Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|秦が行った韓攻めの史実!韓非子の存在は大きい!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムで647話現在、趙を攻めている真っ最中です。
秦の統一戦争の中で最も激戦となった李牧を相手に奮闘していました。

しかし実際に最初に滅びたのは
韓との戦いはこれまで1度も描かれていません。

合従軍との戦いで桓騎が韓将・成恢(せいかい)を討った程度です。
何故急に韓が滅びることになったのでしょうか?

それには戦国七雄の絶妙なパワーバランスとその崩壊が理由にありました。
秦が行った韓攻め、そして 韓が滅びた理由を紹介します。

騰が韓を滅亡させる!

紀元前230年に韓は滅亡する!

紀元前234年から秦は本格的に韓を攻めます。
これは趙攻めと同時進行で行われました。

趙攻めに苦戦する中、紀元前230年に韓の首都・新鄭を騰が10万の兵で落とします。
韓王は捕虜となり、韓は秦の統一戦争で最初に滅びた国となりました。

騰は韓を滅ぼしたことから大将軍となり、仕えていた王騎に肩を並べます。

キングダム26巻 王騎を支えた自負がある

キングダム26巻/原泰久先生/集英社
王騎を支えた自負がある

史実の王騎と王コツは同一人物!

韓は戦国七雄最弱!これまで存続していた理由は?

韓は戦国七雄最小最弱とどこの国からも評されています。
強さ的にはいつでも秦、楚、趙などに滅ぼされてもおかしくありません。

しかし韓は地理的な優位性で弱小国ながら生きながらえていました。
韓は当時の中華の中心にあります。

秦が韓を攻めると趙、魏、楚など隣接する国が手薄になった国防のスキをついて攻めてきます。

キングダム17巻 絶妙なバランスの七カ国

キングダム17巻/原泰久先生/集英社
絶妙なバランスの七カ国

他の国が韓を攻める際も同様です。

韓は弱小国ながら地理的な理由ですべての国に影響を及ぼしていました。
敵の敵は味方理論で韓は生きながらえていたのです!

政が暗殺!?燕の奇行!?

韓は秦を強くしていた?「韓非子」と「鄭国渠(ていこくきょ)」!

史実では韓は秦を強くしていたのでは?と言われています。
その理由が「韓非子」と「鄭国渠」!

「韓非子」とは権力と法について書かれた思想、法の本です。
韓で生まれた思想・政治の本ですが、秦王・政が高く評価して国力強化・権力基盤の形成に役立ちました。

韓ではあまり重宝されず、結果として秦を強くします。
「鄭国渠」というのは秦の灌漑水路。

これは韓が公共事業により秦の国力を疲弊させようと企てた策です。
しかし秦はこの「鄭国渠」のおかげで豊かな土地が増え、食べ物に困らなくなりました。

秦の統一戦争が15年もの間、継続できたのは「鄭国渠」のおかげです。
韓は結果として秦を強くして、統一をアシストして滅びました。

まとめ

韓滅亡について紹介しました。
韓は秦を水路と思想で強くして滅亡します。

韓が早くに滅亡していたら、秦の強さもありません。
韓のおかげで秦は中華統一できたのです。

今後のキングダムでも描かれるであろう韓滅亡!
史実通りに進むのか注目です!

この記事はキングダム好きの【こまたぬき】が書きました。

【こんな記事も読まれています】

⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【王賁は史実で四国を滅ぼす!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

キングダム考察|王騎や廉頗の武と知を兼ねた将より龐煖等の特化が強い!?

2019.1.17

キングダム考察|王騎や廉頗の武と知を兼ねた将より龐煖等の特化が強い!?

(原泰久先生/集英社/キングダム) 一部で語られる疑問の一つ。 武勇知略を一手に備えた武将よりも 武勇なら武勇、 知略なら知…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る