キングダム677話|確定ネタバレ|玉鳳隊が壊滅状態で王賁の命危ない!開戦8日後に飛信隊動く!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム677話|確定ネタバレ|玉鳳隊が壊滅状態で王賁の命危ない!開戦8日後に飛信隊動く!

キングダム677話のネタバレ考察です。

遂に動き出す飛信隊となりますが、桓騎軍と扈輒軍が戦い始めてすでに8日が経過していました。

桓騎軍は連日苦戦の報告が入っていて危険な状況。

そんな中で呼ばれた起死回生の一手としての飛信隊なのでしょうか。

孤立無援だった玉鳳隊がいる左翼に向かった飛信隊。

そこで見たものは一体何だったのか。

それではキングダム677話を見ながら考察していきます。

王賁は史実で四国を滅ぼす

連日の桓騎軍苦戦の報せ

最初の描写から玉鳳隊と趙兵のもの

大苦戦の中で狙われる王賁に番陽が叫んでいるシーン。

無事だとは到底思えない戦況がセリフ無しで描かれています。

趙の王都である邯鄲では郭開の元に扈輒将軍の優勢が伝えられます。

同じく李牧のもとにも。

しかし李牧は何か違和感を抱いているのか微妙な表情です。

黒羊での桓騎の戦いを見ているからでしょう。

キングダム676話 六将になっても1人イカれた戦い方をする桓騎将軍

キングダム676話/原泰久先生/集英社
六将になっても1人イカれた戦い方をする桓騎将軍

雷土も言っていましたが、過去も含めてイカれた戦いを続けている桓騎が何もなく正面突破で無理な戦いをして敗れるはずもありません

飛信隊の本陣でも苦戦は知っていますが、伝令は何もなくまだ動きとしては出ていません

王翦将軍からは呼ぶつもりがなく桓騎側にいるように指令。

まだ中間地点から動いていない飛信隊ですが、開戦からすでに8日が経過していました。

信が趙滅亡に絡まない史実

蒙恬の進言は飛信隊を動かすこと

すでに負けが続いている桓騎軍に対して王翦の本陣。

正面突破であれば負けが確定しているものと田里弥は言っていました。

キングダム676話 あの場でまともにやって勝つことはないと言う田里弥

キングダム676話/原泰久先生/集英社
あの場でまともにやって勝つことはないと言う田里弥

実際にあらゆる戦争の歴史を見ても平地戦であれば「数の差」というのが非常に意味を持ってきます

24万と8万という3倍の差があれば「分断」を容易にさせて攻め抜くことが可能です。

孫子兵法で言えば2倍で分断、5倍で守っている相手にも攻め込めるとしています。

十なれば即ちこれを囲み、五なれば即ちこれを攻め、倍なれば即ちこれを分かち、敵すれば即ちよく闘い、少なければ即ちこれを逃れ、しかざれば即ちこれを避く。故に小敵の堅は大敵の檎なり。
-孫子兵法-

孫子兵法は紀元前500年頃の書物として知られています。

兵法に通じる者であればキングダムの時代でも当然読まれているものでしょう。

但し本来再編されて読みやすく注釈を付けたのが三国志の時代の「曹操」となります。

よって兵士の誰しもが慕って読んでいるという代物でもないかもしれません。

少なくとも現状の桓騎の状況は非常の厳しいものと言わざるを得ません。

攻撃三倍の法則という言い方もされますが、これもまた「守る側」であれば3分の1でも戦えるというものに過ぎません。

桓騎は攻撃に出ながら相手が3倍の兵力を有している状況。

現実に見れば勝ち目がないのは目に見えていました。

ここで蒙恬が王翦将軍に進言をしに来ました。

飛信隊を動かすことを進言します。
桓騎将軍の戦場の近くで一番力を持ったまま留まっているのが飛信隊です。
彼らを今すぐ桓騎軍の援軍に向かわせるべきかと。
-蒙恬-
(キングダム677話)

