呪術廻戦218話ネタバレ考察|八握剣異戒神将魔虚羅の宿儺Ver.登場|展開予想

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦218話ネタバレ考察|八握剣異戒神将魔虚羅の宿儺Ver.登場|展開予想

新しい式神が登場する
↓↓ネタバレ可の方はこちら↓↓
呪術廻戦218話のネタバレを含む考察

宿儺が万(よろず)の肉の鎧に対抗すべく繰り出した式神

呪術廻戦217話のラストでアノ輪っかが見えたので確実でしょう。

十種影法術における最強の式神である八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)となります。

渋谷編にて伏黒恵が出した摩虎羅を宿儺は虎杖の身体で排除しています

摩虎羅の「あらゆる事象への適応」を可能にする式神でした。

あらゆる攻撃を一度喰らえば適応して対応可能になるというもの。

攻撃も同じく、相手に通じるものに変化するという究極系の式神です。

万を相手にどんな攻防が繰り広げられるのでしょうか。

伏黒恵(=宿儺)がラスボス化が確定した

いつ調伏したのかは不明

万(よろず)が構築術式における最強技を繰り出そうとしているところ。

そこで対応させるのが摩虎羅になります。

伏黒恵は摩虎羅を調伏していたということなのでしょうか。

宿儺は一度倒しているからという可能性もありますが、あれは第三者の介入として消滅させたに過ぎません

そもそも鵺を含め調伏の儀を行っていません。

よって伏黒恵が使えた式神が使えると考えるのが妥当でしょう。

ちなみに現在伏黒恵が使える式神は破壊された大蛇と白を除くと、玉犬(渾)、鵺、蝦蟇、満象、脱兎という5種類だけです。

玉犬の渾は破壊された白の術式が黒に付与されたものとなります。

宿儺が八握剣異戒神将魔虚羅を使えるのだとすれば、伏黒恵もまたどこかの時点で調伏を行っていたことになります。

虎杖と死滅回游編での合流の前に、それを行っていたということなのか。

呪術廻戦218話で宿儺が繰り出す摩虎羅が式神として操作可能なのかが重要な部分になりそうです。

伏黒恵が以前使用した時と同じように単に召還して、いわば三つ巴のような状態にするということも考えられるでしょう。

その場合、摩虎羅と万を戦わせて、万を破壊した時点で自らが一対一で摩虎羅を倒すことになるのかもしれません(調伏の儀は一対一で行う)。

宿儺の十種影法術が強すぎる

摩虎羅を使えたらほぼ最強

八握剣異戒神将魔虚羅ですが、あの輪っかが回ることで喰らった攻撃が治癒され、しかも相手にとって相性の良い状態に変化します。

攻撃も防御も相手に合わせたものに変化する最適化という摩虎羅

これについては五条悟にも対抗できるのではないかと言われていた式神です。

よって肉の鎧で強化された万ですが、摩虎羅の対応力の前に粉砕されることになるのか。

但し、万の方も液体金属に数多の生態機能という一筋縄ではいかない複合的な力を有しています。

仮に摩虎羅が一つ一つの属性に対して対応できたとしても、その属性そのものが即座に変化するような状況になれば戦況はもつれることになるでしょう。

そもそもここで万がすぐに敗れてしまうと面白さも半減です。

津美紀の身体を有しているだけに、この戦闘は混戦となり、最終的には邪魔が入るなどして宿儺が達しようとしている「津美紀を恵の術式で破壊して完全に沈める」というのは達せられないのではないかという気がします。

呪術廻戦の強さランキング

十種影法術の残り2つは?

十種影法術というだけに全部で10の式神がいるのは確実です。

モチーフになっているのは十種神宝ですが、これから推察するのは少し難しいかもしれません。

  • 沖津鏡(おきつかがみ)・・・蝦蟇
  • 辺津鏡(へつかがみ)・・・満象
  • 八握剣(やつかのつるぎ)・・・摩虎羅
  • 生玉(いくたま)・・・大蛇
  • 死返玉(まかるかへしのたま)・・・不明
  • 足玉(たるたま)・・・玉犬
  • 道返玉(ちかへしのたま)・・・玉犬
  • 蛇比礼(おろちのひれ)・・・不明
  • 蜂比礼(はちのひれ)・・・不明
  • 品物之比礼(くさぐさのもののひれ)・・・不明
  • 蛇比礼と蜂比礼については大国主の話に登場するものでもあるので、そこで出てきたムカデとハチが対応する式神かもしれません。

    もしそうだと鵺と脱兎がそれぞれ残る不明な十種神宝となるので、当然ながら摩虎羅よりも強いものがいるということはありません。

    摩虎羅が十種影法術における最強技だとすれば、他の式神を仮に使用しても意味がないものになるのか。

    但し式神については2つを同時に繰り出すことが可能です。

    また合体も可能なので、摩虎羅となにかをかけ合わせる可能性もあるでしょう。

    十種神宝から見てみると式神”大蛇”の生玉を逆さにした死辺玉というものがあり、これもまた大蛇に対応した何かである可能性は十分にあります。

    そもそも八握剣を含むこれら十種神宝は三種の神器に対応しているとも言われています。

    玉は八尺瓊勾玉で、剣と比礼が草薙の剣、鏡が八咫鏡という具合です。

    もしかしたら不明であるいずれかが、八握剣に対応するヤマタノオロチ説というのもありました。

    強大なヤマタノオロチと摩虎羅の合体なんていう信じられないような式神の登場もあるのかもしれません。

    蛇比礼あたりがヤマタノオロチであれば、それはそれで非常に面白いものになるでしょう(実際に鎌を8つ繋げたようなマークが蛇比礼の特徴)。

    乙骨憂太の登場はあるのか

    宿儺が浴を行っていた時間などは不明のまま。

    しかし石流龍も烏鷲亨子も移動していなかったことを考えると、状況次第では乙骨憂太が近くにいる可能性もあるでしょう。

    この戦線に乙骨憂太が津美紀の身体を守るべく現れたら、激戦必至の面白さになりそうです。

    五条悟を除けば、現存する最強の呪術師と評される乙骨憂太。

    そして映画も大好評だった「もう一人の主人公」とも呼べる人物です。

    呪術廻戦218話の新たな情報が入り次第、記事を更新していきますので今しばらくお待ち下さい。

    五条悟が死亡する可能性。フラグは立ったのか



    The following two tabs change content below.

    マンガ好き

    各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

    関連記事

    コメントは利用できません。

    ピックアップ記事

    2017.12.9

    【進撃の巨人考察】ヴィリーは本当に死んだのか♣戦槌の巨人はどこにある♠

    (諫山創先生 進撃の巨人 100話引用) 戦槌の巨人の在り処が進撃の巨人101話にて判明しています。 進撃の巨人101で戦槌…

    よく読まれている記事

    考察記事

    最近の投稿

    ページ上部へ戻る