Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鬼滅の刃ネタバレ204話【最新確定速報】炭治郎編が完結!205話で時代が現代!!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

鬼滅の刃204話のネタバレ考察となります。
(週刊少年ジャンプ2020年25号5/11発売より)

鬼舞辻無惨との戦いから3ヶ月が経って、戦いの全てに終止符が打たれました。

炭治郎は左手が動かず右目も見えていません。

柱での生き残りは義勇と不死川のみで、最後の柱合会議で鬼殺隊の解散が宣言されます。

カナヲは無事で伊黒の蛇を貰っている様子です。

炭治郎編としては完全に終結となりますが、終わりではありません。

次なる展開は現代へと移ります。

おそらく生存可能な愈史郎(ゆしろう)が大きく展開に登場するのは確実でしょう。

それでは鬼滅の刃204話の炭治郎編最終回を見ていきます。

鬼滅を超えた発行部数の漫画はある?




冒頭のナレーション

冒頭のナレーションでは、悪い鬼がいなくなった世界と称されています。

これについても205話で描かれる現代編に何かしらの意味が含まれているのではと思えます。

念の為、鬼滅の刃204話で書かれているナレーションを紹介します。

悪い鬼がいない世界になった。
だけど引き換えにあまりにもたくさんのものを失った。
それでも俺たちは生きていかなければならない。
この体に明日が来るまで。
-鬼滅の刃204話の冒頭ナレーション-

「悪い鬼」がいなくなった世界。

良い鬼という意味で鬼舞辻無惨と絡んでいない鬼は愈史郎(ゆしろう)ただ一人となります。

これが鬼滅の刃205話以降の現代編で絡むのは必至と言えます。

この炭治郎編の最終回である204話でも愈史郎(ゆしろう)と炭治郎の意味深な会話がされます。

炭治郎の動かない左手と見えない右目

時が3ヶ月経っています。

炭治郎と禰豆子が病床にて話をしています。

どうやら炭治郎の右手は老人の様になっていて感覚もなくなっています。

また右目についても形状変化はありませんが、見えない様子です。

愈史郎(ゆしろう)と炭治郎の意味深な会話

同じ病床ではありますが、禰豆子と話しているよりも少し前の時間になります。

炭治郎が鬼の王として君臨しなかった理由は、珠世の薬と禰豆子にあると言う愈史郎(ゆしろう)です。

噛んだのが禰豆子で無ければ、鬼になっていたでしょう。

すでに禰豆子には鬼舞辻無惨の血液に対する免疫が出来ていたそうです。

また愈史郎(ゆしろう)は炭治郎の鬼としての素質についても話します。

そしてお前の鬼としての素質。
ずば抜けてるよ。
一瞬で太陽を克服してるし、無残より禰豆子よりお前には鬼の素質があったんだ。
-愈史郎(ゆしろう)-
(鬼滅の刃204話より)

この炭治郎の鬼としての素質。

そして、鬼舞辻無惨が最後に言い放った「鬼の王」という言葉はやはり今後も何かしらの意味を持つのでしょう。

鬼滅の刃201話 鬼舞辻無惨が炭治郎を鬼の王とする

鬼滅の刃201話/吾峠呼世晴先生/集英社
鬼舞辻無惨が炭治郎を鬼の王とする

この表現は一時の意味だったのか、気になって仕方ありません。

言ってみれば最強の鬼がここで誕生した訳です。

何かしらの影響を現代編として描かれる205話以降で発生させているに違いありません。

さらに炭治郎と愈史郎(ゆしろう)の会話の終わりです。

炭治郎が愈史郎(ゆしろう)に言います。

愈史郎さん、死なないで下さいね。
珠世さんの事をずっと覚えていられるのは愈史郎さんだけです。
-炭治郎-
(鬼滅の刃204話より)

これを聞いて、そのままいなくなった愈史郎(ゆしろう)だったと言います。

現代編での敵か味方か。

愈史郎(ゆしろう)からは目が離せません。




最後の柱合会議

柱で生き残ったのは、義勇と実弥だけになります。

産屋敷の当主である輝利哉と二人の妹は頭を下げて感謝を伝えています。

顔を上げて下さいという二人です。

先祖の皆様も誇りに思っているでしょう、と義勇が言い、幼き輝利哉は涙を流しています。

これだけ幼い中で貫いた正義の行動に辛さが無かったはずもありません。

押しかける病室

炭治郎の病室には色々な人が訪れます。

煉獄杏寿郎の父親も現れて息子の鍔を付けて戦ってくれたことへの感謝を伝えます。

カナヲと炭治郎

また時間が変わってカナヲが外の桜を見ています。

名前が必勝という桜とのことで、初代の花の呼吸の剣士が植えたのだと言うカナヲです。

カナヲは伊黒の鏑丸を貰っていました。

実弥と禰豆子

禰豆子が実弥と廊下で出くわします。

禰豆子の言葉に対して、玄弥を思い出したのか頭をなでます。

それを見ていた善逸が怒っている様子も描かれています。

墓参りをして家に戻る

そこから炭治郎と伊之助と善逸と禰豆子で墓参りをしています。

そして家に戻っていき平和な風景が少し描かれました。

時代は現代へ

鬼滅の刃204話の最終描写となります。

それが時代が現代に写ったところでした。

煽り文を伝えておきます。

そして時は流れ、時代は現代!

ここまで時間が経っているとなれば、生き残っているのはただ一人です。

最初に伝えた愈史郎(ゆしろう)でしょう。

悪い鬼はいなくなりましたが、愈史郎(ゆしろう)は鬼として生存し続けています。

これがどういう形で現代編として展開していくのでしょうか。

鬼滅の刃205話 最終回の未来編!

【こんな記事も読まれています】

⇒【鬼滅の刃は【新章無し】で最終回!
⇒【柱最強は悲鳴嶼(ひめじま)で決まり?
⇒【神回!煉獄の死に感動のラスト!
⇒【鬼滅の刃は終われないの?
⇒【鬼滅の刃の発行部数は歴代何位?
⇒【竈門家を襲った理由は父親!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る