倉央は「蒙家の坊っちゃんが田里弥を差し置いて進言か、と田里弥が言っている」と半ば冗談風に言います。

しかし幕僚として呼ばれている蒙恬なので進言するのは立場的にも何の問題もありません。

キングダム48巻 王賁が蒙恬を幕僚に誘う

キングダム48巻/原泰久先生/集英社
王賁が蒙恬を幕僚に誘う

朱海平原での功績もあり、蒙恬は王翦軍の幕僚として今回の趙前線に入っています。

しかし王翦は飛信隊を中間地点に置く様に桓騎から伝令が来ていることを蒙恬に伝えました。

信と蒙恬は楚の項燕に大敗

飛信隊全軍の移動が始まる

ちょうどその時、飛信隊のもとに桓騎将軍からの伝令が届きます。

「久しぶり」という表現をする信だけに今の現状がどうなっているのか分かっていません

よくないとだけ言う伝令係。

そして飛信隊に全軍を率いての出陣が命じられます。

現在の李信軍(飛信隊)は羌瘣隊と合わせて1万5千の兵力を有するまでになっていました。

昌平君は秦国を裏切る

蒙恬の考えを聞く王翦

王翦将軍のもとにも飛信隊が動き出したことが伝わりました。

八万と二十四万の戦いだぞ。
今から一万五千が行って戦局が覆るとでも思っているのか。
-田里弥-
(キングダム677話)

田里弥はこう言いますが蒙恬は飛信隊の力は実際の数字よりも強く回復のきっかけは与えられると言います。

ここで王翦は蒙恬に尋ねます。

「お前は此度の桓騎は何を考えていると思う」

桓騎は綿密な戦略家というわけではなく感覚的に戦う男だが、実はあまり無意味なことはしない。
桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う。
-蒙恬-
(キングダム677話)

この言葉に田里弥は驚いていますが、王翦はそのまま真っ直ぐいつもの目で蒙恬を見ています。

実際に史実で扈輒は敗れ桓騎に首を討たれます

桓騎は扈輒に勝利するが李牧に負ける

王翦も同じ考えなのではないかと推察。

蒙恬の戦略眼が本物であることも改めて感じ取っている様に感じます。

王翦の強さは史実にあり

王賁は危険な状況にある

伝令係に玉鳳隊の様子を確認する蒙恬です。

左翼は最も苛烈であり厳しい状況、実際は壊滅状態と言えます。

これを聞いた蒙恬は王翦本陣側を振り返りました。

しかし倉央も田里弥、勿論ですが王翦もこのことは知っています

今厳しいからと言って王賁を呼び戻してしまったらそれこそ子供扱いだと倉央と田里弥。

そんなことは分かってる。
分かってるが王賁は咸陽で子供が産まれたばかりで、しかもまだその子の顔すら見てない。
-蒙恬-
(キングダム677話)

田里弥は「よくあること」と言い放ちました。

倉央と田里弥は何をそんなに怒ることがあるのかという雰囲気を見せますが蒙恬は叫びます。

「心配してやれって言ってるんだ、家族だろ」と叫びます。

特に表情を変えない王翦ではありますが、瞳の中には何かを感じているのかもしれません。

蒙恬は王翦本陣からの帰り愛閃に「何かあったのか」と訊かれます。

何も無いと言いながら信に託すしかない蒙恬。

「死ぬな王賁。そして可能なら王翦を救え信」

すでに壊滅状態となっている玉鳳隊のいる影丘に現れた飛信隊。

王賁は無事に生きているのでしょうか。

キングダム678話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2019.1.17

ブラッククローバー考察|アスタの両腕は治る!?魔女王が血液魔法で治療した!

(田畠裕基先生/集英社/ブラッククローバー) 海底神殿の回で起きた アスタの両腕の負傷。 回復魔道士オーヴェンに 治療を頼み…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る