キングダムネタバレ672話の考察|六人目不在!桓騎将軍が平陽・武城の侵攻に向けて動き出す

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ672話の考察|六人目不在!桓騎将軍が平陽・武城の侵攻に向けて動き出す

新しい六大将軍が決まった秦国。

キングダム671話 政による六大将軍任命の儀

キングダム671話/原泰久先生/集英社
政による六大将軍任命の儀

第一将は文句なく蒙武

第二将が王騎から受け継がれた意志を持つ

そして三将が知略最強と言える王翦

四将に山の民で過去何度も秦国を救った楊端和

五将が野盗から上り詰めた桓騎

そして最後の一席についてキングダム672話にて確定しました。

キングダム672話の確定ネタバレ考察

ここから先は予想考察となりますので、確定については上記リンクから確定記事へご移動下さい。

桓騎は李牧に殺される




6人目の将は誰になのか

六大将軍の復活と言えども常に六人全員が配置されていなければならない訳ではありません。

次なる一席を求めて多くの武将が切磋琢磨することになるでしょう。

秦国全軍の力を増す意味での空席となります。

昌平君説が濃厚な様子です。

昌平君が六将最後の席に座る

最初に任命された六将。

一から五までは現状の大将軍を並べた予想通りと言えるものでした。

そして最後の一席で最も有力な説とされるのが昌平君です。

キングダム40巻 昌平君は幼少期蒙武より強かった

キングダム40巻/原泰久先生/集英社
昌平君は幼少期蒙武より強かった

昌平君は知略は李牧武力は蒙武と呼ばれる化け物です。

丞相でありながら軍曹司令部、そして六人目の将軍として君臨するとなれば昌平君の権威も相当なものとなります。

今後は以前の六大将軍が胡昜の策の元で動いていた様に昌平君と王翦を軸に軍略を練り込んで実践に進むものと言えます。

後々今回の六大将軍についても変更があるのは確実です。

先のリンクでもお伝えした通り、史実では桓騎が李牧に敗北することが決しています。

また現在大将軍を目指している李信と王賁と蒙恬については今後の史実を見てもほぼ確実に六大将軍入りを果たすと言える存在です。

さらにこの昌平君も楚戦において裏切りが確定しています。

昌平君は秦国を裏切る

このまま進むのであれば桓騎が抜け、昌平君が裏切り残る三席にこの三人が入り込むことになりそうです。

最終的な新六大将軍は誰

桓騎が動き出す年

鄴攻めが完了した年が紀元前236年。

魏と同盟を組んだのが翌年の紀元前235年で、六大将軍の復活が新年を迎えた紀元前234年。

この紀元前234年は趙に向けて桓騎が大きな侵攻を行った年となります。

史実では平陽と武城を攻めることになっています。

魏の国境付近に割いていた武力を前線に投下し、桓騎を総大将として新しい六大将軍初の侵攻が始まりそうです。

六大将軍は特権として「戦争の自由」が認められています。

キングダム10巻 六大将軍に与えられた特権「戦争の自由」

キングダム10巻/原泰久先生/集英社
六大将軍に与えられた特権「戦争の自由」

ここでも壁が言っている様に刻一刻と変化する情勢と戦況に対して独断での戦いを許されています。

今までは黙って前線で昌平君たちの言う戦略に付き合っていたと言える桓騎。

得た特権を元に趙への侵攻を開始するのではないでしょうか。

信は趙滅亡に絡まないのか

李信軍は桓騎軍に入るか

桓騎が次に攻める平陽と武城に関しては10万規模の軍勢となります。

よって今ある趙の前線の多くが大規模に移動する事になるとも言えそうです。

侵攻して攻め入る桓騎ですが、連れて行く武将が誰になるのか

やはり以前も桓騎軍に入り勝手が分かっていると言える李信軍ではないかと推測できます。

ただ信は桓騎のやり方についてよく思ってはいません。

キングダム44巻 桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

キングダム44巻/原泰久先生/集英社
桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

何も知らない村人を殺してアーチ状にして紀彗将軍に送る様な行為は断じて容認できないものでしょう。

それでも桓騎のやり方で実際の犠牲者は少なく済んだというのも事実。

大人になれという桓騎の言葉ではありますが、何が正しいのかを突きつけられることになる桓騎軍の戦い方です。

これに入り込むことになる可能性が極めて高いと言えそうです。

信と蒙恬は楚の項燕に大敗

その前に一戦あるか

年度としては桓騎が史実として平陽と武城を攻める年ではありますが、その前に一戦仕掛ける流れがあるかもしれません。

桓騎がなぜ侵攻して仕掛けるのかが分かる流れが必要になるでしょう。

その戦において李信軍が功績を上げて、そのまま桓騎軍と共に侵攻という流れがスムーズに思えます。

キングダム672話の展開予想ではありますが、六人目についてと、ここから次の趙攻略に向けた話が進行するでしょう。

詳細が出次第更新を行いますので今暫くお待ち下さい。

一番国を滅ぼすのは王賁だった



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
  1. アバター
    • amon
    • 2021年 2月 26日

    6人目は昌平君でしょ!

    • ヒソ神さん
      • ヒソ神さん
      • 2021年 2月 26日

      多くの方がその意見の様子ですね!コメントありがとうございます!

ピックアップ記事

2018.7.5

【東京喰種:re考察】最終回でイトリはウタが好きだった!?告白はするのか!?

(石田スイ先生 東京喰種 34話引用) 最終回にて イトリがウタの事を想っていた事が なななんと判明しています! そんなよう…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る