【鬼滅の刃考察】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の正体は人間!?産屋敷と同じ一族!?目的は完璧になる事!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 98話引用)

作中のラスボス候補の
鬼舞辻無惨。

しかし、
分かっていない
事の方が多い。

柱でいえば、
誰一人として
顔すら見た事が
ないそう。

そんな
鬼舞辻の目的や
正体は何なのか。

情報を整理して
いけたらと思います。

⇒【水の呼吸10種の型まとめ&紹介!




千年以上前

鱗滝からは、
鬼舞辻が1000年以上前に
最初の鬼になった人物
だと紹介されました。

それはつまり
元々人間だったって
ことなのか、

それとも自然的に
生まれてきたって
ことなのか。

これについては、
産屋敷から

産屋敷
「お前は必ず私たちが
私たちの代で倒す
我が一族唯一の汚点である
お前は・・・!!」
(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 97話引用引用)

と話されている事を
考えるに、

元々人間だったと
考えたほうが自然。

もしくは、
産屋敷の様態が
悪化するにつれて、
顔に出来た痣も
広まっているように
見えますが、

特殊な病気を
患った一族
なのでしょうか。

そういう意味では
鬼舞辻だけが
悪い形で突然変異した
ものなのかもしれません。

⇒【炭治郎の額が黒く!?

目的

青い彼岸花を
探し続けている
鬼舞辻。

そのときには、
薬品関係の会社の
後を継ぐためなのか
子どもの姿になって
いましたね。

更に、
そこにいた奥さんからは
鬼舞辻が昼間も外に
出られるよう特効薬を
作ろうしている旨も
語られました。

この事と彼岸花は
関係しているの
でしょうか…?

そうだとしたら、
彼岸花から抽出された
液体に太陽光を防ぐ
効果でもあるのか。

そのあとでも、
薬品を作っている
描写がありましたが、
やはり日光を防ぐ事と
関係がありそうです。

何より、
鬼舞辻無惨は自身を
完璧な生物だと称して
いますが、

あとは
鬼の弱点である
日光さえ克服すれば
完全無欠の存在に
なれます。

⇒【黒死牟は日の呼吸の使い手!?





産屋敷一族

無惨のもう一つの目的
としては、

産屋敷一族を
葬り去る事が
挙げられます。

因みに産屋敷からは
自身の一族の唯一の汚点が
鬼舞辻だと語られても
いますが、

2人は同じ一族って
事になるんでしょうか。

それとも
産屋敷の一族が
原因で鬼舞辻が
鬼化したって事なのか。

そうだとしたら、
鬼舞辻が産屋敷一族を
恨み消そうとしている
理由とも言えそうですが、

その場合、
どちらに正義があるのか
分からなくなってきますね。

まあ…鬼舞辻のあの
横柄な態度を見るに
産屋敷一族に非があるとは
思えませんが、

この辺の真相については
今後の新情報に期待ですね。

【こんな記事も読まれている】

⇒【炭治郎の額が黒く!?
⇒【黒死牟は日の呼吸の使い手!?
⇒【水の呼吸10種の型まとめ&紹介!
⇒【ヒノカミ神楽の正体とは!?
⇒【歴代炎柱の書を解読してみる!?
⇒【禰豆子の呪いはナゼ消失?
⇒【善逸は眠り中でも意識あり!?
⇒【個性的な鬼サツ隊の柱一覧
⇒【無惨と青い彼岸花の関係!?
⇒【竈門家を襲った理由は父親!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.12.21

【キングダム考察】番陽(ばんよう)は王賁に愛される♦命を賭けて救出に向かう♠

(原泰久先生 キングダム 542話引用) 王賁が亜光軍に楔のように 押し込む尭雲に横撃を 食らわそうとした時。 敵の狩場に気…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.10.4

【キングダム考察】亜光討死の可能性はあるか♣王翦軍の幹部に大きな変化が生まれる♠

(原泰久先生 キングダム 531話引用) 麻鉱が李牧に 討たれた衝撃の戦場。 危険を承知で 向かった李牧。 この先で …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る