シャンクスが強すぎる!懸賞金30億のキッドを秒殺でロジャー級確定|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

シャンクスが強すぎる!懸賞金30億のキッドを秒殺でロジャー級確定|ワンピース考察

ONE PIECEにおける問答無用の最強キャラ

それがシャンクスであると見せしめたのがワンピース1079話でした。

懸賞金こそ40億4890万ベリーということで旧四皇の中では白ひげ>カイドウ>ビッグマム>シャンクスという立ち位置。
【最終章開始時点】懸賞金ランキング!1位~50位まで

政府から見た危険度で決まることから「懸賞金は強い順」ではないことは以前より言われていました。

しかしながら「まさか実力にここまで差があるとは・・・」と思った人も多いのかもしれません。

倒されたキッドはビッグマムにローと共闘して勝利した人物です。

またカイドウ戦でもビッグマム戦でも一撃で葬られるということはありませんでした。
シャンクスはカイドウより強いのか。余裕説とニカだから勝てた説

シャンクスには一撃でキッドと副船長であるキラーが戦闘不能にさせられています。

あまりに強すぎたシャンクス

もう一つの意見としては「シャンクスなのだから、このくらいの強さで当然」というもの。

それにしても懸賞金30億を瞬殺する実力は作中最強の実力を保持していると見せつけたものだったのではないでしょうか。

シャンクスと五老星の関係と最後の敵対

ロジャーの技”神避”を使用する

シャンクスが技を繰り出したことは過去に一度もありませんでした。

しかしワンピース1079話初めてロジャーが使用したのと同じ技である”神避(かむさり)”を使用。

この技の使用も読者を驚かせましたが、何よりその驚異的な威力です。

この時はビッグマムにもダメージを与えた強大な電磁砲(ダムドパンク)を使用する直前のユースタス・キッドに対して放っています。

まさかこの一撃で懸賞金30億にまで上り詰めたキッドを葬り去り、また援護に入っていたキラーまでも屠るとは思わなかったでしょう。

殺した訳ではありませんが、それにしても現在の四皇に近接する実力を持つと言えるキッドを一撃で戦闘不能に追いやる実力

どう見てもシャンクスがカイドウやビッグマムよりも遥か上の実力を有してると言って良いでしょう。

過去にここまで露骨な強さを見せたキャラがいたか考えると実力が見えてきます。

シャンクスはなぜ強いのか。覇気最強の存在

剣術はミホークとほぼ同格か

シャンクスに関してはミホークが会いに着たときに「決着」という話が出ていました。

この時、それこそルフィに最初の懸賞金がついた頃から”ミホークと対等に渡り合える剣術使い”と考えられています。

最終章に入り、七武海が解散された後のミホークも懸賞金で言えばキッドを上回る35億9000万ベリー

政府に迷惑をかけてきた人物ではないのにこの金額と考えれば相当な実力者であるのは疑いようもありません。

現在はクロコダイルと組んでクロスギルドの中心人物、厳密にはトップと言っていい存在で君臨しています。

ミホークについては麦わらの一味の剣術使いで、世界一の剣豪を目指しているゾロの師匠的な人物でもあります。

剣術においてミホーク級であれば世界で一二を争う剣術使いがシャンクスということになってくるでしょう。

また剣術だけではなくシャンクスには以前より言われている”最強の覇気使い”という側面も持っています。

シャンクスが腕を失った原因。4つの説

見聞色の覇気はカタクリを超えている

シャンクスと言えば覇気最強であるという読みがファンの中では確定しているような人物です。

悪魔の実を食べている説もありますが、今までの流れから考えると赤髪海賊団は何かしらの理由で”悪魔の実の保持者はいない”と考えていいでしょう。

そしてキッド戦では巨大な電磁砲(ダムドパンク)によって赤髪海賊団の傘下の海賊たち(これは弱い)の船が軒並み壊滅状態になり、さらに船長を含め皆殺しにされるところが未来視によって確認されています。

