血の轍ネタバレ108話|審判は教護院行き。ママは完全に静一を捨てた

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ108話|最新話|審判は教護院行き。ママは完全に静一を捨てた

血の轍108話のネタバレ含む考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

「あっそう」

その一言が静一に向けられたママの最後の一言です。

引き剥がされて最終的な審判。

付添人や父親の発言などが為されて、最終的な結論。

「教護院行き」

父親と共にやり直すことを念頭になりますが、静一本人はすでに虚無。

何も考えられない全てを失った状況です。

それでは血の轍108話を考察していきます。

ママ「もう帰っていいですかぁ?」

ママの首を締めた静一。

血の轍107話 首を締められて「あっそう」の一言

血の轍107話/押見修造先生/小学館
首を締められて「あっそう」の一言

「あっそう」だけの一言で終わらせたママ。

もう静一に何も感じておらず関心がないことを示しています。

引き剥がされた静一。

ママは少しだけケホっと咳をして、次は「もう帰っていいですかぁ?」と静一を見ることもなく去っていきました。

もうママはママではなく、一人の女として生きていくのでしょう。

血の轍106話 私の人生が始まると言ったママ

血の轍106話/押見修造先生/小学館
私の人生が始まると言ったママ

この言葉に全てが詰まっているように感じられます。

全てを捧げていた静一の今後。

それこそ虚無と言えるものです。

すでに冷静さを取り戻した静一ですが、見えているものが定まらず精神は逸脱した状態になってしまいました。

審判が再開される

審判の再会。

もう静一は冷静な雰囲気で受け答えもまともです。

付添人や父親の話。

父親は離婚してでも一生かけて静一の面倒を見ると発言していました。

どれも何となく流れていく言葉のように静一にはしっかりとした内容で聞き取れていません

それぞれの顔も歪んでいて陽炎を見ているような様子。

見た目には正常に見えても精神は異常の上に今置かれている状況もわかっていないでしょう。

最後に「何か言いたいことはありますか?」の一言にも明確に「ありません」と答えた静一です。

教護院への送致が決まる

そして審判の結果。

教護院への送致が決まりました。

この時、静一の目には室内に誰もおらず全てが消えてしまったような感覚になっています。

「はい」

そう答える自分すらも消え去る状態

今まで生きてきた全てが無に帰する感覚を静一が得たのは間違いありません。

ちなみに教護院というのは昔の呼び名で今では「児童自立支援施設」と呼び名を変えています。

不良行為をするおそれのある者が向かう場所と言えば分かりやすいでしょう。

少年院とは少し違っています。

今後はこの教護院での生活が描かれるのか、それとも幾年か経った状態で出所後を描く展開になるのでしょうか。

ママとの決別することになった静一が心の成長を強制される展開となりそうな予感。

血の轍109話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.4.28

【魔風が吹く考察】愛梨が最低過ぎる女♦彼氏が刑務所で速攻次の男♠

(円城寺真己先生 魔風が吹く引用) 愛梨という堺の彼女。 その彼女が あまりに最低すぎる。 堺が必死に悩みながら 警察…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る