呪術廻戦141話|確定ネタバレ|虎杖を包むリカちゃん出現!宿儺が目を覚ます

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦141話|確定ネタバレ|虎杖を包むリカちゃん出現!宿儺が目を覚ます

呪術廻戦141話のネタバレ考察です。

乙骨と虎杖の戦闘が更に続き、今回は乙骨憂太が扱う怨霊であるリカちゃんが登場します。

呪術廻戦0巻 乙骨憂太がリカちゃんを出す

呪術廻戦0巻/芥見下々先生/集英社
乙骨憂太がリカちゃんを出す

上記は呪術廻戦0巻にて登場したリカちゃんですが、141話では虎杖の動きを止める役割をして暴走したりはしません。

完全に扱いきれていると考られそうですが、どうやら「遊んでいるだけ」とのこと。

乙骨憂太を理解する上での前日譚となる呪術廻戦0巻は需要な意味を持ちますので、まだ読まれてない方は一読すると分かりやすくなります。

それでは呪術廻戦141話を見ていきます。

乙骨憂太の強さとは

乙骨憂太の刀の威力が尋常ではない

虎杖は乙骨の刀を警戒し、何とかしなければならないと考えています。

乙骨の刀は容赦なく虎杖を狙い頬をかすめていきます。

それだけも血が吹き出し、全てが致命傷になる乙骨の刀に逃げ一辺倒となっている虎杖です。

呪術廻戦140話 刀を含め全身から呪力が立ち昇る乙骨憂太

呪術廻戦140話/芥見下々先生/集英社
刀を含め全身から呪力が立ち昇る乙骨憂太

呪力が大量に込められた刀の危険性を十分に察知している虎杖。

一発でもまともに当たれば死亡確定と言えるような状況。

強すぎる特級術師の面々

虎杖がナイフを使用する

虎杖は逃げながら駐車されていた車に乗り込みナイフを手に取ります

乙骨は虎杖を追いかけます。

突如向きを変えて応戦の構えを見せた虎杖。

握られていたナイフにすこし驚く乙骨ですが、呪具でないとなれば別段恐れる必要もないと追撃します。

虎杖は五条悟の言葉を思い出しています。

呪具に頼らずに呪力を物に込める。

この時はまだ五条悟が「悠仁にこういうのはまだ先かな」と言っていました。

これによって乙骨の刀と対等に戦おうとしているのかもしれませんが、どう考えても無茶な気がします。

虎杖が乙骨の刀を折る

乙骨と近接戦を行いますが、徐々に押されていく虎杖。

必死にナイフに呪力を込める虎杖ですが、出来た隙きに乙骨の蹴りが入ります。

単なる前蹴りではありますが、強烈な一撃となります。

呪術廻戦140話 非力と言えども動きは尋常ではない乙骨憂太

呪術廻戦140話/芥見下々先生/集英社
非力と言えども動きは尋常ではない乙骨憂太

非力と自分で言いながらも戦闘技術については非常に高いものを持っている乙骨憂太です。

乙骨憂太もまた禪院真希によって高専時代に扱かれた経験の持ち主。

そう考えると虎杖の兄弟子とも言える存在かもしれません。

元より膂力に定評のある虎杖だからこそ、ここまで持ちこたえていますが本来なら秒殺されていてもおかしくないでしょう。

乙骨は刀を振り、虎杖のナイフを破壊します。

しかし大ぶりから出来た隙きをついて乙骨の刀を蹴りでへし折ります。

五条悟の封印の解除いつになるか

リカちゃんが虎杖の動きを封じる

刀が折れた乙骨憂太。

物凄い呪具なのではと予想されていましたが、あっさりと折れる辺りを考えると多少呪力に耐えうるだけの刀なのかもしれません。

ちなみに夏油傑の百鬼夜行の時に使用した刀は乙骨憂太の呪力にすら耐えきれませんでした。

呪術廻戦0巻 急に呪いを大量に込めると器が持たない

呪術廻戦0巻/芥見下々先生/集英社
急に呪いを大量に込めると器が持たない

大量の呪力に器が持たない場合があると考えるなら乙骨の刀は特別仕様のものと考えて間違いないでしょう。

