Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ949話展開予想|“横綱”河松、“残雪”の菊の丞が強い!モモの助が兎丼の侍達を奮い立たせる!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピースネタバレ949話展開予想|“横綱”河松、“残雪”の菊の丞が強い!モモの助が兎丼の侍達を奮い立たせる!

河童の河松と残雪の菊の丞、
赤鞘九人男の二人がついに刀を抜いた。

河松は“横綱”と評される程の力士であり、
お菊はワノ国随一の美青年剣士という。

河松とお菊の活躍により、
兎丼の囚人達は解放へと向かうのだろうか?

しかし、兎丼に囚われた侍達はオロチとカイドウにより
すでに心が折られた状態にある。

侍達の心を掴むには、光月家のモモの助の存在も必須となる。

オロチ倒して黒刀に“成る”?




横綱・河松が登場

ついに光月家の家臣であり赤鞘九人男の河松が登場した。
“横綱”と呼ばれるだけあり、かなり大柄な人物。

また、河松はゾオン系の悪魔の実の能力者ではなく、
河童のミンクの可能性が高そうである。
イヌアラシやネコマムシとの関係も気になるところ。

河松は“河童流”を駆使する侍であり、最強の力士と評されているため
アシュラ童子のように戦闘員として今後も重宝されそうだ。

河松、お菊、ルフィという強力な布陣で臨めば
カイドウ一味のババヌキ、ソリティア、ダイフゴウは瞬殺であろう。

キングはインペルダウン出身

“残雪の菊の丞”は男

兎丼にいるもう一人の赤鞘九人男、
お菊こと菊の丞は男性であることが判明。

ワノ国一の美青年剣士として名を轟かせていたようだ。
顔が整い過ぎているためなのか、戦闘時は般若の面を被る。

心は女です♡

–菊の丞–

(尾田栄一郎先生/ワンピース948話)

お菊=男性という事実をルフィとチョッパーは素直に受け入れるが、
サンジは大きなショックを受けることになるだろう。

・女性の姿にしてはかなり大柄
・お菊に抱きつかれ渋い顔をする錦えもん

この辺りから、お菊=男性と予想していた読者は多かったはず。

アシュラ童子の“見せたいもの”




侍の心は折れている

ヒョウ五郎の話によれば、
兎丼の囚人採掘場には数万人の囚人がいる。

そして、ほとんどの囚人達の罪状は「オロチへの反逆」だ。
光月家に仕えた侍やヒョウ五郎の下で働いたヤクザが多い。

錦えもんの理想とする戦力は“五千人”であるため、
兎丼から仲間を集うのは必須事項といえる。

しかし、囚人の皆に共通しているのは
すでにオロチやカイドウとの戦いにより心が折れているということ。

これは海外から来たルフィでもどうしようもない問題。
侍達の士気を奮い立たせるのは国内の人間しかいない。

心折れた囚人達の信頼を得るため、
ワノ国筆頭の侍・河松とお菊の活躍が期待される。

ヒョウ五郎は古の最強の侍

モモの助の存在

ワンピース948話ではモモの助が未登場で終わる。

光月家の末裔であるモモの助の存在は
心折れた侍の士気を確実に奮い立たせる事になる。
長く囚われていた河松やヒョウ五郎も例外ではない。

おでんの子「光月モモの助」は
生きていたのか…!

まだ反逆の火は…!
消えていなかったか…!

–ヒョウ五郎–

(尾田栄一郎先生/ワンピース940話)

カイドウとオロチに反逆するためには、
最強の侍集団である赤鞘九人男と
それを束ねるモモの助の存在は必要不可欠である。

また、河松は兎丼に連れて来られる前に
モモの助の妹・日和の護衛をしていた人物であった。

モモの助が20年後にタイムワープした後の
日和やトキ様を知る数少ない人物でもある。

河松はモモの助に何を語るのか。

モモの助の“スナッチ”の意味!

小紫の正体は日和様!?
ヒョウ五郎と狂死郎の関係とは!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【麦わら一味懸賞金ランキング!
⇒【オロチが鎖国にこだわる理由は!?
⇒【ワノ国にいるカリブーの狙いは!?
⇒【海楼石はワノ国産!光月家絡む!?
⇒【小紫の正体は日和様!?
⇒【モリア全盛期はカイドウと互角!?
⇒【河松と傳ジローの正体は!?
⇒【イム様は過去の登場人物!?
⇒【火災のキングはマゼランの兄弟!?
⇒【ワンピース三大美女は誰?




The following two tabs change content below.
団長さん

団長さん

漫画はオールジャンル読むが、心理描写が巧みな作品が特に好き。 1番のお気に入りは今も昔もHUNTER×HUNTER。 悪役が放つ名言に陶酔する
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る