血の轍ネタバレ110話|工場勤めの静一。虚無感アリ。父親が訪れると電話があった

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ110話|最新話|工場勤めの静一。虚無感アリ。父親が訪れると電話があった

血の轍110話のネタバレ含む絞殺です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

今回も台詞などはほとんどない虚無感あふれる展開です。

どうやら食品工場のラインに勤めている様子。

その点は普通ですが、中身のない感じで生きてるのかどうかも分からない中年男性になっています。

そして父親からの電話。

ママは一体どこに行ったのでしょうか

それでは血の轍110話を考察します。

食品工場のライン

なんでもない静一の日常が描かれます。

まずは勤めているのは食品工場のライン。

目が死んでいる気がしますが、仕事そのものは普通にこなしています。

ただ黙々とパンを詰め込んでいます。

クリームパンでしょうか、コンビニなどによくある五つくらい入っているものです。

そして昼休憩。

謎の外国人労働者

一人で食事をしている静一。

そこに「タバコイッポンクレ」と謎の外国人労働者らしき人物。

何度も同じ質問をされているのか「だからオレ吸わないから」と言います。

そして別の人間にタバコを貰いに行く外国人労働者です。

何度も聞かれているのが、それくらい影が薄いことをさしているのかは分かりません。

周囲は仕事の愚痴を言っていますが、それも聞いているのかどうか分からない感じでただ独り。

本当に虚無感だけが漂う感じです。

何も考えていない

午後の仕事はいちどのヘタを取る仕事です。

真剣にやっています。

でも目が死んでいて、その奥にはなぞの表情。

崩れ去っていった自分自身を見つめているって感じでしょうか。

蟠って残る残影を見ているのかもしれません。

今の自分は静一であって静一ではないという感じにも見えます。

父親からの電話

>そして何のトラブルも仕事における問題も無く、感情すらない中で家に帰ります。「何のために生きているのか」を強調するような描写に思えます。

そして鳴り響くのが父親からの電話

出ると「久しぶり」という挨拶の後に「東京に行くから静一のところに寄ろうと思って」と言います。

断るのかと思いましたが、そういうこともなく「何日?」と予定を聞いています

ふぅと息を吐いたのが、何を意味しているのでしょうか。

本当に何もない虚無感だけがある平穏といえば聞こえの良い生活。

父親が訪れることで何かが変わるのか。

血の轍111話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.3.14

【七つの大罪考察】メリオダス戒禁5つ取り込んだ闘級はいくつに!?最強で誰も手に負えないレベル!?

(鈴木央先生 七つの大罪 258話引用) メリオダスは 戒禁を5人分 取り込みました。 戒禁は元々 魔神王の力 ですから…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る