Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

七つの大罪考察|連載は継続!聖戦は三部作の二部目?次はブリタニアの外へ?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
七つの大罪考察|連載は継続!聖戦は三部作の二部目?次はブリタニアの外へ?

大ボス魔神王を倒し、自分とエリザベスにかけられた
3000年の呪いを解いたメリオダス。

このまま連載終了!?というウワサもありますが、
この記事では、いやいや連載は続くでしょ!っていう
理由を上げていきます。

第一の理由は過去に
作者の鈴木央先生が「七つの大罪は三部作である」
と言っていることなんですが、
他にも様々な角度から連載の継続を考察していきます。

強さランキング聖戦編




七つの大罪は三部作構想!聖戦は二部目?

過去のインタビューで七つの大罪作者の鈴木央先生が
インタビューで「七つの大罪は三部作である」と発言しています。

現在のストーリーのどこまでを
第一部、第二部とするかですが、
第一部は七つの大罪と聖騎士との戦いを描いたところまで、
第二部は十戒の登場から、聖戦の終了まででしょう。

最新の七つの大罪307話、308話のタイトルは
「エピローグ」といかにも
連載終了しそうなタイトルですが、
これは第二部のエピローグということでしょう。

つまり最後の第三部はこれから始まるのです!

鈴木央先生インタビュー

「七つの大罪~光と闇の交戦~」も大人気!

七つの大罪考察|連載は継続!聖戦は三部作の二部目?次はブリタニアの外へ?

(鈴木央先生/講談社 七つの大罪 引用)エリザベスとの関係はどうなる?

人気がある作品はなかなか終わらないという
ことからも連載の継続を裏付けることができます。

七つの大罪は現在、漫画だけに止まらず、
アニメやゲームにも幅広く展開されています。

特にこの春リリース予定のスマホゲーム
「七つの大罪光と闇の交戦~」は発売前ながら大人気で、
事前登録者数が200万を超えています。

配信前のゲームで事前登録者数は凄まじく、
まさに大人気作品と言えます。

ゲーム配信直前に
原作を連載終了して水を差すようなことは
しないんじゃないでしょうか。

エリザベスが最高神に




300話で人気投票したばかり!

そしてつい最近、週間少年マガジン11号上で
キャラクターの人気投票をやったばかりでもあります。

普通、終わろうとしている漫画の
人気投票はやりません。

結果もまだ発表されていないので、
発表もなく連載が終わるのはありえないでしょう。

以上のことから
あと数話で連載が終わることはありえないと言えます。

強さランキング聖戦編
アーサー復活はある?

三部目はブリタニアを出る?

じゃあ三部目があるとして、
それは一体どんな展開になるのか?

七つの大罪307話時点の情報では、
メリオダスは自身の呪いを解いた代償として、
現世に長くいられないとのこと。

ならば、故郷である魔神族の世界に帰る?
と考えるのが妥当ですが、他にも可能性があります。

これまで七つの大罪は「ブリタニア」という
島の中でストーリーが描かれましたが、
すでにブリタニアは大概の場所にいきましたし、
ほとんど敵もいないでしょう。

なので、今度はブリタニアの外へ
メリオダスを現世にとどめる方法を探すため、
旅にでるというのはどうでしょうか。

マーリンの魔術を駆使すれば
一時的にメリオダスの寿命を伸ばすことも可能でしょう。

メリオダス一行がブリタニアを離れ、未知の大地に踏み出す!
なーんてワクワクしません?

メリオダスは魔界へ?
メリオダスの寿命があと1日?

【こんな記事も読まれています】

⇒【エスカノールの寿命は?
⇒【ホークママは混沌の母?
⇒【強さランキング聖戦編
⇒【エリザベスが最高神に
⇒【覚醒キングの強さは?
⇒【マーリンの強さと闘級は?
⇒【大天使マエルが強い!
⇒【ゴウセルの最後は?




The following two tabs change content below.
ある民

ある民

ちょっとダークな雰囲気のマンガが好きな永遠の厨二病。H×Hや進撃の巨人、ベルセルクなど設定が作り込まれたものや、カイジやウシジマくんなど心理描写が上手いマンガが好き!
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る