七つの大罪考察|混沌の巫女・ソールズベリーの姫の正体は?元人間で全ての黒幕?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

混沌の巫女・ソールズベリーの姫の正体は?元人間で全ての黒幕?

アーサー王が混沌の王になって復活しました!
が、何やら危険そうな雰囲気です。

復活のカギとなり、
直前に名前だけ登場した「ソールズベリーの姫」「混沌の巫女」
とやらは一体何者なのでしょうか?

マーリンはこれまでずっと、
「混沌の巫女」にしたがって行動していたっぽく、
全ての黒幕は「混沌の巫女」である可能性があります。

今ある情報で「混沌の巫女」を考察してみます!

混沌の時代とは何?




マーリンに長年指示を出していた「混沌の巫女」

アーサーは七つの大罪たちの凄まじい魔力が詰まった
ソールズベリーの湖によって復活しました。

マーリンは復活させる直前に
湖に宿った謎の人物を「姫」と呼び、

汝の啓示に従い、手筈は完了した。
姫よ…そちらの準備もよいな?
(鈴木央先生/講談社 七つの大罪 マーリンのセリフ引用)

とこれまでずっと、
姫の言うことに従っていたのがわかります。

マーリンとメリオダスの出会いは3000年前なので、
ソールズベリーの湖には、3000年以上前から「混沌の巫女」が、
存在し、マーリンに長年指示を出していたようです。

気の遠くなる話ですね…。

「混沌」とは人間である

七つの大罪335話で
「混沌」とは人間であることも判明しました。

人間はあらゆる種族中最も両極端に善と悪、
光と闇の性質を持つ、矛盾極まりない存在だ。
そして矛盾は混沌でもある
(鈴木央先生/講談社 七つの大罪 マーリンのセリフ引用)

と、マーリンは言っています。

これまで、
「混沌の母」ホークママ、「混沌の王」アーサー、
そして「混沌の巫女」など
謎のキーワードだった「混沌」は、
人間の性質を表したものだったんですね。

漫画の中でも人間は、
妖精族を神として崇拝したり、
逆に、商売のために羽を取って虐殺したりと、
とても同じ種族とは思えないほどの
二面性を見せていますよね。

「混沌」と呼ばれるのも納得です。

混沌=人間であるならば、
混沌の王は=人間の王であり
混沌の巫女は=人間の巫女であると
読みかえることもできますね。

アーサーの復活はいつ?




混沌の巫女は人間の姫?

マーリンに指示を出し、
混沌の姫とは何者なのか?

マーリンと旧知の仲で、
かつ混沌(=人間)と呼ばれていることから、
人間なのは間違いなさそうです。

とはいえ、すでに湖と融合しており、
3000年以上生きているので、
人間というより、元人間・精神体に近そうですが。

「姫」とも呼ばれており、
マーリンほどの人物が従う人間ですから、
元々かなり地位も高い人物だったのでしょう。

マーリンの故郷である魔法都市ベリアルインの
姫だったのかもしれませんね。

マーリンとベリアルイン

まとめ・全ての黒幕か!

これまで長年、マーリンを指示していた混沌の巫女。
もしかすると、これまでのすべての出来事の
黒幕だったのかもしれません。

魔神王が復活し、
ソールズベリーの湖で七つの大罪と戦ったのも
湖に魔力を貯めるのが、真の狙いだったのかも。

魔神王の復活すら狙ったものだったとしたら、
これまでの全ての出来事が
「混沌の巫女」によって仕組まれたものなのかもしれません。

全ての黒幕は「混沌の巫女」なのか?

今後の展開に注目です!

【こんな記事も読まれています】

⇒【アーサーの復活はいつ?
⇒【マーリンの罪は?
⇒【魔神王より強い最高神
⇒【マーリン死亡する?
⇒【ホークママは混沌の母?
⇒【強さランキング聖戦編
⇒【リオネスの外へ旅立つ?
⇒【ソールズベリーの姫?
⇒【マーリンの強さと闘級は?




The following two tabs change content below.

ある民

ちょっとダークな雰囲気のマンガが好きな永遠の厨二病。H×Hや進撃の巨人、ベルセルクなど設定が作り込まれたものや、カイジやウシジマくんなど心理描写が上手いマンガが好き!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る