Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラッククローバーネタバレ201話(確定速報)|魔神を生み出したのはリヒト!アンチドリのネロが初めて喋った!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ブラッククローバーネタバレ201話(確定速報)|魔神を生み出したのはリヒト!アンチドリのネロが初めて喋った!

(田畠裕基先生/集英社/ブラッククローバー)

パトリのグリモワールを盗んで
外に脱出しようとしている悪魔。

出口の先へ向かうと、
そこにはなんとリヒトがいました!!

転生魔法が完成されていない中で、
悪魔を逃がすまいと阻止するリヒト。

そして対決中に
ヤミとエルフ化したシャーロットも現れました。

一方で人間界では、
アンチドリのネロが喋り出す事態が発生!

ネロの正体が明かされる日も
そう遠くはなさそうですね!

では201話の確定速報をします!

前200話|パトリ救出に成功!
悪魔の目的と言霊魔法について!




魔神を生み出したのはリヒト

外に逃がすまいと悪魔と対抗するリヒト。

その時の会話の中で、
500年前に魔神を生み出したのは
リヒトだと判明しました。

リヒトの魂が不安定なのも、
魔神を生み出した時の代償かもしれません。

リヒトがなぜ魔神を生み出すに至ったのか?

悪魔との闘いの際に、
生まざる負えなかった状況に
追い込まれたのかもしれません。

またリヒトが魔神を生み出したのなら、
時系列から考えると、初代魔法帝の正体は
やはりテティア兄が有効でしょう。

魔神は死んでいなかった!?
リヒト闇落ちはテティアが原因!?

ヤミとシャーロットが登場

リヒトが悪魔と戦っている間、
ヤミとエルフ化シャーロットが登場しました。

悪魔の言霊魔法で発せられる物質に
対抗できず悪魔の剣に捕まったリヒト。

絶体絶命のところ
エルフ化したシャーロットが現れ、
悪魔の攻撃から助けてくれました。

さらにヤミ団長も途中から参戦しました。

悪魔を倒すべく、
ヤミとエルフ化シャーロットは
連携魔法を繰り広げます。

201話ではリヒトは
悪魔のつるぎに縛られたままです。

ヤミとエルフ化シャーロットは
悪魔と倒すことができるのでしょうか??

それよりエルフ族の長であるリヒト、
悪魔にあっさりと捕まってしまい
あまり力を発揮してくれませんね。笑

いつになったら覚醒されるのでしょう?

ヤミと仲間の過去まとめ!
セフィラの徒の正体は!?




アンチドリのネロは人間!?

多くの方が気にしているであろう、
アンチドリのネロの正体。

アスタのまわりをつきまとう鳥ですが、
魔石の場所を知っていたりなど、
何かと貴重な仕事をしてくれていました。

そんな物語のキーパーソンとも言える
アンチドリのネロが201話にきて
初めて喋りました!!

エルフ化ランギルスとの闘いを終え、
倒れ込んでいたフィンラルを
起こしたアンチドリのネロ。

その後フィンラルに、
魔神の骨のところに連れていけ、
と話しかけました。

フェインラルもびっくりですね!笑

なぜ今になっていきなり
喋りだしたのでしょう??

もしや、本当の正体は人間??

魔神のところへ向かいたいとういことは、
500年前の出来事を知っている人物??

まさかテティアかテティア兄!?!?

謎はどんどん深まるばかりですね。

続きの202話も待ちきれません!!

では次回の動向も楽しみにしています!

アンチドリのネロの正体は?
アスタ母はアンチドリのネロか?

【こんな記事も読まれています】

⇒【アスタの両腕は治る!?
⇒【チャーミーの強さ大公開!
⇒【ノエルの母や水魔法まとめ!
⇒【ヘンリーの過去や魔法まとめ!
⇒【ユノのペンダントの秘密とは!
⇒【ユノの転生魔法は失敗した!?
⇒【エルフ滅亡の犯人はパトリ?
⇒【四大精霊が宿る条件は?
⇒【金色の夜明団エルフ化確定!



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.13

【東京喰種:re考察】8人のカネキは八大竜王の暗示!?玉虫色の世界!

(石田スイ先生 東京喰種:re 6巻引用) 144話では、 脳内会議のような 描写として、 コメディ風に 8人のカネキが …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る