シャンクスと五老星の関係とは。天竜人と海賊の導き手|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

シャンクスと五老星の関係とは。天竜人と海賊の導き手|ワンピース考察

シャンクスと五老星が特別な関係にあるのは確実となります。

これは「ある海賊について」とシャンクスが五老星のもとに現れて伝えたことからも明らかでしょう。

また五老星もこのとき「君だから時間を取った」と明言しています。

天竜人の頂点であり、世界最高権力の五老星がわざわざ海賊であるシャンクスに会う理由。

この時点でシャンクス=天竜人の重要人物と考察されていたところです。

それが映画ONE PIECE FILM RED(小説版で詳細が分かります)でフィガーランド家という苗字もほぼ明らかになりました。

シャンクスは五老星に対してどういう立場を持つ人物なのでしょうか。

※追記※
ワンピース1083話で神の騎士団の中心に描かれたシルエットがシャンクスと酷似。これによってシャンクスが一人にしても二人にしても“神の騎士団”にシャンクスが含まれている可能性があると言われ始めています。五老星と謁見したシャンクスは”神の騎士団のリーダー”という立場ゆえというものであるのかもしれません。

※追記2※
ワンピース1086話ミョスガルド聖に死刑判決を下している神の騎士団。よって天竜人を捌ける存在といことで神の騎士団は全て天竜人での構成が確実。その中のリーダーである老戦士でフィガーランド・ガーリングという人物であることが確定しました。

シャンクス双子説は作画ミスの可能性アリか

天竜人であるシャンクス

シャンクスが天竜人であり、フィガーランド家の人物というのはほぼ確定的と言えます。

しかもDの意志を継いでいる可能性すらあるとも予想されるところ。
シャンクスの正式名称はフィガーラン・D・シャンクスか

天竜人であり、海賊の中でも四皇を務める人物なのだとすれば世界にとって非常に重要な役割を持つ存在と言って間違いありません。

それこそ「世界の均衡」にとってシャンクスがいてこそ成り立つというもの。

だからこそ海軍と四皇白ひげがぶつかる頂上決戦に顔を出し、黒ひげの情勢を確認するなど動きを見せています。

ワノ国では終幕時に緑牛がルフィに手出ししようとするのを覇気で止めています。

あらゆる局面、それこそ均衡が逸脱しそうな時に顔を出している印象があります。

シャンクスはロジャーの船に赤子の頃に乗船していることが分かっています。

これは映画に登場したウタがシャンクスの船に入り込んだのと同じでした。
(この点も描写で確定しています)

なぜ宝箱に入れられて、それがロジャーの船に渡ったのかなどは不明な点もありますが、フィガーランド家が何かしらの理由でシャンクスを海に戻したということなのでしょう。

そしてドフラミンゴのように手玉に取ることを考えず、革命軍のように崩壊を狙わずに、今の支配体制を準備が整うまで認めながら進めた人物とも言えそうです。

シャンクスが腕を失った原因。4つの説

利害関係で五老星と一致する

シャンクスが二人いる説もあるので、そうなると一人は世界政府側、そしてもう一人は海賊側とすることも出来ます。

ただ単純に伏線王と呼ばれる尾田先生が「双子でした」というあまりに古典的な方法をシャンクスという非常に重要な人物に採用するかと言われれば疑問が残るでしょう。

ミステリ系の手法としては100年遅れているような話で、誰もが予想してくるものはさすがに違っているはず。

となれば利害関係の一部で五老星と一致する点があったからこそ、あの時に「ある海賊について」と語ったのでしょう。

もしシャンクスがラスボス化するとすれば、これも頷けるところなのかもしれません。

その場合は当然ある海賊というのはニカ化の可能性を秘めているルフィのことを言っているものと思われます。
(黒ひげティーチとルフィの双方である可能性もあり)

他にも五老星に対して「シャンクスは一定の距離があれども現体制の支持者」という考え方を植え付けさせている可能性もあるでしょう。

シャンクスはワノ国編の終了時にベン・ベックマンに対して「ワンピースを奪りにいく」という表現をしました。

要するに「今は誰かの手にあるものを奪取する」という意味が見え隠れするところ。

少なくともどこかに隠されているとか置かれているだけの代物に対して奪りに行くとは言いません

持っているとすれば「今は世界政府やイム様が所持している」という考えが妥当なのかもしれません。

ロジャーはイム様に敗れてワンピースを喪失か

シャンクスと五老星の関係

最終章に入るまでは少なくとも五老星とシャンクスの関係は”良好だった”と考えていいでしょう。

しかも「誰にも知られてはいけない関係だった」というのも確実。

でなければあんなフードを被ってスターウォーズのシスであるパルパティーン(ダース・シディアス)のような格好で会う必要はありません。

さすがにあのスタイルでの登場は異質なものだとすぐに分かります。

過去に一度もシャンクスはあんな格好をしたこともなく、それゆえに「別人説」が流れるのは当然の流れとなります。
(様々な描写でシャンクスは別人ではないかと考察されています)

先述で双子説はさすがに古いと話しましたが、ワンピースの世界には「時を超える」「年齢の変化」「クローン技術」「記憶の抽出」など様々な方法がすでに語られているところ。

