エドワード・ウィーブルの母親ミス・バッキンはロックス海賊団の一員だった|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

エドワード・ウィーブルの母親ミス・バッキンはロックス海賊団の一員だった|ワンピース考察

今となっては解散してしまた王下七武海にいたエドワード・ウィーブル。

あまり活躍もなく「なぜあのタイミングで王下七武海として?」と疑問も多かった人物です。

そんなエドワード・ウィーブルは白ひげの血を引く者として存在。

これも自称「白ひげの愛人」を称する母親のミス・バッキンがいたからです。

「白ひげの愛人は嘘だろう」とも言われていましたが、最終章に入って「改めて脚光を浴びる」ことになりました。

ワンピース1072話でCP0にいる歓楽街の女王ことステューシーが”ミス・バッキンのクローンである”ことが判明したのです。

同一のタイミングでミス・バッキンがロックス海賊団のメンバーだったことも分かりました。

以前マルコが「オヤジとバッキンは同じ船に乗っていたことがある」という事実をワンピース90巻909話で語っていました(40年近く前の話と)。
(但しこれがロックス海賊団時代なのか、壊滅直後の話なのかは不明)

バッキンは“ミス・バッキンガム・ステューシー”が本当の名前です。

想定外の事態にエドワード・ウィーブルの血筋への注目度が上昇しています。

また「白ひげの愛人はあながち嘘でもない」ということが分かってきました。

但しエドワード・ウィーブルの年齢は35歳なので(ロックス海賊団の壊滅は38年前)その後も繋がりがあったと仮定した場合にのみ成立するのが白ひげ父親説です。

またワンピース1073話にてバッキンが”MADSの居候”であることも分かっています。

ワンピースカードの高額ランキングはコチラ

ステューシー=ミス・バッキンのクローン

最終章のエッグヘッド島で明らかになったステューシーの正体。

これはミス・バッキンのクローンでした。

その時に同時に明らかになったのが「ミス・バッキンはロックス海賊団のメンバーだった」ということです。

登場時は年齢こそ白ひげに近いながらも「どこで白ひげと出会うんだ」という話も出ていました。

そして「おそらく有名な海賊だったのだろう」などと言われていたところ。

実際は過去最凶の名をほしいままにしていたロックス海賊団のメンバーでした。

ロックス海賊団にはエドワード・ニューゲート、つまり白ひげも乗っていたのは周知の事実です。

頂上決戦でその強さを示したエドワード・ニューゲートですが、ミス・バッキンと恋仲にあったのでしょうか。

ステューシーがクローンということを考えると「当時はとんでもない美貌の持ち主だった」と言えます。

容姿の面だけで考えると「十分にありえる」と言えなくもありません。

ちなみに当時はビッグマムもロックス海賊団のメンバーでしたが、リンリンもまた美人だったことが知られています。

リンリンは元スベスベの実の能力者なのか

愛人ということで本妻がいた可能性

クローンであるステューシーの美貌と元ロックス海賊団ということで「白ひげと恋仲」にあったのは事実かもしれません。

しかし「愛人」という表現から考えると本妻が存在したことになるでしょう。

それが誰だったのかは不明となります。

ビッグマムについては血筋としてルフィと同じ家系図に入ってくるだろうという説もあり、場合によってはとも考えられるところ。

白ひげの本妻というか本命がビッグマムだったのだとすれば、ミス・バッキンはリンリンの死を一番喜んでいるのかもしれません。

白ひげはそもそもロックス海賊団の頃から「家族」を欲していました。

あれだけ自分の船員たちを「息子」と呼ぶ理由はどこにあったのか

このあたりのエピソードもミス・バッキンは持っている可能性が高そうです。

ロックス海賊団の中で何があったのか、どういった海賊団だったのか。

現存するという意味でミス・バッキンとクローンのステューシーの今後は見逃せないものになっていくでしょう。

シャンクスが腕を失った原因。4つの説

ステューシーよりも小さすぎる問題

ステューシーがミス・バッキンのクローンであることは確定しています。

しかし容姿の違いについては不明。

何よりミス・バッキンは小さすぎます

ステューシーとは身長からして異なるもので、もしかしたらクローン技術の反映手順の中で美女に生まれ変わったのかもしれません。

もしくはアルビダのようなスベスベなどの悪魔の実による形態の変化か。

ビッグマムの場合は「痩せた・太った」で何とか説明がつくでしょうが、ミス・バッキンとステューシーはそうもいきません。

完全に「別人」と言える次元です。

よってクローン化したことで美貌に関する面を含め血統因子から「不要なものを排除した」ということも考えられそうです。

それこそ遺伝子のコーディネートが行われたクローンであり、ステューシーはヴィンスモーク家のジャッジが目指した完成形に近いようなものなのかもしれません。

だとすれば容姿などにミス・バッキンとの違いがあってもおかしくはないでしょう。

但しこの場合は「白ひげと恋仲だった」というのは可能性として低くなりそうです(容姿が全てではありませんが)。

それよりも「片思い」など特殊な事情をはらんでいて、やはり本妻であろう誰かに対して「恨みを持っていた」ということも考えられるでしょう。

となれば、ウィーブルの本当の父親は別にいるとも考えられます。

MADSの目的と主軸の構成員が判明

ミス・バッキンはMADSの居候

ワンピース1073話で新たに判明した事実が「MADSの居候」というものです。

スフィンクス島にてマルコとミス・バッキンとの会話で「白ひげの血統の証明はベガパンクができる」と豪語。

そこでの紹介枠で”MADS居候”と明記されました。

だからこそステューシーのクローンが作られたということになります。

白ひげの遺産をよこせというくらいにガメつい女性であるミス・バッキンですから、このクローン研究に自分の血統因子が使われることについて条件を出した可能性は高いでしょう。

そう考えると生まれてきた子供を「白ひげの子」として証明するように伝えた可能性はあります。

見た目には白ひげというよりも同じMADSのメンバーであるクイーンの方が近いように見えてなりません。
ウィーブルはクイーンの子で強さは緑牛出動レベル

一緒に船に乗っていたことと、やはり少しくらい関係があったのだとすれば「そうかもしれない」と世間的な勘違いが発生しそうな部分はありそうです。

それを上手く使って後々「あなたの子よ」みたいな感じで大金をせしめようとしたのかもしれません。

果たしてウィーブルの本当の父親は一体誰になるのか。

一気に秘密が明らかになったミス・バッキン改めバッキンガム・ステューシーでした。

また新たな情報が出次第お伝えしていきます。

ウルージの現在はエルバフで教祖か



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

映画キングダム感想と考察|左慈(さじ)が成蟜側の強敵に変化!大沢たかおの王騎が凄い!

2019.4.20

映画キングダム感想と考察|左慈(さじ)が成蟜側の強敵に変化!大沢たかおの王騎が凄い!

映画「キングダム」(2019年4月19日公開)を観た上で原作との違いや感想を伝えていく。 最初に面白さで言えば星4~5…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る