キングダム725話|確定ネタバレ考察|桓騎の策が「時間稼ぎ」だとすれば李牧は嵌っていた

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム725話【最新】確定ネタバレ考察|桓騎の策が「時間稼ぎ」だとすれば李牧は嵌っていた

キングダム725話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

紋章みたいな謎の陣形。

これには李牧も当然の驚き。

とは言え、知らない陣形なら問題ないと考えられる十字の陣形の弱点を狙います。

しかしそもそも李牧の考えの外にあった桓騎の策略。

攻撃でも守りでもなかった陣形の策に取り込まれた李牧です。

いや李牧どころか桓騎以外の全ての者が巻き込まれたと言えます。

武将の強さランキング(TOP10)

意味不明な布陣に対して考える

布陣は攻めでも守りでも無い

当たり前のことですが、桓騎が繰り出した巨大な十字の布陣

これについては李牧は当然ながら誰も見たことがありません。

そもそも平地で戦っている壁は趙兵は「桓騎が何かした」ということだけ分かっても何が起こっているかはわかりません

李牧は高台から見ているから布陣が見えています。

趙兵はこのまま闇雲に攻める訳にはいかないでしょう。

それほどに桓騎という存在が異質なものであるのは趙内に響き渡っています。

となれば判断は総大将の李牧に委ねられることになります。

異質と言える武将が繰り出した何かの動き、そこに飛びかかるほど無謀な兵は李牧率いる軍には存在しません。

桓騎が何を考えて、この布陣を作ったのか。

知らないからこそ、李牧としてもちゃんと考える必要があると言えるでしょう。

それがすでに桓騎の策の中とは誰も気付けないはずです。

李牧は史実でも最強の武将

十字架の陣の弱点を狙う

先端が弱点になっている、そこを攻める李牧

李牧としても相手が桓騎であるというのは考えているところ。

ある意味で何をしてくるか分からない存在。

そして出てきた布陣は「知らないもの」でした。

熟考した上で、結果的に「問題ない」と判断して、普通に十字布陣の弱点をつくことになります。

十字の中央をいきなり攻めれば両方の長い布陣が襲ってきて挟撃される狩り場になります。

これは誰もが想像できるところ。

要するにそうならないように攻めるだけです。

李牧としてはそうすることで布陣が破れると判断するのは当然でしょう。

誰からも軍略など習ったことがない桓騎だからこその布陣で、それは何の役にも立たないと思っています。

そういう意味では「桓騎の弱点」を知ったからこその油断があったと言えるかもしれません。

そもそもそんなところに桓騎の弱点はなかったと言っていいでしょう。

砂鬼は桓騎の妻か

時間稼ぎだった説

・中央を動かして、戻すという意味不明な戦術
・全ては時間を無駄に消費させるためか

李牧は十字の陣の弱点を狙います。

完全に食い破られる流れでしたが、桓騎はそこから更に動きます。

ただこの動きは李牧も隣で見ている摩論からしても意味不明

なぜ!?

そんなことをしても「意味がないじゃないか」と読者すらも言ってしまうような戦術です。

十字の弱点を攻められながら、そこへの対策として繰り出したかに見えた戦術。

それは「行って、帰ってくる」ってだけ。

本当になんの意味もないもの。

援軍でもないし、弱点を突かれた部分が回復するでもない。

周囲の兵からしても「は? 何だったの?」と言ってしまうものでしょう。

それは味方兵も趙兵も摩論や李牧も同じ。

まるで意味がない行動。

しかし桓騎です。

この「意味がない」って行動が、最大の効果を発揮する「意味のある行動」ってことです。

「何かあるのではないか」

そう思わせて何もない。

これこそが桓騎の策であり「無駄な時間を使わせる」ってことに意味があります。

陽が沈んで夜の戦い

桓騎が狙うは夜の戦いか

時間が進めば「日は沈む」ことになるでしょう。

夜に戦えるのか。

おそらく盗賊を集めたこの桓騎軍は夜にも活動をしてきたはず。

そう考えると夜になれば圧倒的に桓騎軍が有利に働くことになるかもしれません。

この時代は夜に戦うという状況は全体を見ることも出来ず、指揮がまばらになり、伝わりにくく危険なもの

統率が意味をなしません。

統率? 桓騎軍にそんなものがあるのか。

それぞれの長を元に動ける桓騎軍の最大の強さが夜襲ってことはあるでしょう。

そう考えると、無駄に時間を稼ぐために行った桓騎の策の全てが「無駄ではなく、桓騎軍にとって真に意味のある行動だった」と言えるのかもしれません。

陽が沈んだ後に桓騎軍の大逆襲が巻き起こるのでしょう。

単に逃亡するというものではなく、李牧軍を瓦解させる可能性すらあるのかもしれません。

容易く敗れることのない桓騎。

李牧の読み違いが巻き起こっています。

※史実を踏まえた内容もありますが、その解釈において独自の見解も含まれていますのでご了承下さい。

キングダム726話のネタバレを含む考察

信と蒙恬は楚の項燕に大敗



The following two tabs change content below.

編集部

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2020.12.23

進撃の巨人考察|ライナーが銃口を咥え自殺未遂!エレンとの対話で理由が確定する

パラディ島で兵士を演じる内に、どちらが本来の自分かわからなくなったというライナーは、マーレに帰還してからもその状態が続いているようです。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る