翼(こうよく)の楚つながりからも、「騰とお師匠は楚出身説」もありえますね。

楚は剣士が強い国、という設定なのかもしれません。

ちなみに、項翼(こうよく)と騰は、合従軍では長時間互角に戦っていました。

知り合いではなさそうですね。

楚の項翼の今後は!?騰並に強い!

韓だった場合最悪の展開に!

でも、自分の国の甲冑を、わざわざ「楚の甲冑」なんて呼んだりしないような…?

だから楚説は間違っている場合も考えられます。

最悪のパターンが、騰と師匠の出身が「韓」という説です。

なぜなら、騰は韓を滅ぼすからです。

史実では韓は騰将軍が滅ぼす?!

師匠と対決する胸熱展開を予想!

騰が韓を、史実では滅ぼします。

また、騰は韓でそのちょっと前に採用されるみたいです。ここはキングダムと史実が完全に異なるため、あまり参考にはできません。

しかし、韓出身という部分だけ、史実に沿っているかもしれませんね。

韓には毒使いのいいキャラしていた成恢(せいかい)がいましたが、合従軍戦で死亡。

よって、韓との戦いはいまいち盛り上がら無さそうです。

そこに、お師匠が登場したなら…。

かなり盛り上るのではないでしょうか。

騰将軍の強さは!?史実では死ぬ?!

※騰の人種は外国人

コミックナタリーさんの、原先生へのインタビュー記事で、騰について言及しています。

それによると、

外人の設定です。たぶんシルクロードから流れてきたんじゃないかな。よく見ると髭がギャグですけど(笑)、カッコいいですよね。(引用:https://natalie.mu/comic/pp/kingdom/page/4)

とのことです。

なんで中華にやってきたのか。

これから語られるかもしれませんね。

ただ、ひげがギャグと言っていることから、お師匠はただの後付設定だ、という説も考えられます(笑)

燕&李牧との戦いで連載終了!?

騰とお師匠と螺旋|まとめ

騰(とう)のファルファルは、螺旋というお師匠直伝の技です。

刀に力を伝えることで、斬れないものを斬れるようになります。

秦では蒙武とならび、トップ2の大将軍。

王騎将軍にも、ほんらい実力は引けを取らない、と言わせた実力の持ち主です。

今後お師匠は登場するのか?

今後の展開にも期待です。

【こんな記事も読まれています】

⇒【騰将軍の強さは!?史実では死ぬ?!
⇒【史実では韓は騰将軍が滅ぼす?!
⇒【史実のラスボスは項燕と昌平君!?
⇒【王翦は最後には裏切る?!
⇒【政(始皇帝)の史実は最凶の愚王?!




The following two tabs change content below.
夜噛み月

夜噛み月

伏線溢れるシリアスなマンガと、湧き上がるような熱血少年マンガを交互に読むのが好き。いずれにせよ心理戦が大好き。好きな漫画「デスノート」「進撃の巨人」「ジョジョ」「寄生獣」「手塚治虫」
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る