GIGANT(ギガント)ネタバレ75話|ぱぴこは零を救って離脱!サタン復活

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

GIGANT(ギガント)75話のネタバレ考察です。

降臨した5体は倒すことに成功したぱぴこと未来人です。

しかしその間にサタンが復活してしまいました。

近くにいたのは零。

サタンに殺されるのではないかって予測もありましたが、そうはなっていません。

それではギガント75話を見ていきます。

サタン復活の中ぱぴこは零を見つける

サタンが復活した事で未来人たちとぱぴこはスペシウム光線を撃ち出そうとします。

そこで零を発見するぱぴこ。

ぱぴこは零の危険を察して光線を出す前に走って零を救いに行きます。

それを横目に見た塩沢。

零を見つけて手でガードするぱぴこ。

零は首を大きく横に振っています。

自分を守らずに世界を救ってくれという気持ちが零にはあるのでしょう。

天空に向けて指を伸ばすサタン

サタンは指をまっすぐに天空に指します。

そこから出てくるのは強力なレーザー光線のようなもの。

GIGANT(ギガント)75話 サタンが繰り出す指のビーム

GIGANT(ギガント)75話/奥浩哉先生/集英社
サタンが繰り出す指のビーム

この一撃は誰かが死んでしまいそうな気がしてなりません。

そのままレーザーを四方八方に動かしていきます。

このレーザーは放出するというよりも出っぱなしで当たったら切れてしまうタイプのものと言えます。

バイオハザードとかに出てくるレーザーのトラップを思い出すと分かりやすいかもしれません。

塩沢がサタンに飛びかかる

ぱぴこは胸元に零を持ったまま戦えない状況です。

零の父親は何かを叫んでいますが描写はありません。

「何でそんなところにいるんだ!」って感じでしょうか。

見た感じは世界を救おうとするぱぴこの邪魔をするなという感覚を持っている気がします。

ぱぴこが戦えない状態で塩沢はサタンに飛びかかっています

サタンの指先レーザーによって塩沢の左腕は吹き飛びました。

片腕の状態でサタンに挑む塩沢はぱぴこに「もう帰って!」と叫びました。

ぱぴこは零と共に離脱

桃乃木少佐や鬼藤軍曹も同じく「離脱」をぱぴこに叫びます

お腹に!
子供もいるんだろ!
-塩沢-
(ギガント75話)

この言葉をきっかけに涙ながらぱぴこは零を連れて空を飛んで離脱します。

愛するお腹の中の赤ちゃんと愛する零を守るのがぱぴこの役割です。

一つの戦力がいなくなった事で両手からレーザーを使い始めたサタンを倒せるのでしょうか。

ギガント75話で攻められる零か

世界からすればぱぴこは救世主です。

ぱぴこが来たからサタンも倒せたと言えるでしょう。

GIGANT(ギガント)70話 愛で立ち向かったパピコ

GIGANT(ギガント)70話/奥浩哉先生/集英社
愛で立ち向かったパピコ

零への愛があったかこその力です。

零が命の危険がある中ではまともに戦う事も出来ません。

このままもし未来人が殺されてしまったら零は世界から責められる存在になってしまいそうです。

零としても自分を救わずにサタンを倒してほしいと願っていたに違いありません。

だからこそ大きく首をふっていました。

GIGANT(ギガント)75話 首を大きく横に振る零

GIGANT(ギガント)75話/奥浩哉先生/集英社
首を大きく横に振る零

この行動が世界にどう影響してくるのか。

ぱぴこはまた戦場に戻れるのか。

少なくとも安全な場所まで運んだらぱぴこと零は久しぶりに話をするのではないかと予想出来ます。

もしこのまま未来人が負けてしまったら日本はおろか世界の滅亡と言えるでしょう。

ギガント76話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.2.8

【キングダム考察】蒙恬が新六大将軍入りする可能性を考える!万里の長城の大功績の礎は!?

(キングダム 趙西部の守りに驚く蒙恬 496話 引用) 新六大将軍制度が、 政の元でも発動するのかどうかは定かではありません。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る