七つの大罪ネタバレ346話最終回確定|続編は「黙示録の四騎士」

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

続編は「黙示録の四騎士」

七つの大罪346話最終回「あの空のように」では、
子供に成長したトリスタンが、
メリオダスのこれまでの戦いを知り、
次世代の「七つの大罪」を志してフィナーレを迎えます。
(週刊少年マガジン2020年17号掲載)

感動的な最終回とともに、
七つの大罪の続編の制作も発表!
タイトルは「黙示録の四騎士(仮)」とのこと!

続編は少しのお休みを挟んで、連載が開始されるようですよ!
一体、どのようなストーリーになるのでしょうか?




七つの大罪346話最終回 次世代の七つの大罪へ

七つの大罪の最終回では、聖戦の終結から数年が経ち、
成長し子供になったトリスタンが描かれました。

トリスタンは、父メリオダスから
過去のいきさつを一切聞いていないようで、
七つの大罪はリオネスの大悪人であると信じています。

しかし、ゴウセルに過去の記憶を見せてもらい、
トリスタンは自分の父の偉大さを知ります。

過去を知ったトリスタンの
夢は「七つの大罪」になること。
次の世代にメリオダスの意思が受け継がれたところで、
物語はフィナーレを迎えるのでした。

これにて七つの大罪は終了!
感動のフィナーレです!さみしいけど大団円!

七つの大罪は前日譚?

七つの大罪346話最終回 続編「黙示録の四騎士」とは?

しかし、ご安心!
終了と同時に、次回作の制作も決定しているようです!!

七つの大罪の次回作のタイトルは「黙示録の四騎士」。

すでに鈴木央先生の中ではアイデアが出来ているようで、
週刊マガジン2020年17号の紙面では、
先生のラフ描きが披露され、物語の片鱗が伺えます。

どうやら、七つの大罪のキャラクターも再登場するようで、
メリオダスの息子トリスタンは確定で登場っぽいです。

大天使マエルが恩寵「太陽」と、
過去の持ち主(エスカノール)に言及している
シーンも描かれており、
七つの大罪とも深い繫がりがありそうです。

タイトルの「黙示録の四騎士」とは
キリスト教の予言書「ヨハネ黙示録」に登場する人物で、
それぞれ飢饉や疫病など、大きな災いをもたらすとされる存在です。
(厄災には諸説あるようですが)

「七つの大罪」が七人のキャラがそれぞれ罪を背負っていたように、
「黙示録の四騎士」でも四人のキャラが
それぞれの厄災を背負っている、というストーリーかもしれませんね!

なんにせよ楽しみです!

大天使マエルの強さは?




七つの大罪続編「黙示録の四騎士」の主役はトリスタン?

「黙示録の四騎士」の主人公は誰になるのでしょうか?

やはり続編というだけあって、
主人公はメリオダスとエリザベスの息子、
トリスタンが主人公になるのではないでしょうか。

さらに四騎士というからには、トリスタン以外に
あと3人のキャラが主要人物になりそうです。

となると、
七つの大罪最終回には登場しませんでしたが、
他にもバンとエレインの子供ランスロット。
こいつは絶対登場しそうです。

さらに名前は出ていませんが、
ディアンとキングの子供も存在が確定しており、
四騎士入りしそうです。

あと一人は、うーん、アーサーでしょうか?
ちょっと世代がズレるので、違うかな?
4人目は全くの新キャラかもしれません。

七つの大罪メンバーの子供たちが集まり、
次世代の戦士として、
新たなる脅威に向かって立ち向かうストーリーに
なるのではないでしょうか!!

続編「黙示録の四騎士」に超絶期待!!
連載は、しばらくのお休みを挟んでのスタートとのこと!

まずは、七つの大罪の連載を駆け抜けた
鈴木央先生にしっかり休んでいただきましょう!

鈴木先生、連載おつかれさまでした!
素晴らしい作品をありがとうございました!

【こんな記事も読まれています】

⇒【七つの大罪は前日譚?
⇒【魔神王より強い最高神
⇒【マーリン死亡する?
⇒【ホークママは混沌の母?
⇒【強さランキング聖戦編
⇒【リオネスの外へ旅立つ?




The following two tabs change content below.

ある民

ちょっとダークな雰囲気のマンガが好きな永遠の厨二病。H×Hや進撃の巨人、ベルセルクなど設定が作り込まれたものや、カイジやウシジマくんなど心理描写が上手いマンガが好き!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る