【七つの大罪考察】キャスの正体が遂に判明!33巻の設定集に煉獄出身と記載!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(鈴木央先生 七つの大罪 33巻引用)

ドルイドの修練窟を経て
アーサーに付っきりになった
キャス!

一体何処からやってきた生物で
どういう存在なのか
さっぱりでしたが、

33巻でその正体が
遂に判明しました!

⇒【予言に出てたキャラは誰!?
⇒【アーサーの生死は!?元ネタでは!?




設定集

33巻には煉獄の生物達の
設定集が載せらており、
バンが勝った犬?みたいな
生物にはじまり、

ホークやワイルドのラフ画も
書かれてありました。

(鈴木央先生七つの大罪33巻引用)

そして、
その一番右下には
キャスの姿も確認でき、
説明文にもキャスが煉獄の生物
であるとの記述が!

つまり、
キャスは煉獄で生まれた
生物だったみたい!

⇒【ホークの正体が判明!
⇒【ワイルドの武力は15万以上!?

煉獄の生物

ファンブックには
キャスに関する情報も
記載されているのですが、

闘級に関していうと、
実は1万10と書かれていたり
するんですよね(笑)

なんでこんなに
高いんだ!?っていう疑問も
これで解決です。

冷静に考えてこの見た目で
マトローナより強いのはヤバイ。

そして、
キャメロット潜入編では
ペロニアを捕食しても
いましたが、

これまた煉獄出身で
獰猛だったって事に
なりそうですね…。

まあ煉獄という過酷な環境で
生き抜いてきた事を考えれば、
自然でしょうか。

⇒【聖剣に宿る英雄の魂は17人!?
⇒【ホークとキャスは何者!?




伏線

キャスの正体は
分かりましたが、

ただ、
キャスには伏線めいた
台詞や設定がまだ
残っていたりするんですよね。

例えば、
ななしには

ななし
「・・・その化け猫が
ついている限り
お前は死ぬまい」
(鈴木央先生七つの大罪179話引用)

と言われていたりします。

しかしまー…
キューザックにコロされた通り、
この言葉は真実とはなりませんでしたが…。

それとも実はまだ
アーサーが生きていたりして…。

⇒【アーサーの生死は!?元ネタでは!?

あとは
ファンブックを見ると
キャスとアーサーの
誕生日と年齢が同じ
8月17日で16歳だったりも
します。

この辺も意味ありげですよね…。

結局、
キャスがマーリンに念を送った事で
アーサーの身体だけは何とか
取り返せましたが、

そもそもなぜ聖剣に関して
詳しかったのか。

キャスが本当に煉獄出身で
ずっと煉獄で育っていたのなら
そういった事情に詳しいはずも
ありませんから、

煉獄にやってきた誰かから
助言を受けていたとかって事に
なるのかもしれませんね。

何しても
まだまだ分からないことが多い。

⇒【エリザベスの元ネタが悲惨!?
⇒【メリオダスとエリザベスに息子!?

まとめ

ということで、
女神の琥珀から出てきた
キャスですが、

煉獄の生物までも
出現させちゃうって、
あの修行めっちゃ危険やないか(笑)

間違えて魔界にいるとされる
インデュラを呼び寄せようものなら
一巻の終わりです(笑)

では、
今後はキャスがなぜ
アーサーに付き添い、

そして、
なぜ聖剣の事情に詳しかったのかに
注目していきたいですね。

⇒【アーサーの生死は!?元ネタでは!?
⇒【ホークとキャスは何者!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【ホークの正体が判明!
⇒【ワイルドの武力は15万以上!?
⇒【聖剣に宿る英雄の魂は17人!?
⇒【マーリンの真の名は!?
⇒【マーリン師匠がゴウセルで確定!
⇒【バンの強さは十戒以上で確定!?
⇒【エレインが再び死亡していた!?
⇒【魔神王の支配者が強い!?
⇒【エリザベスの元ネタが悲惨!?
⇒【次回作決定済!?主人公はアーサー




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る