【キングダム考察】楊端和軍の本軍はヤバい♠主力はバジオウにフィゴにメラ族♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム 47巻引用)

犬戎と戦う山の民。

力量を図られているが
やはり最高峰は
楊端和の本軍。

元々、
山の民を統率しただけの
実力を有しているのが
楊端和の軍。

それだけに、
他の部族よりも
頭一つ抜けた戦闘力を
持っていると思って
間違いないだろう。

⇒【楊端和軍の側近・族長!最強は!?





バジオウ

バジオウといえば、
楊端和の側近とも呼べる
存在で強力な戦闘力を
有している。

イメージとしては
羌瘣と近いかもしれない。

体躯が大きすぎる
という戦士ではない。

素早さなどを
使っていることから
双刀の剣術が
尋常じゃないレベルに
達しているのだろう。

実際に、
一対一ならそうそう
負けることは
ないのではないか。

⇒【犬戎王ロゾとは!?野蛮すぎ!?

メラ族にフィゴ族

メラ族とフィゴ族。

この鄴攻めで
登場した2つの部族。

フィゴ王は
バジオウに
話しかけていることから
見ても楊端和軍の
主力なのは間違いない。

また、
そういった形で
登場していないメラ族は
攻撃力に特化している
部族なのかもしれない。

楊端和の信頼が厚いのは
間違いないだろう。

この3軍と、
楊端和の本軍が完全に犬戎を
圧倒していると言える。

⇒【ロゾと楊端和はどっちが強い!?





楊端和の本軍

楊端和は明らかな本能型。

知略を張り巡らす
タイプではないため
部隊を自ら鍛えている
ということではないだろう。

⇒【楊端和は史記から消える武将!?

独自の戦法を用いる
山の部族を
ひとまとめにしながら
状況に合わせて
部族が最大限の力を出せる
局面を自動的に見いだせる
という具合ではないか。

犬戎は
力に緩急をつけながら
楊端和の軍の強さを
丸裸にしている。

圧倒的な
数の利がある橑陽軍。

楊端和の本軍は
ここから大きな危機を
迎えるのか。

しかし、
この楊端和の本軍が
犬戎を撃滅させる
ことができれば
舜水樹の考えも水疱に帰す。

⇒【舜水樹は実在しない!?

ロゾVS楊端和

ファンとしては、
見てみたい戦い。

それが、
ロゾと楊端和の
一騎討ちだろう。

女ながら、
圧倒的な戦闘力を誇るのは
わかっている。

しかし、
実際に剣を振るって
強敵と相対するのは
見たことがない。

ロゾは紛れもなく強敵。

犬戎の王である
ロゾを相手に
楊端和が一騎討ちで
破り去る事ができれば
楊端和の本当の強さも
目に見えて分かってくる。

実際に、
楊端和はこの鄴攻めの後に
邯鄲周辺を囲み、
その中を王翦と羌瘣が
攻め込み趙を落とすことになる。

どんな戦いに発展するのか。

⇒【李牧と王翦はどちらが強い!?
⇒【ロゾと楊端和はどっちが強い!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【楊端和軍の側近・族長!最強は!?
⇒【朱海平原で秦に大将軍3人!?
⇒【舜水樹は実在しない!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【楊端和は史記から消える武将!?
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?
⇒【燕の楽毅は歴史の名将だった
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.4.12

【七つの大罪 考察】エリザベスは呪われている!?3000年間魂が輪廻!?メリオダスは救えるのか!?

(七つの大罪 リズとエリザベス 137話 引用) エリザベスには、 魂輪廻説や呪われているのではないか? と思わされる描写が出てい…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.5.20

【食糧人類考察】人の誘拐は食糧不足による国の政策!?温暖化で世界の面積は日本以下に!?

(食糧人類 巨大生物に土下座する政府 8話 引用) ふと思ったのですが、 食糧人類の世界観は どうなっているんでしょう? 作…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る