呪術廻戦考察|五条悟が死亡する可能性!フラグは立ったのか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦考察|五条悟が死亡する可能性!フラグは立ったのか

呪術廻戦における最も人気の高いキャラと言えるのが五条悟です。

現世に存在する最強の呪術師でラスボス要素満載の羂索が「強すぎる」と評したほどの実力者

特級呪術師として登録されていますが、実際はその中でも一つ上の存在と言って良いでしょう。

羂索はもちろんながら、完全体の宿儺にも勝利する可能性がある人物です。

そんな五条悟は渋谷編において羂索に獄門疆で封印されてしまいました。

伏黒や虎杖たちが術式の無効化という術式を持つ天使に封印解除を依頼するところですが、大きなハードルが生まれています。

そもそも五条悟はこのまま封印解除が成されることがあるのかどうか。

場合によっては死亡の可能性もあるのではないかと囁かれているので考察していきます。

五条悟の封印解除はいつ。復活は何話になるか

五条悟の死亡可能性

五条悟が死亡する可能性。

呪術廻戦でのキャラクターの人気度や、五条悟という特異な存在を踏まえると「非常に低い」と言えるのではないでしょうか。

当然ながら作者の芥見下々先生も気に入っているキャラだと思われます。
※但しインタビューでは死の予感もさせていました(後述)

過去に無下限呪術と六眼の持ち主が敗れる戦いがあったそうですが、相手は伏黒恵と同じ十種影法術師ということでした。

よって今後の話の流れの中で完全覚醒した伏黒恵VS五条悟という展開が起こるとすれば「五条悟の死」という局面もゼロではありません。

仮にそうなるとしても物語の終盤に差し掛かってからではないかと推測。

中盤で五条悟が死ぬことは無い気がしてなりません。

また羂索や宿儺に殺されるようなケースは無い気がします。

但し伏黒恵VS五条悟という構図を羂索の計略によって生み出されるという可能性はあるかもしれません。

そもそも五条悟は羂索も「強すぎる」と評価した人物であり、おそらく普通に戦えば自分自身でも、それこそ宿儺でも勝てないと考えていそうです。

呪術廻戦の強さランキング

100年から1000年の封印

羂索は五条悟を封印する際に「いつか解除する」という話をしています。

その期間は100年から言い直して1000年としました。

そうなれば世界は呪力にまみれ続けた末のものとなっており、五条悟でさえも「最強とはいえない」ような世になっていると考えていいでしょう。

そんな混沌の場所で封印を解除されても、もう五条悟にやることはないという状況になっていると考えられます。

羂索からすれば、そうなれば目的は達したようなもので別に五条悟の封印が解除されても気にしないということでしょう。

要するに準備段階や世界を呪術だらけの混沌とした場所に成り始めた段階で五条悟に邪魔をされたくないというのが封印の最たる目的です。

五条悟の封印解除の方法は

五条悟の封印解除の方法は3つありました。

まず天元が有している「獄門疆の裏」からの封印解除です。

但し道具か術式が必要になります。

  1. 海外に封印されたか破壊された天逆鉾による解除
  2. ミゲルが呪術廻戦0で使っていた黒縄による解除
  3. 術式を無効化できる天使による解除

現状では天逆鉾も黒縄も手に入らないため「天使による解除」という一択になっています。

但し今となっては「天元も羂索の手中」という状況であるため、そもそも「獄門疆の裏」が手に入りません。

実質、五条悟の封印の方法は絶たれたと言えそうな状況でしょう。

五条悟の死亡フラグ

「死なない」と考えたい五条悟ですが、実はフラグは立っています。

次は五条悟の死亡フラグを見ていきましょう。

これについては芥見下々先生が序盤に「虎杖、伏黒、釘崎、五条の4人のうち1人だけ死ぬか、1人以外の全員が死ぬかのどっちか」という答えをしています。

釘崎は既に死んでいるので、ここから虎杖や伏黒が死ぬことがあれば、五条悟が死ぬケースも出てくるでしょう。
釘崎野薔薇の死亡確定と生き返る可能性

この人数なのでパターンはそう多くありません。

  1. 釘崎野薔薇のみ死亡(1人のケースはこれで確定)
  2. 釘崎・虎杖・伏黒死亡(五条悟の生き残り)
  3. 伏黒・五条・釘崎死亡(虎杖悠仁の生き残り)
  4. 虎杖・五条・釘崎死亡(伏黒恵の生き残り)

三人死ぬという場合では五条悟だけが生き残るというパターンが一番低い気がします。

よって釘崎のみ死亡という可能性だけを残して五条悟は死ぬということになってしまうでしょう。

但しこのインタビューも序盤での話なので「この段階ではそう考えていた」ということもあります。

芥見下々先生は「伏線を張って、それに徹底して拘る」というよりも、展開の中で面白さを優先するような節もある漫画家です。

これからのキャラの動きによって、この当時の考えが変化することも十分あるでしょう。

他にもアニメ版のオープニングで示唆されている流れから五条悟の死も予感される部分がありました。

但し「影がさした人が死ぬ」というフラグに対して「五条悟の顔が割れる」という形になっており、ひょっとしたら一部術式の剥奪という流れになるのかもしれません。

羂索からすれば「弱い五条悟なら封印解除されても問題ない」と言えるでしょう。

また獄門疆に封じるべき別の存在が現れたとすれば、五条悟を外に出す可能性もあります。

復活の時期が早ければ「死亡の可能性は高くなる」と思えてなりません。
※強すぎる故に五条悟に頼りっきりの物語進行になってしまうため

果たして物語の終結まで五条悟は生き残るのか、新たな情報が入り次第更新していきます。

なぜ宿儺は伏黒恵を助けるのか



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.12.15

【七つの大罪考察】エリザベスは106回の死の中で老衰もあり!全部考えてある!?精神的にかなりキツイ…!?

(鈴木央先生 七つの大罪 28巻引用) エリザベスとメリオダスは それぞれの呪いをかけられ、 永遠の生と永劫の輪廻を 繰り返して…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る