【ハンターハンター考察】ツェリードニヒが念能力最強となるか♣メルエム超えも起こり得る♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(冨樫義博先生 ハンターハンター引用)

ツェリードニヒの系統が
特質系と確定した。

その凶々しさに
テータは驚きを
隠せない。

何よりも、
念の戦闘における
読みの実力が
すでにハンターを
超えている状況。

才能だけで、
過去の能力者を
大幅に超えることに
なっていくのか。

⇒【メルエムが純粋に見れば最強!?





水見式がヤバい

テータがまだ早いと
言う中でも、
才能が凄いと
はじめてしまう水見式。

系統は特質系。

しかも、
ボコボコと水が
臭いを放ちながら
マグマ的な様子。

上の葉っぱは
そのぼこぼこに
腐食されている。

腐食性のある
見ずに変わった様にも
思えなくはないが
少なくとも過去の
誰とも比較不可能な
才能に思える。

数日でこのレベルに
達するというのは
ゴンやキルアの
才能も超えていると
言ってもいいだろう。

⇒【ツェリードニヒの特質が凶悪!?

過去最凶となるか

過去最凶のキャラといえば
やはりメルエムだろう。

そして、
そこに従事した
ピトーたち護衛軍も
圧倒的な力を持っていた。

そんな彼らを
凌駕しかねない
ツェリードニヒの凶悪
っぷり。

性格的なものも
あるのだろうが、
能力の内容によっては
そのメルエムたちを
超えるとも考えられる。

肉体的な強さなどを
加味すれば
当然まだまだ
キメラアントには
勝てないだろう。

しかし、
念という事で見れば
その仮説も吹き飛びかねない。

⇒【ヒソカVS幻影旅団の行方!?





ツェリードニヒは協力して倒す

強すぎる念能力に、
それを使いこなせる
知略も持ち合わせた
ツェリードニヒ。

そうなれば、
当然クラピカだけで
勝てる相手ではなくなる。

他の王子を
一気に片付けられる
ほどの能力者と
なる可能性もある。

ゴンとキルアが
協力した蟻編のことを
考えると、
レオリオとクラピカは
もとより、
ヒソカと旅団すらも
このツェリードニヒとの
対戦に協力するとも
考えられる。

強敵相手に
全員で立ち向かう程の
凶悪な敵。

メルエムとの対比で
考えるなら
十分にあり得るだろう。

⇒【軍儀の伏線!メルエムとコムギ
⇒【幻影旅団強さランキング!?

旅団は敵

もう一つは、
旅団がツェリードニヒと
手を組むという可能性。

そうなれば、
事態はかなり悪化。

クラピカサイド全員でも
さすがにその戦力には
かなわないだろう。

ヒソカがクラピカ側に
入るという
ことも考えられる。

ツェリードニヒの能力で
どれだけの人間が
犠牲になるのか。

また、
怖すぎる霊獣の存在。

この2つがすでに、
規格外で運ばれている。

過去最強となるか。

⇒【ハルケンの霊獣が最強過ぎる!?
⇒【パイロ所持ツェリと旅団の関係!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【残る13個のカプセルの意味は!?
⇒【ヒソカVS幻影旅団の行方!?
⇒【ハンゾーのスキルはどんなもの!?
⇒【クロロが37564皆ゴロし暗示!?
⇒【イズナビの強さと能力!?
⇒【ドン=フリークスはゴンの父!?
⇒【軍儀の伏線!メルエムとコムギ
⇒【メルエムが純粋に見れば最強!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.4.12

【隣の悪女考察】美貌の花音がブラとパンツ姿の神回♦誰だって我慢出来ないが桐太は気合で断ち切るか♣

(玉木ヴァネッサ千尋先生 隣の悪女引用) 部屋を間違えたと 桐太のベッドに 入っていた花音。 そんな訳ないが、 これも作戦…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.3.26

【ハンターハンター考察】ヒソカのあと10人はイルミで確定!既に婚前契約をしていた!?

(冨樫義博先生 ハンターハンター357話引用) クロロVSヒソカが終ると、 ヒソカはコルトピと シャルナークを殺害。 その後…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る