キングダムネタバレ797話【確定】倉央は糸凌を求め趙へ!秦国敗北が咸陽に届く

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ797話【最新確定】倉央は糸凌を求め趙へ!秦国敗北が咸陽に届く

<キングダムネタバレ797話【確定】倉央は糸凌を求め趙へ!秦国敗北が咸陽に届く>

壁将軍は救われた。飛信隊や玉鳳隊、王翦や倉央、王賁も逃亡完了。楊端和も撤退。咸陽には敗戦の報が届き全員が沈黙する。また残った倉央は王翦軍を離脱し、王賁に後を任せる。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

キタリと壁将軍は離脱。

楊端和の撤退を知り、急ぎ秦国の国境に向かうことになりました。

右翼の飛信隊と玉鳳隊は被害を最小限に抑えながら秦国国境まで離脱。

王翦たちは王賁と合流して逃げ切りました。

この敗戦が咸陽まで届き、全員が驚きと沈黙、

これで中華統一が難しくなったことを全員が理解したと言えるでしょう。

王賁と倉央の会話で今回の敗因を考えています。

王翦は複雑な戦況ほど強さを増すということを李牧に読まれ、シンプルな武力勝負に持ち込まれたのが理由です。

この王翦軍の立て直しを倉央に頼む王賁ですが、倉央は若がそれを担うと伝えます。

そして倉央は別のすべきことがあると王翦軍の離脱を伝えました。

それではキングダム797話を考察していきます。

王賁は史実で四カ国を滅ぼす

キングダム797話ネタバレ考察1・壁将軍とキタリの脱出

・メラ族と合流した壁将軍とその周辺の一部は離脱に成功する
・山の民のナジュラ族も捕まっており壁は1年で山の言葉を覚えていた(キタリと会話可能)
・ギリギリで脱出し、楊端和の撤退を知ったキタリは秦国国境まで離脱
キタリの馬に一緒に乗る壁はキタリの身体に触れることに躊躇(女性的な魅力を感じている)

壁将軍とキタリの合流で救われます。

唯一この戦での成果と呼べるものではないでしょうか。

どうやら壁と共に山の民であるナジュラ族が捕まっていたとのこと。

1年の月日で山の言葉を話せるようになった壁はキタリと会話が可能になっています。

これでもう壁の嫁がキタリというのは確定でしょう。

楊端和の撤退を知ったキタリたちは秦国の国境まで離脱することになりました。

また壁は逃亡中にキタリと同じ馬に乗っていますが、どうやら女性的な魅力が増している背中に乗ることに躊躇がある様子です。

キタリを少女という見方をしていないあたりを考えても、先の通り壁がキタリを嫁にする、というかキタリの元に婿入りするのかもしれません。

ひとまずこの戦いにおいて壁将軍が救われたのは秦国にとってほんの僅かながらの朗報と言えそうです。

楊端和の史実と引退

キングダム797話ネタバレ考察2・全ての秦国軍が撤退を完了させる

・楊端和軍と飛信隊と玉鳳隊は被害を最小限に抑えながら撤退完了
・王翦は王賁と合流して秦国国境まで撤退した

撤退劇もここまでとなりました。

楊端和軍と飛信隊、そして玉鳳隊は被害を最小限に抑えながらの逃亡に成功しています。

また王翦も王賁と合流して、何とか秦国の国境まで離脱を完了。

要するに李牧と司馬尚は重要な王翦の首を取り逃がしたことになります。

この取り逃がしが李牧にとって致命打となるのは後の史実が語るところでしょう。

但し、李牧も黙っている訳ではなく、この機に乗じて秦国への攻勢をかけていきます。

それほどに「秦国が長きにわたって中華統一などということを宣うことのないように」という楔を打ちに来ることになります。

ちなみにこの侵攻戦は非常に有名で、この時代の秦国が大きく領土を奪われることになる悲惨な結果が生み出されます。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム797話ネタバレ考察3・李牧はシンプルな戦いに持ち込んだ

・王翦の野営地で王賁と倉央が今回の敗戦の要因を語っている
・敗戦理由は李牧がシンプルな戦いに持ち込んだから
王翦は複雑な戦いほど強く、それでは敵わないと考えた李牧が単純な武力勝負に持ち込んだ
・イレギュラーとなる要素の飛信隊と玉鳳隊を封じられたのが敗因
・王翦も敗因は途中で理解していただろうと倉央は予想する

