キングダム考察|田里弥(でんりみ)は実在しない武将!肝臓を刺されて死亡の可能性

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム考察|田里弥(でんりみ)は実在しない武将!肝臓を刺されて死亡の可能性

六大将軍の一人である王翦大将軍には強い副将が控えています。

その一人であり、どちらかと言えば知将の類であろうと思われていた田里弥(でんりみ)。

実際には王翦軍における必殺の部隊であり、要所で相手武将を葬り去る役割を担っていました。

それが分かったのが二度目の趙北部を狙う番吾の戦いでのことです。

しかしながら、その必殺の部隊だった田里弥は司馬尚の強さに翻弄。

結果的に必殺の部隊としての役割を読者に見せることもなく解体に近い状況となりました。

強いはずだった田里弥。

史実には存在しない将軍の一人ですが、果たして最後まで生き残ることが出来るのでしょうか。

※追記※
キングダム793話にて田里弥の死亡が確定しました。

王翦は死亡しない!生没年不詳ながら中華統一までは生存

田里弥は史実に存在しない武将

キングダムはあくまでもオリジナルのストーリーで進んでいる人気マンガです。

重要キャラの中にも架空のものが多く含まれているのは知られているところ。

また性別や出自もある程度の変化をさせながら登場していることがあります。

羌瘣や楊端和などもそうでしょう。

媧燐もまた史実に名前のない人物ですが、キングダムにおいては楚の重要人物の一人に名を連ねています。

李牧と龐煖の関係については融合させたような部分も前半ではありました。

勿論、多くの大将軍級の人物は実在する有名武将が登場していますが、残念ながら副将クラスになると、ほとんどが史実名前を残すことはなくオリジナルです。

田里弥もその一人となります。

よって史実における生没年などは分からず、言い方を変えればいつ死んでもおかしくないキャラの一人とも言えるでしょう。

肝臓を刺されて死亡する可能性

田里弥は司馬尚と対峙した際に手傷を負いました。

それが右腹部の上側。

丁度肝臓のある場所です。

肝臓を刺されてしまうと、絶命する可能性が非常に高まるところ。

松左や尾到もまた刺された場所の悪さで死んでしまっています。

よって番吾の戦の途中で田里弥の死が確定することも十分に考えられるでしょう。

もちろん肝臓まで届いていないのだとすれば、生存の流れ。

但しキングダム783話で危機に直面している王翦本軍であり、またこの戦は秦国で多くの死者が出る戦でもあります。

逆に言えば生き残るのはごく一部となるという考え方も出来るのかもしれません。

王翦の強さは史実にあり

必殺の部隊の実力分からず

亜光の突進力や倉央の機転と糸凌という武力。

それぞれ王翦軍の強みは分かっています。

しかしながら田里弥の持つ必殺の部隊とやらは何も見せぬまま司馬尚の軍に破れた形になっています。

さすがに田里弥が可哀想と感じる読者も多くいる様子。

噛ませ犬感が強すぎたので、今後の展開で田里弥の生存とセットで「必殺の凄み」を見せる局面があるのではないかとも言われています。

実際に王翦は邯鄲滅亡の戦に強く関わる人物です。

そう考えるなら、この最終の戦にて田里弥、倉央、亜光のいずれかは生き残る可能性が高いと言えるでしょう。

最終局面で田里弥の回想を含め、必殺部隊の凄みを今一度見せることになるのか。

とはいえ現実には、その頃に改めて必殺の部隊として登場しても味がしなくなっているとも言えるところ。

やはり王翦を守るなどして、死ぬことになってしまうのか。

それとも、ここはもう噛ませ犬として別段の劇的なこともない田里弥の死となり、その後釜に王賁率いる玉鳳隊が入り込むことになるのか。

倉央との掛け合いの面白さもあったので、できれば解説役の担い手の一人としても生き残って欲しいところです。

【追記】田里弥は死亡した

田里弥の死亡は確定しました。

キングダム793話にて亜光が死んだ後で現れた田里弥。

そこではすでに瀕死でした。

倉央に対して攻撃以外のことも覚えろと言っただろと最後まで悪態。

この二人のやりとりがもう見られないのは悲しいところです。

残念ながら田里弥はやはりここまで傷がたたっての死亡。

但し最後まで王翦を守るべく動き続けた傑物。

王翦はこの青歌の戦で重要な腹心の二人を失うことになりました。

騰が韓を滅亡させる



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.2.2

【七つの大罪考察】蒼天の六連星(デスピアス、デルドレー、ワイーヨ、アーデン)が光の聖痕に加入!死者が出る可能性!?

(鈴木央先生 七つの大罪 252話引用) リュドシエルの 言葉と姿勢を受け、 蒼天の六連星は 光の聖痕に 加入しました。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る