乙骨憂太は死んでいない!生存確定でリカと共に憂憂に回収されて再登場は確実|呪術廻戦考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

乙骨憂太は死んでいない!生存確定でリカと共に憂憂に回収されて再登場は確実|呪術廻戦考察

<乙骨憂太は死んでいない!生存確定でリカと共に憂憂に回収されて再登場は確実|呪術廻戦考察>

乙骨憂太の死亡が予想されましたが、違います。

ここは呪術廻戦252話で憂憂によって回収。

真っ二つの五条悟の死体のようなものではなく、リカが運んでの回収だったので生存確定です。

大ダメージではありますが、家入硝子が回復の補佐に入る形で、後々の復活は確実でしょう。

その時にはリカを使った顕現などのパターン変化。

また狗巻から何か伝えられたものの使用もするのではないかと思われます。

とにかく乙骨は生きていた。

そして最後まで生き残る可能性も高そうです。

乙骨憂太の言う「ズルしました」とは何か

乙骨憂太が食らったのは強化された解

乙骨憂太が食らったのが世界を断つ斬撃ではないかと思われていました。

これはミスリードであり、実際には完全に真っ二つになっておらず解であることが分かっています。

虎杖も当然この流れで反転術式による回復を目論んでいます。

乙骨憂太は受けた場所も近く、大ダメージながら胴体は繋がっているので、まだ助かります。

世界を断つ斬撃であれば、乙骨憂太もリカも虎杖悠仁も全てを無視して真っ二つだったはずです。

直前に腕と口を失わせた攻撃を仕掛けたので世界を断つ斬撃はそもそも使えなかったということになります。

何にしても乙骨憂太が受けたのは詠唱によって強化された解だったと考えて間違いありません。

乙骨憂太が世界を断つ斬撃で死亡する可能性

乙骨憂太は生きている

リカに運ばれて憂憂によって回収された乙骨憂太です。

呪術廻戦252話で生存については確定しています。

これはリカが動いていたことからも分かるところ。

死後強まる念ではないですが、リカが乙骨憂太死亡時も動く可能性はゼロではありません。

しかし、もしそうなら乙骨憂太を即座に救い出して、憂憂のもとに運んだりはしないはずです。

おそらくは宿儺に対して暴走的な動きをするでしょう。

また乙骨憂太はリカの本領を発揮させずに退場することになり、それも違和感。

狗巻からの助言の内容も不明でした。

よってこのあたりの回収の為にも再戦は確実と言えます。

但し強化された解によって胴体のほとんどを斬られてしまったのは事実です。

すぐに回復は不可能であり、まずは家入硝子がそれなりの回復を実施し、そこから自身での反転術式による治癒になっていくのではないかと予想。

となれば真希VS宿儺戦での復活はないのかもしれません。

最終的に死亡する可能性はあるのか

乙骨憂太について最終的に死亡することがあるのか。

これについては芥見下々先生は「誰でも死なせる」というスタンスが見え隠れしているところ。

ちなみにキャラに対する愛着面でもナナミンが少し好きなだけで、後は平坦という発言を残しています。

そんな好きなナナミンすらもあっという間に渋谷編で死んでしまいました。
大人気だったナナミンの死亡確定

よって誰が死んでもおかしくないと言えるもの。

しかも死んだ者が生き返るという現実離れを許していません。

このあたりもシビアな呪術廻戦らしさを見せている部分でしょう。

つまり死亡の描写が確定したようなパターンからの復活はないということです。

それこそ釘崎野薔薇が死んだ時に見せた過去の回想や、五条悟の死亡時に見た過去のみんなとの対話などは確定的な死を明らかにするところ。

但しジャンプというマンガの特性を考えると、乙骨憂太と伏黒恵、そして虎杖悠仁の死はないのかもしれません。

これらは言ってみれば五条悟の意志を直接的に受け継いだ者たちという言い方も出来ます。

そう考えると、他の面々の死亡は十分にあるでしょう。

果たして乙骨憂太は再戦時にどんな戦いを見せてくれるのか。

その時は裏梅が発言した通り「宿儺様の本気」が繰り出されていて、全員が瀕死の状態になっているのではないかと感じます。

虎杖悠仁が受けるであろう開(フーガ)と、その生き残りから最後の技として見せるであろう「閉」の技が存在するのかも本気モードの宿儺には注目です。

解体して、捌いて、火で焼いて、食べる。

食べて強くなる存在といえば芥見下々先生がオマージュによく使っているハンターハンターでも最強の生物だったメルエムが該当。

どんな最終形態が待っているのか。

開(フーガ)の使用条件は解と捌での生存!最後は「閉」



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.6.27

ハレ婚考察|ゆずと情事!103話が神回の理由!夜の18話に匹敵

ハレ婚には、いくつかの神回と呼ばれる話が描かれている。 そう呼ばれる大体は、行為の描写になるが、人気の高いゆずのものはやはりそれだけ読…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る