これでお互いに武器の所持が無い状態となりました。

そこで現れるのがリカちゃんです。

呪術廻戦0巻 夏油傑は特級過呪怨霊「折本里香(リカちゃん)」を欲していた

呪術廻戦0巻/芥見下々先生/集英社
夏油傑は特級過呪怨霊「折本里香(リカちゃん)」を欲していた

虎杖の真後ろに特級過呪怨霊である折本里香、通称リカちゃんが現れて虎杖を両手で包み込んでいます

動きを封じ込められた虎杖

突然背後から現れたリカちゃんのパワーに圧倒されます。

どこから現れたのかも分からず、正体も何か分からない虎杖

式神かとも考えている様子ですが、そもそも強すぎる力で虎杖は完全に動けない状態になっています。

これでもリカちゃんは遊んでいるだけです。

強すぎて話になりません。

そこに乙骨憂太は折れた刀を虎杖の心臓に突き刺します。

これで虎杖死亡とはなりません

呪術廻戦1巻 虎杖の心臓を人質とした宿儺

呪術廻戦1巻/芥見下々先生/集英社
虎杖の心臓を人質とした宿儺

虎杖は以前にも宿儺によって心臓を抜かれて、後に修復された経緯があります。

乙骨憂太の目的は虎杖から宿儺を強制的に呼び出す事にあるのかもしれません。

「ごめん」と謝る乙骨を見ると本意ではないと感じます。

心臓を刺された虎杖の中にいる宿儺が不敵に笑います

乙骨憂太VS両面宿儺となりそうな予感。

但し覚醒したリカちゃんと全盛期の宿儺での勝負は宿儺勝利であると芥見下々先生が言っていました。

呪術廻戦公式ファンブック 覚醒したリカと全盛期の宿儺はどちらが強いのか

呪術廻戦公式ファンブック/芥見下々先生/集英社
覚醒したリカと全盛期の宿儺はどちらが強いのか

全盛期と言われているので宿儺の指を全て得ていない今の虎杖の中にいる宿儺相手なら対応可能かもしれません。

宿儺に勝てるのは五条悟だけ

脹相も直哉の術式分からず

乙骨と虎杖が戦う中で、脹相と直哉も戦闘を繰り広げています。

脹相は速すぎる全く直哉に歯が立たない状況となります。

まだ直哉の速さの理由、その種まで行き着いていません。

直哉は脹相が一体何ものなのかを問います。

兄さ、10人兄弟のな」と答える脹相です。

呪胎九相図にプラス虎杖で10人という意味なのでしょう。

使うのは渋谷事変で虎杖戦でも使った赤燐躍動・載となります。

ここで呪術廻戦141話は終了となります。

乙骨憂太のリカちゃん登場から宿儺を強制的に起こしました

これでまた八握剣異戒神将魔虚羅との戦いのように乙骨VS宿儺となるのでしょうか。

今の渋谷にはほぼ人がいませんから仮に伏魔御厨子で周囲が壊滅しても虎杖のショックは小さいもので済むでしょう。

呪術廻戦120話 宿儺の領域展開「伏魔御厨子(ふくまみづし)」の跡

呪術廻戦120話/芥見下々先生/集英社
宿儺の領域展開「伏魔御厨子(ふくまみづし)」の跡

伏魔御厨子が行われた跡には何も残りません。

また乙骨としても両面宿儺の退治も請け負っているのだとすれば余裕はありません。

虎杖を殺せ=両面宿儺を殺せという意味となります。

そうでなければ虎杖処刑の意味がありません。

リカも含め術式をフル活用した全力での戦闘が繰り広げられる可能性もあるので次回呪術廻戦142話が楽しみです。

呪術廻戦142話の確定ネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.10

【進撃の巨人考察】ライナー、エレン(主人公)を前に困惑!最後は報われるのか!?

(諌山創先生 進撃の巨人 98話引用) 一時期は、 マーレ側の主人公的 ポジションのキャラに なるかと思った ライナーですが、…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る