キングダムネタバレ677話の考察|勝ち目の無い桓騎軍。雷土に死亡フラグか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムの確定情報更新です。

677話の確定ネタバレ考察については下記から読めます。

キングダム677話のネタバレ考察

大苦戦の桓騎軍。

戦はすでに開戦から8日。

連日の苦戦報告が各地に成されている状況。

蒙恬は飛信隊を動かすことを王翦に進言しています。

飛信隊が遂に動いた先は玉鳳隊のいる影丘。

しかしそこで見たものは。

※これより下は予想考察となりますのでネタバレは上記リンクより移動下さい。




24万という規模で守護神と呼ばれる趙の軍総司令の扈輒とぶつかる桓騎軍8万。

どう贔屓目に見ても無謀に思える戦

摩論は「正気の沙汰でない」と言い切っていましたが、これは王翦軍の田里弥も同じ考えです。

キングダム676話 桓騎軍があの場で勝つことはないと田里弥の予想

キングダム676話/原泰久先生/集英社
桓騎軍があの場で勝つことはないと田里弥の予想

まともにやって勝つことはない」と言い切った田里弥。

但し「まともに」なので桓騎の戦い方なら分かりません。

一体どんな戦略を桓騎は行うのでしょうか。

桓騎の“怒り”は何からくる

過去の桓騎の異質な戦い

読者が桓騎の戦を知っているのは3回

最初は蒙驁将軍の副将としての戦となった廉頗との戦いでもある山陽の戦

ここで早速ながら信と王賁たちを中央で苦しめた玄峰(廉頗四天王の一人)を討ち取りました

敵軍に化けて本陣まで自ら赴く桓騎に玄峰は「策とは言えない」と一括。

それでも特殊な才から「弟子にしてやる」と言わせました。

当然そんなものを受け入れるはずもなく玄峰の首をハネています

キングダム20巻 あっさりと玄峰の首を撥ねる桓騎

キングダム20巻/原泰久先生/集英社
あっさりと玄峰の首を撥ねる桓騎

廉頗圧勝に思われた戦も桓騎と王翦の存在で傾き始めたのが山陽の戦でした。

更にこの戦では魏の総大将となっていた白亀西も討ち取っている桓騎です。

二度目の活躍は合従軍

桓騎軍が大いに活躍した二度目は合従軍での函谷関防衛です。

毒に討たれそうになった張唐も引き連れて門を降りてそのまま韓の総大将である成恢を攻めます。

門の下に数十万規模で展開する魏と韓の間を数百騎で駆け抜ける桓騎

大将である自ら動くのはいつもの事ですが、バレたら即座にアウトと呼べる状況を難なく処理する桓騎将軍の策は俗に言う「ひりつく戦い方」そのものでした。

結果的に張唐が背中を向けた成恢を一刀両断

キングダム28巻 成恢を一刀両断する張唐

キングダム28巻/原泰久先生/集英社
成恢を一刀両断する張唐

首を持ち帰ることに成功した桓騎の策となりました。

この戦い方にしても王翦や李牧でも出てこない策と言えるものです。

三度目は黒羊での非人道的な戦い

一番記憶に新しいのは黒羊での戦です。

飛信隊が桓騎軍の中に入って、その恐ろしさに当てられた戦いでもありました。

三大天の最後の一席を狙った慶舎から紀彗に相手の戦い方の軸が変化したことを見極めた桓騎。

そこで戦の方法を残虐無慈悲なものへと切り替えました。

紀彗に送りつけたのが非戦闘員の骸で創り上げたアーチ。

キングダム44巻 桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

キングダム44巻/原泰久先生/集英社
桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

紀彗は自分が城主をやっている離眼でも同じことが起こるのではないかと危惧して黒羊の最重要拠点を明け渡すことにしました。

残虐非道な桓騎の存在が如実に感じられた戦でもあります。

これもまた知略最上の将でも出せない戦略と言えるでしょう。

総合力での武将の強さランキング

正面衝突は過去に無い

今回の扈輒の率いる24万との戦いは完全なる平地戦と言えます。

今までは山、門、森と特殊な環境下での戦。

まるで特殊部隊が戦う様な場所での戦に特化していた桓騎一家です。

正面での衝突に関しては規模の優位がモロに働いてしまいます。

王翦と李牧が争った朱海平原でも武将の差がある程度出たから勝てたものの兵力差が3倍もあれば苦しかったでしょう。

キングダム676話 得意の奇襲が通じない規模の平地戦

キングダム676話/原泰久先生/集英社
得意の奇襲が通じない規模の平地戦

摩論は明確に「戦力がそのまま勝敗に直結する」と言い切っています。

厘玉も同じ考えでした。

雷土はこれを一喝しました。

しかし現実問題として規模に大きな差がある平地戦

この規模差は王翦でも覆せないもので通常の武将であれば「撤退」以外には考えられません

キングダム676話 地形の特殊性も無い平地戦での戦力差3倍

キングダム676話/原泰久先生/集英社
地形の特殊性も無い平地戦での戦力差3倍

見る限りは特殊地形もなく、別働隊が何かを仕掛ける隙きが出せるような規模の差でもありません。

何をしても対応可能なのが3倍の軍規模と言えるでしょう。

これは「攻撃三倍の法則」としても有名な戦の基本原則と言えるものです。

孫子兵法では10倍で囲んで、5倍で正面突破、2倍で敵を分断、同等なら最善を尽くして、少ないなら引き上げ、相手が大きいなら隠れると言っています。

今回の場合は趙からすれば正面突破と敵分断の間

桓騎の場合は撤退か隠れるのが基本です。

この大軍勢にどう戦っていくのか。

少なくとも「無理をする」という展開であるのは間違いないはずです。

桓騎は扈輒を殺すが李牧に殺される

雷土の死亡フラグ

桓騎一家で登場時から存在している雷土。

一番の古株は砂鬼であることが黒羊で明らかになりましたが、一番兄貴分の様な存在なのは雷土でしょう。

そんな雷土にキングダム676話死亡フラグがたったのではと言われています。

キングダム676話 雷土の死亡フラグ「この戦が終わったら」

キングダム676話/原泰久先生/集英社
雷土の死亡フラグ「この戦が終わったら」

この表現は危険極まりない死亡フラグと言えます。

この戦が終わったら」とか死を伴う何かに出ながら、その終わりを示唆して何かをしようと提案する人は死亡するのが掟という物語の定説。

ここで雷土に死亡フラグが立ったことで今回の戦で無理する展開の中、雷土が戦死する可能性は大いにあるでしょう。

当然の劣勢となる桓騎軍の戦いに桓騎大将軍はどんな戦いを示していくのか

期待が高まる展開となります。

キングダム677話の最新情報が出次第、考察記事を更新しますので今しばらくお待ち下さい。

キングダムのラスボスは楚の項燕



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.3

【東京喰種:re考察】入見カヤと古間円児は誰かと戦闘した!?食糧班も危ない!?謎の死体の描写

(石田スイ先生 東京喰種 13巻引用) 地下24区戦が 激化していく中、 地上では 入見カヤと 古間円児が 連絡隊として…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る