伏黒津美紀は敵か味方か!死亡の可能性を検証|呪術廻戦考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

伏黒津美紀は敵か味方か!死亡の可能性を検証|呪術廻戦考察

羂索によって伏黒恵の姉である伏黒津美紀はマーキングされて寝たきりになっていました。

そして呪術廻戦16巻136話で羂索が遠隔の無為転変を使ってマーキングされた人間の目覚めが起こっています。

伏黒津美紀もその1人となります。

死滅回游が始まり、津美紀を救出すべく動いていた伏黒や虎杖でした。

※追記※
呪術廻戦212話で津美紀が脳をいじったのではなく受肉タイプであり別人だと判明しました。

最初に戦いたい相手は宿儺であると蝿のような羽根で逃亡しています。

五条悟が死亡する可能性。フラグは立ったのか

【追記】津美紀は受肉タイプ

津美紀が受肉タイプであり、記憶は持っていますが中身が全く違うということが判明。

要するに津美紀の自我はすでに死んでいると考えていいでしょう。

これは天使の解説にもあったところです。

受肉する時に元の人間の自我については殺して沈めているということでした。

そして天使が受肉者をもとに戻すことが可能かという話の中で「九分九厘死亡する」と言っています。

可能性はあれども、ほぼ死ぬということ。

そうなると津美紀はこの偽津美紀であると判明した時点で「死んでいる」と考えるのが妥当でしょう。

もとに戻す方法が無いと考えれば、そうなるのは自明の理。

天使の能力が何かしらの覚醒を経て全ての受肉者をもとに戻せるような事態にならない限り救出は不可能です。

救えなかった命となりそうです。

※1%の可能性は残っていますが、この呪術廻戦212話では同時に伏黒恵も宿儺を受肉しており、もしその1%が使われるとすれば伏黒恵に対してではないかという気がしてなりません。

以下は偽津美紀判明前の考察となります。

伏黒津美紀の理性は残るのか

羂索は千人の虎杖を悪意を持って放ったと言いました。

無為転変で脳を術師の形に変えられたのは二種類。

  1. 虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者
  2. 吉野順平のように術式を所持しているが脳の構造が非術師の者

伏黒津美紀が寝たきりになったのも「マーキングの際、私の呪力にあてられて寝たきりになった者もいた」と明言しています。

しかしながら、ただ呪術師としての能力を開花しても羂索の言うように「殺し合い」にはならないでしょう。

九十九由基が羂索にその言葉を投げると「質問が軽くなっている」と馬鹿にされています。

物事には順序があるのさ。
その程度の仕込みを私が怠る訳ないだろう。
質問が軽くなってきているよ。
-偽夏油(加茂憲倫)-
(呪術廻戦16巻106話)

要するに「戦いたくない」と言う気持ちを放棄した術師を作り出しているのでしょう。

伏黒津美紀も元々持っていた優しい性格は失われている可能性が大いにあります

脳をいじっているので、人格そのものに変化があっても何らおかしくはないでしょう。

もしくは意表をついて「受肉タイプだった」という可能性もゼロではありません。

伏黒恵は特級以外で唯一領域展開を使うのか

伏黒津美紀は禅院家ではなく非術師

津美紀と恵の関係は義理の姉弟です。

禪院甚爾と津美紀の母親がくっついて、そのまま蒸発しました。

恵の父親は禪院甚爾です。

作中でまだ不完全だったとは言え五条悟を倒している人物でもあり、実力は本編内でもトップクラス。
呪術廻戦の強さランキング

伏黒恵が禪院家にとって「最高のカード」である事は五条悟から訊いていました。

津美紀は羂索が脳を改変させた事を考えても呪術師を生み出す家系でも無かったと分かっています。

釘崎野薔薇の死亡確定と生き返る可能性

伏黒恵は津美紀が大事

伏黒恵はどう考えても伏黒津美紀の事が好きでしょう。

恋愛的な話ではなく、守りたい人間として最上位に置いているのではないかと予測出来ます。

さっさと起きろよ、バカ姉貴」と八十八橋で特級呪霊を祓った際には言っています。

誰かを呪う暇があったら大切な人のことを考えていたいの。
-伏黒津美紀-
(呪術廻戦7巻)

