キングダムネタバレ796話【確定】キタリと壁将軍が合流!瀕死の危機でギリギリ

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

<キングダムネタバレ796話【確定】キタリと壁将軍が合流!瀕死の危機でギリギリ>

メラ族は城壁を梯子ナシで登る。李牧から五千が番吾城へ。壁将軍たちは今の隙を狙って脱獄。しかし厳しい局面。キタリは内部で壁を探し、死にかけた壁と合流を果たす。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

メラ族は城壁を直接のぼるという以上な方法で門を開きました。

結果的にキタリ達突破の精鋭が入り込む番吾城。

しかし長持ちはしません。

李牧が五千を番吾に送り込み、陥落は不可能になりました。

今の間に壁たち仲間の救出を目指すキタリたち。

壁将軍たちは今の騒ぎの中で脱獄を決行しました。

ただ細った体に多くの城兵に囲まれて死が間近に迫っているところ。

目の前の趙兵を前に壁は遂に死ぬ覚悟を決めました。

思い出す相手は嬴政、昌文君、信、楊端和、そしてキタリです。

その状況で奥まで一人入り込んだキタリが壁を狙った兵を刻んで合流を果たしました。

それではキングダム796話の考察をしていきます。

楊端和の史実と引退

キングダム796話ネタバレ考察1・メラ族の城壁のぼり

・番吾城の門が速攻で開く展開となる
・メラ族は梯子を使わずに壁を直接フリーロッククライミングのようにのぼる
・番吾を落とすためではなく仲間の救援のためにキタリは城内へ入り込む(百騎ほど)

番吾の門が開きます。

後援となるはずの軍は到着していないのでメラ族のみでの攻城戦です。

あり得ない速度ですが、これにも理由がありました。

どうやら城壁に対して梯子をかけるような通常の攻城ではありません。

城壁をロッククライミングのようにブロックの間に指をかけて登っていくメラ族。

要するに全ての城壁面が梯子になっているようなものです。

結果的に超速で門を開くことに成功しました。

とは言え、このまま戦って百騎程度で陥落させて城を守ることなど出来ません。

キタリの目的は壁将軍と同じく秦国の仲間を救うことです。

羌瘣は史実で趙を滅亡させる

キングダム796話ネタバレ考察2・李牧は五千を番吾城へ

・李牧のもとには現状の秦国の撤退の様子が伝わっている
・番吾の侵入を知った李牧は五千を向かわせて単独隊のメラ族を仕留める算段

李牧のもとに伝わる秦国の撤退状況。

これは前話と同じで飛信隊と残る玉鳳隊の撤退劇と楊端和の撤退。

まだ王翦の首は取れていないことは間違いありません。
(史実があるので王翦は死にません)

番吾について敵の侵入を知った李牧ですが、これについても五千を送り込みました。

そのまま残ってしまうとキタリのメラ族は消滅するのが確実でしょう。

要するに時間がありません。

キングダム796話ネタバレ考察3・壁たちは脱出を試みる

・壁達は牢獄の中から外の状況を確認している
・現状は秦軍が少数の兵がいる状況で、少なくとも1つの門が開いていると判断
・このまま待っても死ぬだけ、決死の覚悟で脱出を試みる壁たち
・出た捕虜に向かう番吾の兵(壁たちは武器がなく、兵を強引に倒して武器を奪う)

牢屋のような場所。

死にかけている壁たちです。

外の状況を確認していると今の番吾城のことが分かってきました。

もし今出ていかないと、助かる見込みはゼロ。

門が一つ開いていることと、もしここで出なければどの道、飢餓なり体力の低下で死んでいくだけです。

脱出を決行、武器が無い中で城内の兵を倒して奪い取ります。

当然被害も多くなりますが、この一時の隙を突いて何とか脱出できないかと模索する壁たち。

キングダム796話ネタバレ考察4・キタリもこれ以上留まれない限界

・李牧が向かわせた五千が向かっているとキタリに報告が届く
もう限界のところまで来ているキタリだが壁将軍は見つかっていない
・留まれない状況でも最後まで諦めずに粘りを見せると他のメラ族に伝えます

残念ながらキタリには時間がありません。

五千は急速に向かっているところ。

よって百騎で入り込んだキタリももう滞留することが出来ません。

そんな限界ではありますが、まだ壁は見つかっていない。

助けることが出来るのは今だけとキタリも分かっているのでしょう。

要するに自分がここで撤退すれば、それはイコール壁との永遠の別れです。

諦めない粘りというよりも、諦めきれないキタリというところなのかもしれません。

信と蒙恬は楚の項燕に大敗

キングダム796話ネタバレ考察5・キタリと壁の合流

・少数で体力もない壁たちは遂に城兵に囲まれてしまう
・皆が首を落とし、死んでいく中で壁が絶望を感じている
・壁は死を覚悟し、嬴政・昌文君・信・楊端和、そしてキタリを最期に想う
壁が突き刺されるはずだった槍兵の頭を飛ばしたキタリ、そこで壁将軍と合流

少数な上に戦えるような体力もない壁たち。

そんな中で城兵に囲まれて生き残れるはずがありません。

死を覚悟する壁です。

そこで思い出す人物。

王と殿、弟みたいな信と楊端和、そしてキタリです。

嬴政や昌文君は壁がここにいる理由のようなもの。

そして信や楊端和までは分かります。

長く共に戦ってきた四人と言えるでしょう。

しかしながらキタリは違います。

あの犬戎の戦いで一緒にいたに過ぎないと言える存在ながら壁の中でも大きなものになっていたのだと分かります。

そして死ぬ直前、そこで刺されるはずだった槍を持つ兵が刻まれます。

現れたのはキタリ。

キタリと壁の合流です。

このまま即座に逃げ出して、趙国からの脱出しなければなりません。

秦国の完全敗北が間近に迫っているところです。

キングダム797話の確定ネタバレを含む考察

王翦は死亡しない!生没年不詳ながら中華統一までは生存



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.1.28

【亜人考察】IBMはどうしたら見える?黒い幽霊の正体は?特性をまとめてみた

(引用 亜人 6巻 FILE26) 「亜人」を語る上では欠かせない、 あの包帯を巻いたような人型物質である「IBM」。 その物質が…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る