Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|青歌城の大虎・司馬尚!李牧が認める強さを紹介!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

司馬尚とは青歌城の城主で李牧とともに秦の侵攻を食い止めた趙の将軍です。
趙攻略までは李牧と司馬尚の抵抗で8年もの歳月を要しました。

キングダムでは司馬尚はまだ本格的に登場していません。
趙国三大天に名を連ねるほどの実力を持つ司馬尚とは一体?

李牧に匹敵する実力を持つ司馬尚の強さを紹介します!

幽繆王は史実で愚王の代表格

司馬尚の初登場は鄴攻めの戦い!三大天級の実力!

司馬尚はキングダム514話で初登場しました。

キングダム47巻 司馬尚を大虎と評するオルド

キングダム47巻/原泰久先生/集英社
オルドが大虎と評した司馬尚

秦が鄴を攻める中、燕がチャンスと見て趙を攻めます。

その時、燕が攻めた青歌には城主として司馬尚がいました。
司馬尚は中央の呼び出しには応じません!

しかし自ら治める地を攻められると反撃に転じます。
燕軍20000兵に対して司馬尚軍5000兵で圧倒的に勝利しました。

反対に趙は燕の城を2つ落とすなど返り討ちにします。
李牧は以前から司馬尚の強さを認めており、燕の侵略に対しても特に手は打ちません。

司馬尚は李牧から趙国三大天に推薦されるほどの実力を持っていたのです!
司馬尚がいなければ、この戦いで挟撃され、趙は滅んでいました!

信は趙滅亡に絡まない!?

史実での司馬尚は李牧の副官として活躍!

史実での司馬尚の活躍は意外にも少ない記述しか残されていません。
紀元前229年、王翦軍に対して李牧と司馬尚が手を組んで戦いました。

戦いは優勢に進みますが、王翦の策により、趙王が李牧を処刑、司馬尚を更迭します。
これにより統率力を失った趙軍はわずか3か月で首都陥落しました。

李牧と司馬尚が生きている間、秦は4年以上も趙を攻略できなかったと言われています。
統一戦争の主役・王翦が苦戦するほど李牧と司馬尚のタッグは強力なものでした。

李牧処刑の3つの予想

趙の命運は司馬尚が握っている!

司馬尚は史実にそれほど登場していません。
趙滅亡の最終局面で活躍した武将です。

史実での登場がすくないということはキングダムで自由に描かれることでしょう!
司馬尚が発起人となった史実に無い戦いで、秦を苦しめるかもしれません!

はたまた青歌城を攻めてきた秦軍に対して李牧と協力して反撃に転じる可能性もあります。

キングダム47巻 司馬尚「青歌へ戻るぞ」

キングダム47巻/原泰久先生/集英社
司馬尚「青歌へ戻るぞ」

今後李牧と司馬尚が協力することは確実です。

趙国三大天が力を合わせるとどのくらい強くなるのか、これから楽しみです。

趙の三大天呼称は実在しない!?

まとめ

司馬尚の強さを紹介しました。
キングダムでは衝撃的な強さを初登場時に披露しました。

まだ強さの全貌は明かされておらず、李牧級とも噂されています。
司馬尚の強さ、キャラクターを期待しながらキングダムを楽しみましょう!

この記事はキングダム好きの【こまたぬき】が書きました。

【こんな記事も読まれています】

⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【羌瘣が死亡する可能性はある?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.12.19

【食糧人類考察】山崎さおりと和泉所長にカラダの関係がある可能性は♣母親以外の初めての女性♦

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方 食糧人類 引用) 山崎さおりが 収容されている状況で 出会ってしまった 和泉所長の青年時…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る