王翦の野営地。

何とか離脱には成功しています。

側近の四人の内の三人を李牧の策によって打ち破られた王翦軍の痛手は凄まじいものと言えるでしょう。

麻鉱に始まり、亜光に田里弥。

この穴は早々埋まるものではありません。

今回の敗戦理由については「シンプルな戦い」にされてしまったのが原因となります。

複雑な戦略上では王翦は非常に強くなります。

鄴攻めに始まる朱海平原の戦がまさにそれでした。

しかし今回は圧倒的な武力を持ち、さらに情報がほぼない司馬尚が率いる青歌の軍をつかった真正面勝負。

蒙武のような脅威の武力という訳ではない王翦軍に武での真っ直ぐな戦いを挑んだことになる李牧です。

またイレギュラーな要素となる飛信隊と玉鳳隊を自らの姿を現し、危険に身を晒すことで封じることに成功しました。

あそこで飛信隊が李牧に釣られた時点で、この勝負は決まっていたと言えるでしょう。

当然、この状況は王翦も戦いの中で気付いていただろうと倉央は予想します。

初の敗北となった王翦。

この負けから何を学ぶのかにも注目が集まります。

王翦の強さは史実にあり

キングダム797話ネタバレ考察4・咸陽に報告が届き全員が沈黙

・まさかの敗戦の報告に咸陽は静まり返る
中華統一の道が消え去ったことを意味するに等しい状況

この戦の敗戦。

六大将軍を二人も排出しての一大戦争でした。

それが短時間で李牧と司馬尚を前に敗北した秦国軍。

李牧という存在の大きさをまざまざと見せつけられたところです。

咸陽は誰も話すことなく完全な沈黙。

まさに沈痛というところでしょう。

実際にこの敗北と大きな損害は「中華統一への道」が閉ざされたに近いものとなります。

一気呵成に行うべきだった中華統一の流れを堰き止め、結果的に秦国を窮地に追いやる敗戦ということになりました。
(史実でもそれは間違いありません)

昌平君もこの状況から、次の攻勢の一手を考えるのは不可能と言えるでしょう。

項燕と昌平君が最強の敵

キングダム797話ネタバレ考察5・倉央は王翦軍を離脱する

・唯一残った側近の倉央がこれからの王翦軍を支えることになると王賁
倉央は自分が支えるのではなく若(王賁)が支えることになると言う
・倉央はやることがあると王翦軍の離脱を示唆
・倉央はおそらく糸凌を求めて趙に入るのだと予想される

糸凌は趙兵に囲まれました。

しかしあの状態で戦いを続ける訳もないので捕虜になっているでしょう。

「死に目に会っていない」

これは倉央がこの戦で残してきてしまったものです。

さらに言えば「確実に死んだのかもわからない」というのが倉央の中にあるはず。

そうなると王翦軍に留まって王翦を支えることは出来ないのでしょう。

また王賁そのものの実力を鑑みると、今自分が側近の古株としている意味もないと考えているのではないかと思えます。

この敗戦で今までの王翦軍を大きく変える必要もあると倉央は考えているのかもしれません。

よってこの先の王翦軍は王賁を側近として、更に強化された形になっていくのでしょう。

そして倉央は糸凌を求めて趙の内部に入っていく可能性があります。

果たして、生きたまま二人は趙からの脱出することができるのでしょうか。

もしかすると糸凌と倉央は青歌の中で、別の暮らしをしていくこともあるのかもしれません。

新生の王翦軍がどうなるのか。

倉央はどう動くのか。

そして秦国軍と李牧率いる趙軍の今後の動きに注目です。

この後で秦国が騒然となる李牧の侵攻戦が始まるのは史実的にも明らか。

その防御戦に挑むのは一体どの武将になるのでしょうか。

キングダム798話の確定ネタバレを含む考察

女剣士は死なない!糸凌は王翦軍最強の武力



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.7.12

【ホリデイラブ考察】杏寿(あず)の浮気はあり?なし?純平の事を責める資格はあるのか!?

(ホリデイラブ 32話  遊びとわかっていても 引用) 「ホリデイラブ」のヒロイン、 杏寿(あず)。 しっかりと 家庭のこと…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る