Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラッククローバーネタバレ204話|テティアの死亡が確定!リヒトは禁術魔法で魔神に変身した!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ブラッククローバーネタバレ204話|テティアの死亡が確定!リヒトは禁術魔法で魔神に変身した!?

(田畠裕基先生/集英社/ブラッククローバー)

前話でネロの正体が可愛い女の子と判明しました。
(ブラッククローバー/203話)

204話はネロの回想シーンから始まり、
500年前の王宮の話となります。

ネロと初代魔法帝の出会いから
初代魔法帝とリヒトやテティアの関係まで
全てが明らかになりました!

以下で判明した点を整理していきたいと思います!

前203話|ネロの正体が判明!
リヒト闇落ちはテティア死亡が原因




ネロ(セクレ)の過去回想

初代魔法帝と悪魔の所へと向かうネロ。

同じことは二度繰り返すまいと
心の中で誓います。

その後ネロの回想シーンへと突入。

舞台は500年前の王宮でした。

初代魔法帝と思われる王子に“セクレ”と
声をかけられるネロ。

どうやらネロの本当の名はセクレのようですね!

ちなみネロという名は、
セクレがアンチドリに変身していた時に
アスタらが名付けた名前です。

アンチドリのネロの正体は?

以下でネロ(セクレ)と王子の出会いを紹介します!

ネロ(セクレ)は王子の奉公人だった

セクレと王子の出会いは、
セクレが奉公人として王子の元に
遣わされたことがきっかけでした。

セクレの魔法は封印魔法。

“物を開け閉めするだけ”の魔法は
役に立たないと周囲はセクレを評価していました。

しかし王子はセクレを封印魔法に
興味を持ってくれました。

魔力に恵まれない人に平等に
魔法が行き渡ることを目標にしていた王子。

その後セクレと王子は、
魔道具の発明に奮闘していきます。

まさかアンチドリのネロが
王子の奉公人だったとはびっくりでした!

以前魔女王がネロに対して
なにか知ってる素振りを見せたのは、
ネロの正体をセクレだと知っていたからでしょうか?

この辺りの伏線もどこかで
回収されたら嬉しいですね!

ユノの転生魔法は失敗した!?
アスタとユノは双子兄弟!?




初代魔法帝(王子)は悪魔に騙される

王子は妹のテティアと一緒に
異種族であるエルフ族と交流していました。

王子とエルフ族リヒトは親友であり、
また家族にもなるはずでした。

テティアとリヒトの婚礼の日に、
王子は父上に王宮に呼び出されました。

結婚式に遅れることをテティアに伝える王子。

王子は王宮に足を運びますが、
父上はどこにもいませんでした。

そこで「いましめなさい」と声がかかり、
突然黒い物に拘束されました。

邪悪な魔力から、
王子はこの正体は悪魔だと察知します。

王子の父上は、
エルフを滅ぼしに向かっていると話す悪魔。

王子達は悪魔の手のひらで知らず知らずに
転がされていました。

そのまま悪魔は消え去り、
拘束されたまま王宮に取り残された王子。

しかしセクレが現れたことで、
封印魔法「逆時」で王子は解放され、
リヒトとテティアの元へ向かうことができました。

肉体とグリモワールを欲しがる悪魔ですが、
なくても十分邪悪で悍ましい魔力を持っていますね。

そして役にたたないと言われていたセクレの封印魔法、
かなり重要な魔法ですし、大活躍してましたね!(笑)

悪魔の目的と言霊魔法について!
アスタの両腕は治る!?

リヒトの最後の手段

リヒトの元に向かった王子とセクレ。

着いた時には恐ろしい光景が広がっていました。

ぐったりとしたテティアを抱きかかえるリヒト。

「やはり…君ではなかったんだな……」

暗い顔のリヒトがそうつぶやきます。

この時リヒトの魔導書はすでに
4つ葉から5つ葉に変わっていました。

自由が利かない状態のリヒト。

悪魔に肉体を渡すまいと、
リヒトは最後の手段を取ります。

魔石の最大禁術魔法で、
魔神へと変身?するリヒト。

そこで王子(ルミエル)に自分を殺してくれと頼み、
204話は終了しました。

魔神は死んでいなかった!?

204話感想と205話注目ポイント

500年前の悲しい出来事が、
クローズアップされた回でしたね。

果たしてリヒトは本当に魔神に変身したのか?

魔神に変わってしまえば、
王子は国を守るためにリヒトを殺さざる負えない。

したがって、
おそらくリヒトは禁術魔法を使って、
自ら魔神に変身したのだと思われます。

親友であり、
共に平等で平和な社会を望んでいたリヒトと王子。

なんとも悲しい運命ですね…。

明るい未来を壊した悪魔を許せません!

次回もセクレ過去回想の続きとなるでしょうか?

リヒトが魔法を使って何を生み出し、
王子がどんな行動を取ったのか気になりますね。

またその後セクレによって銅像に封印されたと思いますが、
そこに至る経緯も明らかになって欲しいです!

次回205話も待ちきれません!!

ユノのペンダントの秘密とは!
エルフ滅亡の犯人はパトリ?

【こんな記事も読まれています】

⇒【チャーミーの強さ大公開!
⇒【ノエルの母や水魔法まとめ!
⇒【ヘンリーの過去や魔法まとめ!
⇒【セフィラの徒の正体は!?
⇒【四大精霊が宿る条件は?
⇒【ヤミと仲間の過去まとめ!
⇒【金色の夜明団エルフ化確定!
⇒【不実のライアは何者か!?
⇒【アスタはモテる!?恋愛まとめ!
⇒【ブラックアスタの覚醒紹介!



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.3.23

【七つの大罪考察】魔神族が妖精王の森を襲った理由とは!?封印されたのではなかったのか!?

(七つの大罪 4巻 バンとエレイン 引用) 妖精王の森には、 「生命の泉」というお宝があります。 その杯から溢れ出る水を飲めば…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る