キングダム693話|確定ネタバレ考察|扈輒が自らの首に剣をあて自害!顔の装飾は痛みを得るため

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム693話【最新】確定ネタバレ考察|扈輒が自らの首に剣をあてる!顔の装飾は痛みを得るため

キングダム693話のネタバレ含む考察となります。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

扈輒との一騎打ちかと思われた前回。そうはなりません。

キングダム693話最後でもまだ扈輒は死んでいませんが、自ら剣を首にあてる状態で自殺を図ろうとしています。

四面楚歌の中で扈輒が自害して桓騎勝利となるのでしょうか。

扈輒は雷土の一件を最期に口にしたので桓騎の怒りが爆発すると予想されます。

それではキングダム693話の考察をしていきます。

最初に滅ぶのは趙ではなく韓

扈輒の精鋭100騎と桓騎の200騎

まずは桓騎が扈輒の逃げ道に立ちはだかったところから。

キングダム692話 扈輒の逃げ道を防いだ桓騎の部隊

キングダム692話/原泰久先生/集英社
扈輒の逃げ道を防いだ桓騎の部隊

扈輒が連れているのは本軍の主力級で精鋭の騎馬百騎となります。

そして桓騎側も当然ながら精鋭。

あまり出てきていないながらも手練の一家から二百騎を連れています。

十万規模の戦いながら終幕は百単位の戦いとなった今回の扈輒軍VS桓騎軍の戦。

本来ならこの数少ない精鋭でも十分に扈輒軍も戦えるでしょう。

しかしながら「勝ちを確信していた」状態から現れた桓騎軍

それに加えた逃亡路に現れた二倍の勢力に士気を維持しきれずに桓騎軍に殲滅されていきます

項翼の強さ判明

桓騎大将軍を狙う一騎

隙きを突いて一騎が桓騎に向かいました。

しかしその剣を受け、胸を一突きにする桓騎です。

桓騎を狙った扈輒の側近の一人は死に際にもまた「扈輒大将軍は痛みを知る人間」だと言います。

逆に桓騎の目の中にはそれがない、と。

別段表情も変えずに当然のごとく顔面にも剣を突き刺して桓騎は相手を絶命させました。

容赦のない一刀と呼べます。

この側近の言葉の中に李牧が感じ取った桓騎の弱点があるのでしょうか。

キングダム45巻 李牧が黒羊で桓騎の弱点を知る

キングダム45巻/原泰久先生/集英社
李牧が黒羊で桓騎の弱点を知る

黒羊丘の戦いにおいて慶舎が討たれる結果となった趙国。

その戦を見ていた李牧は「桓騎の弱点」を発見しています。

扈輒の言う「痛み」が何か関係しているのは間違いありません。

桓騎の“怒り”はどこにある

扈輒大将軍を包囲した桓騎と兵達

扈輒が連れてきた百の精鋭はあっさりと敗れ去りました。

そして残された扈輒大将軍

それを取り囲むのが桓騎の兵と桓騎自身です。

扈輒は最後に桓騎との会話を行います。

まず扈輒は桓騎に対して今回の奇策についての話をします。

キングダム691話 馬陵の戦いで孫臏が使った策を用いた桓騎

キングダム691話/原泰久先生/集英社
馬陵の戦いで孫臏が使った策を用いた桓騎

馬陵の戦いにて孫臏が用いた戦略ではありました。

しかしこれを成立させるために多くの犠牲者、つまり自軍の兵の大量の死が必要になったのは言うまでもありません。

恐らく万単位で桓騎軍の兵が死んでいるのではないかと推察されます。

扈輒は「なぜそんなことが出来るのか」と訊きます。

李牧は史実でも最強の武将

扈輒は顔の装飾で痛みを作り出す

敵味方の区別もなく大量に死に追いやる桓騎。

扈輒は「敵を多く殺せば英雄、分別無く殺せば殺戮者」だと言いました。

そしてこの行動は必ず自分に返ってくると。

扈輒も戦場を駆け巡る中で闇深く存在する「痛みの底」を見たと言います。

しかし桓騎はこれに対して「痛みに底なんてない」と断言。

いつもの非常に冷たい視線を扈輒に送ります。

桓騎の中に何かしらの感情が渦巻いたのは間違いないでしょう。

恐らくは砂鬼も言っていた「怒り」ではないかと推察されます。

キングダム45巻 桓騎の根っこにあるのは怒り

キングダム45巻/原泰久先生/集英社
桓騎の根っこにあるのは怒り

人の世界に見たものが桓騎は「怒り」、扈輒は「痛み」だったということでしょう。

桓騎は扈輒が顔に痛みを引き出すための装飾を施しているのを見抜きました。

キングダム636話 守護者・扈輒将軍

キングダム636話/原泰久先生/集英社
守護者・扈輒将軍

この扈輒の装飾は単なる装飾ではなく扈輒の言う「痛み」を自らに課した装飾だったということです。

自ら痛みを与え、苦痛を持つことでしか扈輒は闇深き人の世で平静を保てなかったのだと桓騎。

武将の強さランキング(TOP10)

自害する扈輒大将軍

扈輒は桓騎に対して「自分と似ている」と言い出します。

しかし桓騎はこれに対して「全然違うじゃねぇか」と意見は一致しません。

確かに見出したものが痛みだったのか、怒りだったのかの違いはあれどもお互いに精神的な沈殿物が存在するのは分かります。

ここで剣を抜いて扈輒は自らの首にあてます。

「先に行って雷土と酒を飲みながら待っている」

扈輒はこのまま自害しての死亡になるのでしょう。

そして雷土の一件を知ることになる桓騎が行うのが史実にもある10万の首刎ねとなります。

以上がキングダム693話のネタバレを含んだ考察となります。

雷土の死を知り、最後に趙軍10万の首を刎ねる桓騎の行末。

それがキングダム694話でつながっていく流れになりそうです。

キングダム694話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2021.5.11

ワンピース考察|おでんは確実に死亡した!緑牛説は否定でモデルは石川五右衛門

モモの助の父親である光月おでん。 白ひげの船に乗り、更にゴール・D・ロジャーとの航海にてラフテルまでたどり着いた逸材です。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る