ワンピース考察|サンジはジェルマの血統因子操作の最高傑作!感情と強さを持つ最強の人間

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|サンジはジェルマの血統因子操作の最高傑作!感情と強さを持つ最強の人間

ワンピースにおけるサンジは「ただの人間」だと思われていました。

しかしジェルマという化学の国出身である事が分かり俄にサンジが「普通の人間ではない」と言われ始めたところ

ワンピース84巻では血統因子のことが伝えられています。

更に人間は作れるのだとヨンジが語るシーン。

そこでサンジの回想が始まり結果的にサンジだけが「ただの人間」と表記されました。

ワンピース84巻 ただの人間と思われたサンジ

ワンピース84巻/尾田栄一郎先生/集英社
ただの人間と思われたサンジ

これがミスリードでした。

ワンピース1028話でサンジが普通の人間ではなく、ジェルマの最高傑作である可能性が出てきています

太陽の神ニカ=ルフィで確定

サンジだけが弱かった

同じ様に作り上げたはずのイチジ・ニジ・サンジ・ヨンジ。

上記の画像からも分かる様に「血統因子の操作は四人とも成功したはずでした」と言っています。

サンジがただの人間であるはずもありません

なぜサンジだけ成長が遅く弱かったのか

そしてしっかりと感情を持っていたのか

それは「サンジだけが本当の意味で成功していたから」と考えるのが妥当でしょう。

ロックスの息子がティーチ(黒ひげ)で確定か

クイーンの発言で匂い立ったサンジの違和感

クイーン戦に挑む時にレイドスーツを着たことで身体に異変が生じていたサンジ。

その異変が覚醒の兆候でした。

脚から火を出すサンジに対してクイーンが言葉が「ただの人間」ではないことを決定的なものにしたと言えます。

ワンピース1023話 クイーンが発言するルナーリア族にキングが反応

ワンピース1023話/尾田栄一郎先生/集英社
クイーンが発言するルナーリア族にキングが反応

ルナーリア族というキングの正体と同じ種族ならいざ知らず、普通の人間が脚から火を出す訳もありません
(⇒ルナーリアの意味は何か)

よく考えれば分かるところですが、クイーンの発言で確定的となりました。

そして遂にワンピース1028話で異変から覚醒してジェルマの最高傑作だったことが判明していきます。

MADSの目的は本当に兵器開発なのか

サンジがジェルマの最高傑作だった

ワンピース1023話でレイドスーツを2回着たことで異変が生じたサンジの身体。

ワンピース1023話 体に異変を感じるサンジ

ワンピース1023話/尾田栄一郎先生/集英社
体に異変を感じるサンジ

これがきっかけとなりクイーンの攻撃に対して骨が粉砕されても即座に回復するサンジに覚醒します。

イチジやニジ、そしてヨンジは幼少から成人ばりの身体能力の覚醒が見えました。

成長が早い分、残念ながら科学技術に頼らなければ超人的な強さを得られない上に感情が死んでいます。

サンジは逆にスーツなしでも13億クラスの強敵でしかも全身サイボーグ相手に勝負出来る次元の強さを手に入れました。

しかも感情があることでそれを爆発させて戦うことも可能です。

バトル漫画において強者は常に感情の揺らぎが激しいもの

よってサンジこそが実はジャッジが目指した血統因子操作の最高傑作だったと考えて間違いありません。

ワンピース84巻 ジャッジはイチジ・ニジ・サンジ・ヨンジの血統因子操作の息子を最高傑作と呼んだ

ワンピース84巻/尾田栄一郎先生/集英社
ジャッジはイチジ・ニジ・サンジ・ヨンジの血統因子操作の息子を最高傑作と呼んだ

ジャッジすらも知らないサンジの事例

実際にジャッジはサンジは失敗作だと幽閉してしまっています。

但しサンジ自身はイチジたちのような化け物になりたくないと覚醒を嘆いていました

それも一時的なものです。

サンジは血統因子が操作されていたとしても感情が明確に残っています

明らかにイチジたちとは違い、言ってみれば完成された血統因子操作の成功例なのです。

覚醒したサンジはワンピースにおける麦わらの一味の多様性に更に磨きをかけることになりました。

ヤマトがモモ不在のワノ国を守る

サンジが人間から逸脱する

現在の麦わらの一味の多様性に関して「普通の人間」が幾人もいることは指摘されていました。

しかしサンジが血統因子操作の最高傑作となれば状況は代わります。

普通の人間と称されるのはゾロとナミとウソップだけと言えるでしょう。

ルフィはDのの一族ロビンはオハラの生き残りです。

フランキーはサイボーグで、ブルックは死体チョッパーはトナカイジンベエは魚人族となっています。

ゾロに関してはワノ国の霜月牛丸の直径であり、伝説の剣豪であるリューマの子孫であるのはほぼ確実。

ゾロが霜月牛丸の孫で従姉妹説否定か

ワンピース1023話 鈴後の霜月牛丸に酷似したゾロの姿

ワンピース1023話/尾田栄一郎先生/集英社
鈴後の霜月牛丸に酷似したゾロの姿

その意味で見ればゾロもまた普通の人間とは呼べそうにありません

ナミとウソップについてですが、ナミは元より「ウラヌスを動かす鍵になるのでは?」「ロジャーの娘ではないか?」など様々な考察がされている人物。
(⇒ナミが【I’m AN】で海賊王ロジャーの娘説)

終盤でナミが何者であるのかが明かされることになるでしょう。

そう考えると、麦わらの一味の中で純粋な人間であり血統が特殊でもない人物はウソップのみとなります。

サンジがジェルマの最高傑作として覚醒したことで多様性が増した麦わらの一味。

今後の仲間で巨人族が入り込む可能性も示唆されていますが、どうなっていくのでしょうか。

覚醒した今後のサンジの活躍に期待です。

サンジがジェルマの科学技術の血統因子操作の最高傑作だった説の考察は以上となります。

10人目はモモの助で確定か



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.1.26

【ワンピース考察】ジャッジからブルック(ソウルキング)に世代交代か!?聖書の歴史が物語る!?”ジャッジ”&”サウル王”との関係とは!?

(ONEPIECE 848話 ソウルキング”魂王” 引用) 「ジャッジ」と「ブルック」 この二人に関しては、 今のところほとんど共…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る