キングダムネタバレ697話の考察|咸陽に届いた首切りの報告!政や大本営の桓騎に対する判断はいかなるものか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ697話の考察|咸陽に届いた首切りの報告!政や大本営の桓騎に対する判断はいかなるものか

虐殺の報告は邯鄲と咸陽に入りました。

嬴政にも伝わる衝撃。

李斯はなぜ桓騎を六大将軍にしたのかと咎を責めます。

嬴政に大きな動きが発生しました。

桓騎軍が揺れることになります。

ネタバレ可の方はこちら
キングダム697話のネタバレ含む考察

※これより下は予想考察となっています。ネタバレが問題ない方は上記リンクより移動下さい。




桓騎が史実通りに扈輒軍の兵十万の首を切り落としました

キングダム696話完全に「首切り桓騎の再来」を描いた回となっています。

元より首切りの異名を持っていた桓騎大将軍。

キングダム203話 城邑で住民全員の首をはねて「首切り桓騎」の異名を得た

キングダム203話/原泰久先生/集英社
城邑で住民全員の首をはねて「首切り桓騎」の異名を得た

恐らくこの時も今回の雷土死亡と同じ様な事が起こったのではないかとも推察されます。

もとより残忍で冷酷な桓騎ですが、勝利とは関係のない殺しをしていた訳ではありません

桓騎の怒りに強く触れた時、大虐殺のような結末を引き起こすのでしょう。

そしてこの事実はキングダム697話にて咸陽に報せが届くことになります。

史実で政に危険が迫る瞬間
政の暗殺計画と燕の滅亡

咸陽は桓騎への対応を迫られる

六大将軍を復活させて間もありません。

そこで行われた敵国の捕虜に対する大虐殺です。

昌文君が持っていた懸念の一つが発生してしまったことを意味しています。

キングダム62巻 虐殺と暴虐は桓騎に対して、反乱は王翦に対して(六大将軍後の危惧)

キングダム62巻/原泰久先生/集英社
虐殺と暴虐は桓騎に対して、反乱は王翦に対して(六大将軍後の危惧)

ここで虐殺や暴虐を戒めている昌文君です。

何をやってもいいのが六大将軍ではありません。

六大将軍が復帰して初めての自由な戦争が桓騎によるものだったのですが、結末は悲惨。

そこで行われた大虐殺の事実を列国がどう見ていくのか

当然ながら相当な危険視をするでしょう。

そうなると桓騎の処遇が重要になります。

もしお咎めナシとなれば他の武将に対してもさながら列国は恐怖に感じるはずです。

場合によっては降伏に近い状況にある斉の王建すらも敵に回る可能性があります。

またも合従軍という形で攻め抜かれることもありそうです。

桓騎の今回の動きに対しての咸陽での対応は列国に対してどんな姿勢を見せるか重要な一幕になります。

最強の桓騎の侵攻は続く
李牧に敗けるまで勝利が続く

平陽と武城を平定する桓騎

始皇13年に桓騎は扈輒を討って、更に十万の首を切り落とす史実を持っています。

次に桓騎が趙を攻めるのは翌年。

桓騎によって平陽と武城は平定されて、更に赤麗と宜安を攻めて将軍を討つ功績を見せます。

ただ今から考えると翌年のことであり、すぐに桓騎が侵攻する訳ではありませんでした。

そうなると桓騎軍の勢力は即座に補充されて規模を維持される訳ではないと考えられるでしょう。

今回の扈輒討ちという大功績に対して十万の首を切った虐殺が相殺されることになりそうです。

これだけの被害を出しながらの勝利に桓騎軍は「何も得ない」結果となってしまいます。

それは桓騎軍にとってどんな分裂を生み出すのでしょうか。

翌年まで桓騎軍の不遇が考えられるところです。

それまでは王翦や楊端和の軍による攻略が見れるかもしれません

春秋戦国時代の最強武将
王翦の強さは史実にあり

飛信隊はどんな動きを行うのか

またも桓騎軍に入ったことで大虐殺が行われました。

前回も飛信隊が桓騎軍に入り込んだ黒羊で残虐非道な行いが繰り広げられています。

キングダム44巻 桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

キングダム44巻/原泰久先生/集英社
桓騎が紀彗に残した残虐な民衆のアーチ

罪のない村人を殺してアーチ状のオブジェを作り出した桓騎。

確かにこれによって桓騎軍は被害を少なくして丘を奪取することに成功しています。

言ってみればこれは意味のある戦略上の虐殺と取れます。

桓騎軍は飛信隊を平陽に追いやって首切りについての関与を避けさせさせました

羌瘣だけが何かに気付いていましたが、状況から考えて反発のために動くことは出来ないはずです。

ただでさえ正義感の塊みたいな飛信隊に「無意味な虐殺」を知られては厄介だと考えたのは確実です。

よって後に知らされて怒りを覚える程度の展開になるでしょう。

信は趙滅亡に絡まないのか

武城の陥落戦はあるのか

桓騎が本来なら平陽と武城も落とすことになっていました。

今扈輒がいない中なので別段の苦労もなく落とせそうなもの

この陥落戦が描かれるのかも気になります。

ただ目ぼしい武将が存在しなくなった趙だけに今から大戦を描いて面白くなるはずもありません。

即座に李牧を呼び寄せて体勢を立て直すことになるであろう趙。

ここから更に陥落戦として大規模な戦が描かれることはないでしょう。

よって平陽と武城周辺の平定と同時に別のエピソードが描かれてくるものと思われます。

※キングダム697話についてヤングジャンプより詳細が分かり次第、ネタバレ含む考察を更新します。今しばらくお待ち下さい。

実は物凄い功績を持つ将軍
王賁大将軍は史実で四国を亡ぼす



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.12.8

【東京喰種:re考察】最深部の子供の24区方言がキツすぎる!各地から喰種が集った証!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 151話引用) アヤトが出会った 最深部の子供達3人。 訛りがキツすぎるために、 アヤトと、…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る