“絶対に一体の肉体で、一つの人格しかない”とは言い切れない部分はあるでしょう。

少なくとも今までのシャンクスと五老星の関係は歪ながら良好であったと考えていいはず。

しかしワンピースの奪還を目指すことになったシャンクスならば、今後は五老星とも対立していく構えなのかもしれません。

それはルフィがゴムゴムの実を覚醒させ、ジョイボーイとなったことで確定した事案なのでしょう。

ロジャーはラフテルにてジョイボーイと同じ時代に生きたかったと言いました。

その思いを継ぐ形でシャンクスは最終章の海で一気に立場を変化させていくように思えます。

世界を変えるために、その行動が必要になってくるのではないでしょうか。

シャンクスはロジャーから大鷲を受け継ぎラフテルを目指す

天竜人と海賊の導き手

先述の通りシャンクスは天竜人であると思われます。

またそれが関係してロジャーがラフテルに向かった後に涙を流したのでしょう。

五老星ともあれだけの近さで話ができるシャンクス。

その立場を考えると唯一「天竜人と海賊の橋渡しが可能な人物」とも言えます。

シャンクスは何を願ってルフィに思いを託したのでしょうか。

この世が差別もなにもない世界になっていくためには「天竜人を崩落させてしまえば良い」というものにはなりません

それはおそらく過去(争い)の繰り返しになるだけでしょう。

ある巨大な王国が支配層にいた時に20の王国が反旗を翻し、そして壊滅させた後に自分たちが支配構造の頂点に君臨していく。

上が変わっただけで本質的な変化は全くありません。

仮に転覆させて天竜人を同列に持ってきたとしても、虐げられた人々は天竜人を許せずに排他的に扱うのではないかと予想されます。

そしてそんな世界を歪に考えた誰かが、また革命を引き起こして支配層が入れ替わる

復讐の心はそう簡単に休まるものではありません。

人間の営みの一つとも言える戦争の歴史は取って代わった支配層が、以前の支配層を虐げ、それがまた恨みと争いを生み出して、次の支配層を破滅させていきます。

本当に繰り返しといえるようなものが歴史を見れば明らかであると分かるでしょう。

そういった意味でも中間地点にいるカリスマ的な存在のシャンクスがこの二つの導き手になる必要があるのかもしれません。

少なくともシャンクスがルフィの目指す世界の構造変化に対して(そんなことルフィは思っていないでしょうが)非常に重要な役割を担っており、それゆえに必要な五老星との関係の維持もあったのだろうと推察できます。

但しその役割は苛烈を極め、時には一人孤立するような道を歩むことになってしまうかもしれません。

そういう意味でシャンクスが「必要だからこそルフィと対立する」ということもありえるでしょう。

もしそうなったとしても、そこには単純な対立ではなく「ルフィに気付かせるための敵対」であるはずです。

最終章では権力の間から出て海に飛び出す五老星(サターン聖)が現れるなど大きな動きが出てきています。
ジェイガルシアの由来はジェリーガルシアか

五老星の強さ!歴戦の強者でロジャー匹敵説

【追記】シャンクスの父親か祖父が神の騎士団のリーダー

シャンクスは二人いる説がより濃厚になったワンピース1083話での神の騎士団のシルエット

それはシャンクスが剣を収めている時のものにそっくりになっていました。

一人なのか二人なのか気になるところ。

時系列や場所の問題を解決しようとすると二人いなければ成立しないと言われています。

ただワプワプの実のような悪魔の実の存在も確認されたので一概に長距離の高速移動が他の方法で不可能とも言えない状況。

そして二人ならクローンなのか、それとも未来と過去が入り交じるような何かなのか、双子という古典的なものなのか、全く想像していなかった真実なのか。

どちらにしても立場的には”神の騎士団”という位置にあったシャンクスが五老星と謁見していたという可能性が出ています。

確かに世界政府の直属の戦力となる神の騎士団のリーダーであれば五老星の謁見も十分に可能であり、あの時に語った「ある海賊」というのも頷けるところでしょう。

シャンクスと五老星という関係にもまた早々に言及されてくることになりそうです。

※追記※
神の騎士団のリーダーは老戦士でフィガーーランド・ガーリングという名前でした。これでシャンクスの父親か祖父か分かりませんが、親戚筋=神の騎士団の団長ということで確定でしょう。

イム様とは一体何なのか。説多数

【追記】フィガーランド家の神の騎士団団長

ワンピース1086話にて神の騎士団の団長による天竜人の死刑執行(ミョスガルド聖)を見ました。

団長の名前はフィガーランド家のガーリングということでシャンクスと同家であるのはほぼ確実でしょう。

姿は髪から髭をつなげると三日月型という感じなのでシャンクスとの双子や歳の近い兄弟ではありません。

そうなるとシャンクスとの関係は親子か祖父説というのが出てきます。

但し、五老星に会いに来ていた人物が神の騎士団の団長の息子という可能性もあるでしょう。

神の騎士団のシルエットの中にはシャンクスと同一のものがあったのは事実

これはフィガーランド・ガーリングとはまた異なります。

だとすれば、瓜二つの容姿から双子説がまたも再燃、濃厚という状況になったとも言えます。

本当にあの五老星との対談がシャンクスだったのかどうか

神の騎士団の団長はどんな姿をしているのか。

また新たな情報が出次第更新していきます。

ロジャー級の実力を持つシャンクスが強すぎた



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2021.5.10

ワンピース考察|おでんの日誌全内容をモモの助も知る!空白の100年・Dの一族・古代兵器

おでんの日誌は九里でヤマトが拾ったと発言しました。 その後九里で拾った光月おでんの「航海日誌」は僕の聖書だ。 この日誌の存在は父…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る