キングダム682話|確定ネタバレ|干斗が突撃!羌礼が狩場へ攻め入る。龍白公の息子は惨殺

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ングダム682話|最新ネタバレ確定|干斗が突撃!羌礼が狩場へ攻め入る。龍白公の息子は惨殺

キングダム682話のネタバレ考察です。

本編のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

断崖を頂上まで登り切っている歩兵。

最初に手をかけたのは松左の想いを引き継いだ存在である干斗です。

キングダム595話干斗が松左と崇原たちに謝り続ける様子

キングダム595話/原泰久先生
干斗が自分たちのせいでと謝り続ける

干斗は松左の槍を継承した人物で今後の飛信隊を担う人物といえる存在です。

それではキングダム最新戦況の考察をしていきます。

武将の強さランキング(TOP10)

干斗が最初の拠点を作る

とんでもない角度の断崖を登っていた歩兵たち。

特に新兵だった干斗たちの尋常じゃない腕の太さには度肝を抜かれた読者も多いでしょう。

キングダム681話 物凄い太い腕で断崖を登る飛信隊の歩兵団

キングダム681話/原泰久先生/集英社
物凄い太い腕で断崖を登る飛信隊の歩兵団

あり得ないレベルの腕の太さで剣を持たずに殴りつけるだけで敵兵を葬り去る事ができそうなほどです。

登りきった干斗はまず先陣とばかりに趙兵のもとに向かって駆けていきます。

趙兵は石を落としてから秦国兵が見えなくなったのでどこか安心していました。

まさかオーバーハングになっている場所から登ってくるなんて想像すらしなかったのでしょう。

普通に考えたら道具も命綱も無しでこんなところを歩兵団の多くが登るなんて考えられません。

現れた干斗たちによって一部に拠点が作られる事になりました。

設置されていた岩落としの罠を全て解除して崇原たちを含むベテラン勢が容易に登れる道を作り上げました。
(と言っても急斜面なので楽に登れるという意味ではありません)

干斗たち新兵の功績が大きなものとなっています。

先の腕の太い歩兵団新兵も同じく、こうやって飛信隊に新しい芽が出始めているのを感じさせる描写と言えるでしょう。

信は趙滅亡に絡まないのか

狩場を奪えば騎馬兵が登れる

趙兵も当然ながら登ってきた歩兵を無視する訳ではありません。

それなりの戦力は確保されていて最初こそ奇襲に成功しますが、徐々に守りが厚みを帯びてきているのが分かります。

このまま放置していればすぐに飛信隊は追い詰められてしまうでしょう。

干斗を中心に狩場となっている場所に向かい騎兵を登らせることに集中すべく動きます。

ここで中心となってくれるのが我らが羌瘣の妹分である羌礼です。

羌瘣は実在した武将

羌礼が進んで狩場を殲滅

羌礼といえば登場時から強さが羌瘣レベルの超武力を持った人物です。

キングダム664話 制御不能な爆弾となる羌礼

キングダム664話 /原泰久先生/集英社
制御不能な爆弾となる羌礼

なんだったら趙兵が可哀想に見えてくる剣術のレベル。

百程度なら1人で壊滅させられるであろうと推測できます。

干斗は1人で進むなと言いますが、羌礼にそんな言葉が通用するはずもありません

前話にもあったように羌礼に対しては干斗自身が言っていました。

余計なことすんじゃねぇ羌礼。
お前の出番はまだ後だ。
-干斗-
(キングダム681話)

自分の言った通りになったってことです。

山登りでは干斗を含め新兵が大活躍しましたが、羌礼はこの丘の上で大きな活躍を見せます。

当然この行動には崇原も納得の様子。

崇原は羌礼一人の前進に対して追随する様に全体に命じました。

これで狩場となっていた傾斜の穏やかな場所からは騎馬兵が登れるようになります

新兵の見事な活躍を見ることが出来ました。

楊端和の史実と引退

予備兵を送り出し飛信隊と全面対決

信を含める騎馬隊が崖の上に登ると岳白公の本陣でも動きがあります。

まさか飛信隊の歩兵にそこまでの力があるとは誰も思っていなかったのでしょう。

完全に想定外の事態が発生したと言えますが、兵力で言えば趙兵に大きなアドバンテージがあります。

予備兵を集めて飛信隊が他の狩場に対して攻撃を仕掛けるのを防ごうとします。

岳白公に慌てる様子はなく信を討ち取る気概を持っています。

見るからに冷静そうな出で立ちだった岳白公です。

近く信VS岳白公という一騎打ちも見られる可能性があるでしょう。

信は趙滅亡に絡まないのか

龍白公の息子が殺される

別の場所でも新展開です。

新展開というほどのものではありませんが、捕えられた龍白公の息子が殺されてしまいます

キングダム680話 龍白公の息子が雷土の一家に捕まる

キングダム680話/原泰久先生/集英社
龍白公の息子が雷土の一家に捕まる

何かに使うのかなという予想もありましたがあっさり死亡。

その亡骸を龍白公に見せつけるという桓騎軍にありがちな方法を取りました。

丸太に括り付けられて槍が体中に刺さっている亡骸を見た龍白公は悲しみます

息子のそんな姿を見たら当然といえる反応でしょう。

勿論、雷土一家が精神的なダメージだけを目的に亡骸を見せた訳ではありません

無残に殺された息子を見る龍白公の周りで待ち伏せをしていた雷土軍が登場です。

桓騎の策なの?」という疑問が湧き上がりますが、これは雷土側の独断ではないかと感じます。

これはオギコが言っていた「無茶しすぎ」に該当するのでしょうか。

オギコが思うに無茶しすぎるなってことだと思う。
-オギコ-
(キングダム680話)

ただオギコが思うにって付け加えられていて実際の作戦は読者に伝わっていません

この龍白公の息子を使って趙左翼の将軍である龍白公をおびき寄せ取り囲む戦略は「桓騎の策」の中で有利に働いてくる可能性もあるでしょう。

ここで雷土が龍白公を討つ様な事があれば戦局は大きく桓騎側に揺れると言えます。

また飛信隊も同じく丘を登り抵抗する趙ですが岳白公を討ってしまえば崩壊は確実。

一挙に扈輒の首が見えてくる状態になります。

桓騎は扈輒を討ち取り首10万を刎ねる

ただどれを取っても桓騎が元々考えていた策とは到底思えません

以上が682話までを想定したキングダム考察です。

史実で見ると桓騎の扈輒軍を討った後の趙兵の首刎ねは白起の生き埋めに相当する出来事になっていきます。

このあたりもキングダムではどうなるのか気になるところです。

キングダム683話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.7.10

【ワンピース考察】ウソップの嘘が実現!伏線13個一覧!死亡の可能性もある!?

(尾田栄一郎先生 ワンピース119話引用) ワンピースの作者である 尾田先生は伏線とその回収の仕方が 1番上手いと言われていますが…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る