Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラッククローバーネタバレ212話(確定速報)|悪魔死亡が確定!!アスタらは王宮脱出を図る!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(田畠裕基先生/集英社/ブラッククローバー)

悪魔の死亡がついに確定しました!!
(ブラッククローバー/212話)

最後の最後はアスタが
とどめを刺した形で終わりましたね!

悪魔編かなり長かったですが、
ようやく終わりそうですね…。

次はどんな展開になるんでしょうか?

消えてゆく悪魔の目の前に現れた
黒い存在もめちゃくちゃ気になります。

新ボスでしょうか??

一方アスタたちは悪魔を殺したことで、
全員で影の王宮を脱出しようと急いでいます。

次々と王宮にいた仲間たちが
再会していきました。

ノエルやチャーミーなど
久しぶりのメンバーがたくさん登場して、
212話の後半は騒がしかったですね。

次回は脱出編になりそうですね!

それでは212話の見どころを紹介します!

211話|悪魔の心臓を同時斬り!
リヒト闇落ちはテティアが原因!?




悪魔死亡!ボスキャラ登場?

心臓を刺されたことで消えてゆく悪魔。

その直前に別の悪魔に
似た存在が現れました。

その存在は消えてゆく悪魔の
ことを先輩と呼んでいました。

姿形は悪魔そっくりだったので、
新たな悪魔のような気もします。

悪魔がよく言っていた″あの世の世界″から
召喚された第2のボスかもしれません。

予想が正しければ、
いくら悪魔を倒してもキリがありませんね…。

悪魔が消えると同時に
その黒いヤツもいなくなったので、

人間世界のどこかで、
姿を潜ませている可能性があります。

アスタ達の世界に平和が
訪れるのはまだ先かもしれません。

ユノの転生魔法は失敗した!?
アスタとユノは双子兄弟!?

仲間との再会

悪魔が消えても、
悪魔の魔法は王宮に残っている状態。

その魔法が空間を侵食し、
影の王宮が崩れかかってきています。

王宮から脱出を急ぐアスタ達。

王宮にいた仲間たちも、
出口は最上階にあることに気づき、
それぞれが出口を目指していきます。

チャーミーやノエルとミモザ、
またサードアイのメンバーだった
ヴェッドなども集まってきました。

さらに元紫苑の鯱団長や、
アスタが最初に戦ったキャラ・レブチも登場。

悪魔とのこ戦いに夢中すぎて、
他のメンバーがいることを
すっかり忘れていました。笑

ルミエルも人間とエルフたちの姿を見て
大興奮していましたね!!

一方パトリはヴァンジャンスのことを思い出し、
やることがまだ残っていると言います。

大事な友であったヴァンジャンス、
彼の魂を戻すことを考えているのでしょうか?

次回の展開が楽しみです。

ヤミと仲間の過去まとめ!
マナスキンとマナゾーンとは!?




影の王宮脱出なるか?

影の王宮からの脱出を模索するアスタたち。

最上階の扉の前まで来たものの、
そう簡単に開かなさそうな扉でした。

今いるメンバーの魔法でなんとか
扉を開けることができでしょうか??

パワーが尽きているメンバーが多いですが、
回復魔法が使えるメンバーもいるので
回復した上で協力することも出来るでしょう。

魔力量の高いルミエルは、
悪魔からの魔法を防御するために
魔力をほぼ使い切ってしまいました。

それによって顔半分は固まってしまい、
脱出のために協力することは難しいでしょう。

ここは悪魔と直接戦っていない
ノエルやチャーミー、リルなどが
中心となって頑張ってくれるかもしれません!

悪魔の魔法はどんどん侵食しているため、
ゆっくりしていられません。

王宮の外では、
みんなの帰りを待っている仲間たちもいます。

どのように脱出するのか楽しみですね!

それでは次回213話も面白い展開を
期待しています!!

魔神は死んでいなかった!?
悪魔の目的と言霊魔法について!

【こんな記事も読まれています】

⇒【ネロが可愛い!セクレの正体は!?
⇒【アスタの両腕は治る!?
⇒【チャーミーの強さ大公開!
⇒【ノエルの母や水魔法まとめ!
⇒【ヘンリーの過去や魔法まとめ!
⇒【セフィラの徒の正体は!?
⇒【ユノのペンダントの秘密とは!
⇒【エルフ滅亡の犯人はパトリ?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る