典型的な善人と評された津美紀ですが、目覚めた後はどうなるか分かりませんでした。

恐らく以前の伏黒津美紀とは違っているのではないかというのが大方の予想でした。

来栖華が持つラッパとヨハネの黙示録の関係

津美紀は別人なのか

呪術廻戦211話で死滅回游からの離脱を行うために伊地知と話している印象は今までと変わりませんでした。

しかしながら同話にて離脱するはずの状況下で「ルールの追加」を選び、この行動に「誰だ!」と伏黒恵が詰め寄っています。

しかし追加したルールは「結界からの出入りの自由」であり、元より伏黒たちが予定していたものとなります。

要するに今の伏黒津美紀は「死滅回游からの離脱を望んでいない」という状況。

これが「私も協力する」という発想から来るものである可能性もあるでしょう。

もしくは「外に戦いたい敵や合流スべき味方がいる」というケース。

こうなると脳をいじってというのは異質なものになるので「受肉」ということになってきそうです。

両面宿儺は五条悟しか勝てない相手

伏黒津美紀が敵化すると戦う展開もある

仮に伏黒津美紀が完全なる敵対行動を見せた場合、伏黒恵や虎杖悠仁が共闘して倒す展開もあるかもしれません。

ただ死滅回游編での伏黒恵や虎杖は相当な実力者となっています。

津美紀がどんな術式を使えるようになっているのかは不明ですが、言ってみれば素人に近いような状態で勝てるはずもなく戦えば瞬殺となるでしょう。

それは他の目覚めたばかりの呪術師を見ていれば分かります。

羂索が津美紀だけを特別視していれば分かりませんが、その可能性も低いと感じます。

これが血統として本当に禪院家なら特別視の理由もまだ分かりますが、津美紀は先述の通り関係ありません。

よって津美紀は変化がないからこそ、伏黒恵を放っておけず、姉として一緒に行動すると言っているのだと予想できます。

弟である恵がネガティブな暴走に至らないための監督役になるものと考えて良さそうです。

五条悟の封印解除はいつ。復活は何話になるか

津美紀が死ぬ可能性はある

虎杖や伏黒恵と共に行動するとなれば、当然危険度は増します

しかし本当はもっと前に死んでいたかもしれません。

すでに天元が吸収され、死滅回游も役割を終えているところ。

日本人と天元の同化も目の前と考えれば、無為転変で変化させられて術式を与えていなければ同化される一人になっていたでしょう。

そういう意味では羂索に救われたとも言えそうな状況です。

この先の物語の流れによっては、おそらく仲間の中では弱小の部類に入る津美紀がネックになり、局面次第では「死亡する」という可能性は十分にあります。

もし死ぬとすれば弟の恵を救って死亡ではないかと感じるところ。

また鹿紫雲一などの受肉タイプということにあれば、それは敵対となるでしょう。

但し鹿紫雲一もそうでしたが宿儺と戦いたいというように、他の誰かと戦うことを理由にしている可能性もあります。

受肉タイプであれば、誰かと戦う理由で結界の出入りを可能にしたとも考えられます。

その場合はすでに津美紀は受肉時点で死んでいるので、偽津美紀ということになりますが、その偽津美紀もまた敵対する誰かとの戦闘で死亡することもあるでしょう。

もしくは天使が殺すという伏黒恵にとっては見たくなかった最後を迎えるのかもしれません。

果たして津美紀はどんな最後を向かえることになるのでしょうか。

五条悟の現在は封印中。最後はどうなる



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2018.5.13

【ワンピース考察】革命軍メンバー一覧!東西南北から軍隊長も新登場!

(尾田栄一郎先生 ワンピース801話引用) 打破世界政府を目論む革命軍。 海賊が海軍のみと 敵対している点からしても 政府を…

よく読まれている記事

考察記事

ページ上部へ戻る