Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラッククローバーネタバレ213話(展開予想)|ヴァンジャンスの復活回!?セクレが封緘魔法で蘇らせた!!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(田畠裕基先生/集英社/ブラッククローバー)

212話では悪魔が死亡し、
アスタたちが影の王宮から
脱出しようとする展開で終わりました。

次回は脱出に成功し、
今後のエルフと人間との生活にして
話し合うのではないかと考えています。

その際に心配なのが
転生魔法が完成されてしまった人間たちの
魂がどうなるかです。

特に212話ではパトリがヴァンジャンスのこと
を気にしているシーンが描かれていました。

213話ではヴァンジャンスが復活する
可能性もありそうです!

当記事では213話の展開を予想しながら、
次回の考察をしていきたいと思います。

211話|悪魔の心臓を同時斬り!
リヒト闇落ちはテティアが原因!?




影の王宮からの脱出

213話は力が残っているメンバーが、
脱出に奮闘するのではと考えています。

アスタたちが悪魔を倒し、
他のメンバーが王宮の扉を開く。

見た目的にかなり重たそうな扉なので、
アネゴレオンが力ずくで扉を
破壊したりしそうです。笑

またはチャーミーがお腹が空きすぎて、
暴走したときに運良く扉も壊れるとか。笑

そもそもこの扉、
壊さなくてもきちん開くのでしょうか??

どこかに鍵が隠されていて、
それを探しに行く展開もありそうですね。

次回であっさりと脱出するのか、
脱出編ということで話が続いていくのか。

今後の展開も気になりますね!

ユノの転生魔法は失敗した!?
アスタとユノは双子兄弟!?

転生魔法の解除は可能か?

パトリが転生魔法を発動させたことで、
転生魔法が完了してしまっている
仲間が何人かいます。

このまま放っておいては
人間の魂が永遠の眠りに入ったままになります。

人間とエルフのいがみ合いは、
悪魔を倒したことでなくなりました。

しかし肉体が一つしかなければ、
それぞれの魂は自由に生きることができません。

エルフと人間は共存できるのでしょうか?

転生魔法を解除してエルフを消す展開も
なんだか悲しいですね。

一番良いのは肉体をもう一体用意することですが、
現実的にそれはあり得るのかが疑問です。

もしかするとパトリとヴァンジャンスのように、
エルフと人間の魂が肉体を分け合いながら
過ごしていく流れにもなるかもしれませんね。

ヤミと仲間の過去まとめ!
マナスキンとマナゾーンとは!?




ヴァンジャンスとパトリ

パトリは転生魔法を発動する前、
ヴァンジャンスと一緒に肉体を交互に
使いあっていました。

子供の頃から親友にように肉体を仲良く
使い合っていたパトリとヴァンジャンス。

パトリはリヒトのために、
親友を失ってまで人間滅亡を計画していました。

リヒトが人間を
恨んでいなかったことを知った今、

パトリはヴァンジャンスの魂を
取り戻そうとするのではないでしょうか?

眠ってしまったヴァンジャンスの魂を
解放できるのはセクレのみ。

次回はセクレの封緘魔法で
ヴァンジャンスが蘇るかもしれません!

金色の夜明け団長のヴァンジャンス。

みんなと感動の再会を果たせるのか、
今後の動向が楽しみです!!

それでは213話も楽しみに待ちましょう!

魔神は死んでいなかった!?
悪魔の目的と言霊魔法について!

【こんな記事も読まれています】

⇒【ネロが可愛い!セクレの正体は!?
⇒【アスタの両腕は治る!?
⇒【チャーミーの強さ大公開!
⇒【ノエルの母や水魔法まとめ!
⇒【ヘンリーの過去や魔法まとめ!
⇒【セフィラの徒の正体は!?
⇒【ユノのペンダントの秘密とは!
⇒【エルフ滅亡の犯人はパトリ?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.8.31

【東京喰種:re考察】CCGはクインケ要らず!?丸手と最強の新製品“Rc裂甲弾”!喰種の時代が終わる!?

(石田スイ先生 東京喰種 7巻引用) 138話で 飛び出した 新しい銃器! 喰種などといった カネキ達の成長も 描かれて…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る