これに怒ったシャンクスが「さすがだ」とキッドとキラーを葬った一撃が先述の神避でした。

この時の未来視は見聞色の覇気と言及された訳ではありませんが間違いないでしょう。

ビッグマムの息子であるシャーロット・カタクリ(幹部で最も懸賞金の高い人物)が見聞色の覇気を極めた故に数秒先の未来が見える。

という話はすでに出ている通りです。

今回の見聞色の覇気を利用したシャンクスの未来視については「電磁砲によって撃ち抜かれる傘下の船」「皆殺しにされる傘下の海賊たち」「燃え盛る傘下の海賊団の船」という部分まで見えています。

この全てが数秒の内に行われたとは思えず、特に最後の燃え盛る船のところは数十秒先の未来まで見えていたように思えまsう。

そう考えるなら見聞色の覇気を極めたというカタクリよりも更に先の未来が見えていたと言って過言ではないでしょう。

作中に登場した見聞色の覇気で最も極められていることが分かる描写と言えるでしょう。

そして今まで使用した覇王色の覇気では映画ONE PIECE FILM RED中将クラス(モモンガ中将)も泡を吹いて倒れるという、その圧倒的な強さを見せました。

ワノ国編の終わりでは大勝である緑牛アラマキがそれを感じて立ち去るほどのものです。

当然ながら武装色も同様に極めていると考えられるので、覇気の使い手としてシャンクス右に出る者はおらず、その実力は未知数と呼べるものであると言えます。

ロジャーはイム様に敗れてワンピースを喪失か

シャンクスはロジャー級の強さ

作中でこれまで最も強かった人物はゴール・D・ロジャーであると言えるでしょう。

そのロジャーに肉薄している人物こそが現在の海ではシャンクスということになりそうです。

現状の海でシャンクスに敵う者は今のところいないと言っていいのではないかという気がしてなりません。

もしシャンクスが全力で海の支配を目指せば、それも叶うだけの力を有していると言って良いはず。

ただそんなもの、つまり海の覇者なんてを目指している訳ではないシャンクスです。

但しルフィがニカ化し、四皇に入り込んだところでワンピースを奪りに行くことは明言

ルフィの導き手として今度も存在するのか。

それとも読者が想像もしない展開がシャンクスと絡んで描かれることになるのか。

驚異的な強さが最終的にどこと対立して描かれることになるのかに関しても注目するところでしょう。

強く敵対しているのは黒ひげティーチということになりますが、これについても「シャンクスは黒ひげに殺される」という説もまことしやかに囁かれるところ。

現状の実力で見れば黒ひげティーチよりもシャンクスの方が強いと考えていいでしょう。

しかし最終章でも暴れ続けている状況でこのまま実力を伸ばせばどうなるか分かりません。

最終章でもすでにハンコックやローに対して戦いを挑み、目的を達するために実力を確実に伸ばし続けている貪欲な黒ひげティーチです。

シャンクスはティーチの情報を集めていますが、接触が出来ていません。

これは黒ひげティーチが「今はまだ赤髪海賊団と戦っても勝てない」と分かっているから逃げ続けているのでしょう。

向こう(黒ひげ海賊団)にはワプワプの実もあるので移動は瞬時に行えます。
黒ひげ海賊団のメンバー一覧と判明した悪魔の実

果たしてロジャー級と言えるシャンクスにも勝ってしまう力をティーチが手にするのかも注目すべきポイントになるでしょう。
ティーチの懸賞金は最後にロジャーを超えるのか

懸賞金30億の新星キッドを瞬殺してしまう強すぎるシャンクス。

今まで感じたことのない圧倒的な実力に舌を巻いた読者も多かったでしょう。

それに匹敵するのは作中の誰になっていくのでしょうか。

最終章の海、そしてシャンクスが本気で戦うことになる人物が誰なのか楽しみでなりません。

また新たな情報が出次第、記事を更新していきます。

五老星の強さ!歴戦の強者でロジャー匹敵説



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.3.24

【亜人考察】海斗(カイ)両親の犯罪とは?カイの正体の鍵を握る人物であることは間違いない!?

(亜人 File.12 海斗について母親から告げられる圭 引用) 永井の親友である海斗(以下カイ)。 彼は亜人に対して 感情を…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る