血の轍ネタバレ93話|しげるを突き落とした静一。夢かと思いきや現実だった

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ93話|しげるを突き落とした静一。夢かと思いきや現実だった

血の轍93話のネタバレ考察です。

ママが登場したり、しげるを突き落としたシーンをやり直したりと夢の可能性が示唆されていました。

血の轍84話 しげるが雪の中で静一の前に現れる

血の轍84話/押見修造先生/小学館
しげるが雪の中で静一の前に現れる

この段階から全てが夢だったのではないかと思われていました。

しかし血の轍93話で違う流れに展開が進みます。

しげるを突き落とした静一

静一は母親が自分を落とした場所からしげるを突き落とします。

しげるはそのまま下まで転がっていきました。

少しの間呆然としますが、すぐに何とも言えない表情

気持ちいいというか、安心したというか。

そんな落ち着いた顔を静一はしています。

静一からすればしげるではありません。

あれはママを楽にしてあげるためにやらなければいけない事でした。

血の轍92話 ままをらくにするために

血の轍92話/押見修造先生/小学館
ままをらくにするために

達成した静一が「これで終わったんだ」って表情をするのも無理はありません。

そのまま雪の中を帰っていく様な描写。

これが本当に現実なのでしょうか

どう考えても夢に見えてなりません。

目が覚める静一

静一は目が覚めると時計を見ます

10時過ぎ。

外を見ると同じ様に雪が積もっています

血の轍93話 外は雪景色

血の轍93話/押見修造先生/小学館
外は雪景色

雪が積もっていた事実はしげるが訪れた夢に見えたあの時と同じです。

それでも静一は「夢だったんか」とママとの脳内でのしげるを突き飛ばしたことを含めて全てが夢だと感じています。

ビショビショのダウン

そっかぁ、となぜか少し残念そうに感じている気がする静一の前に飛び込むダウンジャケット

そのダウンジャケットは完全に濡れていて雪が水に変わっている様子です。

血の轍93話 ダウンジャケットに雪が溶けた水滴

血の轍93話/押見修造先生/小学館
ダウンジャケットに雪が溶けた水滴

しげるの突き落とし、その全てが真実だったということでしょうか。

では早朝にしげるは本当に静一の元まで一人で来たということになります。

交通機関も動いていないあの時間帯。

どう考えても違和感しかないでしょう。

濡れたダウンを見た後、すぐに家のチャイムがなります。

おはようございまーす

敬語を使っているところから見て親戚の類ではありません。

恐らくは警察ではないでしょうか。

血の轍94話は行方不明のしげる

警察からしげるが行方不明になっている事を告げられるのではないでしょうか。

昨日から行方が分からなくなっていて、そのまま静一の元に来たのなら辻褄も合います。

そして揉めていた静一の家に警察が来たのかもしれません。

もしそうなら夢と思えたしげる突き落としの事実を静一はどう答えるのでしょうか。

何も知らないフリをするのか、それとも正直に夢と思えた事実をさらけ出すのか。

そもそも静一はしげるだと認識出来ていない可能性もあります。

どこからどこまでが現実でどこからが妄想だったのか。

内面に潜むママに自分の本質を抉られた静一が出す答えが気になります。

血の轍94話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.9.7

【進撃の巨人考察】ケニー・アッカーマンも実は結構仕事してた♦壁の王には近づけない♠

(諫山創先生 進撃の巨人 65話 引用) アニが捕まったという ケニー・アッカーマン。 ヒストリア編とも呼べる 壁内での内紛…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る