ワンピース考察|革命軍ドラゴンと天才科学者ベガパンクに繋がりアリ!思想は反政府か

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|革命軍ドラゴンと天才科学者ベガパンクに繋がりアリ!思想は反政府か

言わずと知れた革命軍のトップのドラゴン

ルフィの父親であるドラゴンと天才科学者のベガパンクに関わりがあることが判明しました。

元よりベガパンクは「味方かもしれない」と囁かれていただけに、この関わりで「実際は反政府側」というのが見えた可能性があります。

ドラゴンとベガパンク01(正:シャカ)が話をしたのはワンピース1064話でした。

※追記※
そしてワンピース1066話にて二人はともに政府に襲撃されたオハラにいたことが判明しています。

※追記2※
巨大な頭を持ったベガパンクが悪魔の実の能力者だと判明しています(ワンピース1067話)。

ワンピース1064話でベガパンク01とシャカが会話

ベガパンクが死を示唆

ベガパンクがドラゴンに対して「私はもうすぐ死ぬだろう」と示唆しました。

これに対してドラゴンは「シャレになっていない」と伝えていますが、実際にCP0が政府の命を受けてベガパンクの暗殺を企てているところです。

相手はルッチとカク、そしてステューシー。

ルッチは天才的な強さを誇り、ルフィが物語の中で体術で圧倒された人物でもあるルッチです。

悪魔の実はネコネコの実モデル豹(レオパルド)。

ルフィのあの頃から比べて大きく成長していますが、CP0として生き馬の目を抜くような組織の中で頭角を現し続けたルッチの実力も相当なはずです。

このCP0が狙いをつけているだけに容易に死を回避できないと考えて間違いないでしょう。

何より世界一の頭脳を持つベガパンクが「死を予言」したのなら、実際にそうなるのが妥当と言えるでしょう。

ベガパンクはそもそもドラゴンとどう関わっていたのでしょうか。

エッグヘッド島の名前の由来は侮蔑的な「知識人」

ベガパンクと旧友のような存在か

ベガパンクとドラゴンの関係。

ワンピース1064話でベガパンク01が会話していたのがドラゴンだったところで読者としても、まさか!と思ったのではないでしょうか。

お互いに今ある世界の構図を変えたいという意識、思想を共有する関係だったのかどうか。

それよりも旧友に近いような関係なのではないかと予想されます。

当然ながら思想的にベガパンクが「政府の言うがままに」というスタンスでないのは窺い知れるところではあります。

政府のお膝元にいることで可能な研究が存在しているからと考える方が筋が通ります。

ある意味でベガパンクは政府を利用した側とも言えるのではないでしょうか。

研究だけに取り憑かれた研究バカではないかとも言われていました。
(研究が出来れば敵も味方もないという考えもあり得た)

しかしこうしてドラゴンとの語りなどが発生するところなどを鑑みると「理由があって政府の元にいた」と考える方が良さそうです。

年齢的にはドラゴンよりも上の世代であると言えるので、もしかしたら旧友よりは師弟のような関係だったこともあるかもしれません。

もしくは真っ直ぐに革命軍のドラゴンと思想を共にしていた可能性もあります。

その場合は「わしは内側から、お前は外側から」という良くある巨大な敵に立ち向かうときの戦略だったということも考えられます。

セラフィムは七武海とルナーリア族の血統因子

ドラゴンは打倒世界政府

ドラゴンは革命軍というだけあって、目指しているのは今ある世界の構図の変革です。

打倒世界政府。

これを掲げて政府からは「世界最悪の犯罪者」と呼ばれています。

懸賞金などは最終章に入ったところでも判明していません。

金額は四皇の最高額であるシャンクスをも凌ぐのではないかと言われているところながら不明。

新しく四皇入りしたモンキー・D・ルフィの父親であり、海軍の英雄であるモンキー・D・ガープの息子でもあります。

三世代揃ってとんでもない逸材というのが分かるところですが、詳しい素性は誰も知られていませんでした

また戦闘シーンもなく、悪魔の実の能力を保持しているのかなども不明。

覇気についても「おそらく覇王色の覇気まで使える」と予想されていますが、それもまだ分かりません。

ただ回想シーンで強くなったサボを相手に余裕を見せるほどの体術を見せたので、単なるカリスマ性だけの司令官という訳ではありません。

ロックス海賊団との関わりや、もとサイファーポールという説も存在していて謎が謎を読んでいる状況。

今回のベガパンクとの繋がりでより一層謎は膨らんだと言えるかもしれません。

最終章の最初の島が終わる頃にはドラゴンの謎めいた素性も幾らかは明らかになっているのでしょうか。

またベガパンクの死を回避できるのかも注目すべきところです。

ドラゴンにベガパンクが最後に知恵として何かを授ける可能性もあるでしょう。
(それが出来ずに息子であるルフィに託される展開も考えられます)

オハラでドラゴンは革命軍を創設

ワンピース1066話ドラゴンは襲撃後のオハラで革命軍の創設を決めました。

当然同じ場所にベガパンクもいます。

二人に対する多くの事実が分かったところ。

またここで燃えたと思われていた大量の本を巨人族であるハグワール・D・サウロが巨人を率いてエルバフに運んだ事実が判明しています。

ベガパンクの偉業は血統因子発見!技術は使う側の問題



The following two tabs change content below.

人間ゴウセル

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.8.9

【キングダム考察】飛信隊は実在せず♠強さの中心は信・羌瘣・河了貂の存在にある♦役割とは♣

(キングダム 飛信隊 45巻 引用) 物語の主軸となる 飛信隊。 命名したのは、 信が憧れる将軍で、 最後の六大将軍だった…

よく読まれている記事

考察記事

ページ上部へ戻る