十字架のろくにんネタバレ56話|久我の頭をブロックで潰して絶命させる漆間!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

十字架のろくにん56話のネタバレ含む考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。
⇒未読の方はマガポケより十字架のろくにん56話を御覧下さい。

捕らえられてしまっている漆間は復讐を諦めかけています

十字架のろくにん55話 諦めかけている漆間

十字架のろくにん55話/中武士竜先生/講談社
諦めかけている漆間

過去一番のクズは久我だと感じています。

至極京の名前を出した久我に対して、復讐先を思い出し最後の力を振り絞り縄を抜け出した漆間。

そして抜け出してブロックを掴んで久我の頭を潰します

これにて久我は絶命。

しかし迫っている安西刑事もいるのでどうなっていくのでしょうか。

それでは十字架のろくにん56話の考察をしていきます。

予行練習をするという久我

殴り続けて飽きてきたという久我。

漆間は薄れゆく意識の中で「こいつが一番のクズ」と断言しています。

久我は京を犯す前に漆間で予行練習だと頭を掴んで身体をひっくり返しました

漆間は祖父に習った殺人術も今では使えるものがなく終わりだと感じています。

絶体絶命の中で久我の一言が漆間を焚き付けます。

「京ちゃん」

何度も久我が呼ぶ至極京の名前に「誰を目指してここまでやってきたのか」を改めて感じる漆間。

全ての元凶

十字架のろくにん1話 最も危険な存在である至極京

十字架のろくにん1話/中武士竜先生/講談社
最も危険な存在である至極京

この存在こそが漆間から両親を奪い、弟を寝たきりにさせた張本人です。

許せないのは当然、こんな場所で諦めている訳にもいきません

決死でロープを切る

久我の元から縛られた状態で逃げ出す漆間。

そして農具の様なものが置いてある場所に突っ込んで何かをしています。

久我の目に映ったのは鎌

切れたロープ

漆間が掴むのはブロック塀に使われるブロックです。

このブロックを掴み取って漆間の反撃となりました。

漆間に飛びかかる久我。

それに難なく応じて顔面にブロックを打ち付けます。

ブロックで殴って殺す

漆間もブチギレている状況です。

それは久我にではなく至極京という存在を思い出してのもの。

改めて強烈な復讐心が漆間の自制心を奪い去りました。

ブロックを久我に何度も打ち付けます。

「やめてくれ!」と叫んだ久我ですが、それを気にせず頭部めがけて馬乗りの状態で何度も繰り返します。

相手の声が出なくなった後でも何度も何度も。

ぐちゃぐちゃになる音だけがこだましていて、すでに久我は絶命しています。

それでも叩き続け頭部を粉々に潰しにかかっている漆間。

完全に理性は吹き飛んでいて、怪物そのものと化している状況です。

ブロックには頭部の肉片がこびり付き、漆間の表情も悪魔そのものと言った様子でした。

十字架のろくにん56話はここで終了となっています。

近くまで安西刑事が来ているはず。

見つかっては言い逃れなど不可能な状況となっています。

すぐさま処理に入っていかなければなりませんが、漆間の心が落ち着くことがあるのかどうか。

十字架のろくにん57話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.18

【東京喰種:re考察】黒幕はいるのか!?ピエロ・ヒデ・芥子の動向は!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 7巻引用) ナァガラジのような 化け物と化した金木。 現状は、 カネキの奪還が 始まりそう…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る