【キングダム考察】信と王賁の強さ♦尭雲の直下兵団雷雲をもろともしない♦羌瘣援護で爆進する♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

信と王賁が
朱海平原の右の戦場で
肩を並べて戦った。

相手は、
藺相如の武力そのもの
と評される尭雲の
直下兵団「雷雲」

圧倒的な強さを
秘めているだろう
その実力を前に
王賁と信は
どんな強さを見せているのか。

⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?





大きすぎる背中

信と王賁が
亜光軍の楔となっている
尭雲の直下兵団に
突撃していく。

その背中の
勇ましさは
そのあたりの武将を
軽く凌駕するものと
言ってもいいだろう。

圧倒的な強さで
雷雲を撃破する二人。

一人でもその実力は
中華全体でも
上位に位置するはず。

それを、
二人がかりとなれば
通常の兵士では
太刀打ちできないと
言って間違いない。

尭雲も、
二人を六将と同様の
嫌な臭いに感じていた。

⇒【尭雲の勘!六大将軍の臭いが!?

武将ではじめて止められる

この二人を
止められるとすれば、
余程腕の立つ武将
ということになる。

尭雲も、
十槍を連れて
これを討ち取ろうと
動き出した。

そう考えると、
その自信を持っていた
尭雲本人の武力は
廉頗四天王の介子坊の
遥か上をいくということも
考えられる。

⇒【趙峩龍と尭雲は完全に格違い!?

しかし、
その前に飛信隊の
本隊の到着で
尭雲の動きは止められる。

この戦で
趙側の武将がどれだけ
討ち死にするのか。

⇒【王翦も李牧も中央の弱体化狙い!?





羌瘣の援護

二人の猛撃に
周囲を羌瘣が
援護として切り刻む。

一対一での実力を見ると
おそらく中華でも
羌瘣に勝利できる者は
ほぼいないだろう。

特に、
羌瘣が技を使えば
それを止められるのは
武神龐煖だけに思える。

⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?

ただ、
剣を使うので
一発一発の
破壊力などを
考えると突破力はすでに
信の方が上だろう。

⇒【矛と剣と槍はどれが強い!?

それでも、
羌瘣が周辺援護を
しているという事実は
この状況において
最高の結果を
導くに違いない。

信と王賁は誰を討つのか

朱海平原の右の戦場において
信と王賁と羌瘣と亜光の
四人の将で勝ち上がる必要がある。

それぞれが
一人ずつ討てれば
当然この戦は勝利となる。

尭雲を討てれば、
それだけでも右の戦場は
大きく傾くだろう。

特に、
軍の機能が低下した
馬南慈よりも、
尭雲と趙峩龍。

これは、
趙左翼の攻撃の主軸と
言っても差し支えない。

李牧の誤算があるとすれば、
飛信隊と玉鳳隊を率いる
信と王賁の強さを正確に
読み切れていないことに
あるのかもしれない。

⇒【李牧の読み違い!?討つべき将軍
⇒【蒙恬=王翦の知略!?羌瘣天才!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【李牧と王翦はどちらが強い!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?
⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.12

【ハンターハンター考察】暗黒大陸の情報!5大厄災の紹介と希望の位置まとめ

(ハンターハンター 暗黒大陸内部の様子 344話引用) もうすぐで、 連載が始まる ハンターハンター。 一番楽しみにしている…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.2.9

【進撃の巨人考察】ライナーとファルコは死んでいない!?鎧の巨人継承はある!?ガビを守る!?

(諌山創先生 進撃の巨人 100話引用) パラディ勢力と マーレ勢力が 闘おうという今。 ファルコとライナーが 全く描かれ…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る