呪術廻戦ネタバレ154話の考察|虎杖がトーナメント勝利で秤金次と会う!恵は別働隊で情報収集

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

星キララの術式と性別が判明した154話です。

下記リンクよりネタバレを含む考察記事が読めます。

ネタバレ可の方はこちら
呪術廻戦154話のネタバレを含む考察

元々予想されていた性別ですが、パンダが明言。

「男だよ」

なので秤金次の横にいた黒髪美少女は男だったことが分かりました。

そして術式についても伏黒恵&パンダとのバトルによって判明となります。

※これより下は予想考察となりますのでネタバレ可の方は上記リンクから移動ください。




秤金次がギャンブルの試合の胴元をしているのが分かりました。

それに参加することになった虎杖。

とりあえず最初の試合はパンダ先輩とでしたが、虎杖勝利となっています。
(もちろんパンダ先輩も虎杖も本気だった訳ではありません)

トーナメントは続きますが秤金次は「虎杖が勝つ」と組織の人間に伝えています。

呪術廻戦153話 トーナメントの勝ち残りは虎杖でほぼ確定

呪術廻戦153話/芥見下々先生/集英社
トーナメントの勝ち残りは虎杖でほぼ確定

遂に秤金次と虎杖が脚本あり(八百長)で相まみえることになりそうです。

目的は五条悟が自分と並ぶと評した秤金次を仲間にすることです。

一筋縄で行くタイプとは到底思えません

基本的には自分の信念に従って真っ直ぐに生きるタイプと考えていいでしょう。

虎杖母の縫い目の女がなぜ仁を狙ったのか

いい脚本が描けそうと秤金次

呪術廻戦153話で虎杖について「いい脚本が描けそう」と言い切っています。

上階にいる客にも動きを魅せるための行動をしていた虎杖。

それだけの理解があれば見どころのある良い勝負に持っていくことも可能でしょう。

呪術廻戦153話 秤金次が脚本(八百長)を行なって金を大きく稼ぐ

呪術廻戦153話/芥見下々先生/集英社
秤金次が脚本(八百長)を行なって金を大きく稼ぐ

賭場が盛り上がれば秤金次の収入も増えていきます。

どこまでお金稼ぎそのものに興味があるのかは不明ですが、盛り上がることが好きなのは容易に想像出来ます。
(金を第一に考えてくれているのなら話は簡単ですが)

いい感じにザワつくぜ。
こんなにザワつくのは元カノがリボ払いしまくってた時以来だ。
-秤金次-
(呪術廻戦153話)

洒落の効いた言い回しにも聞こえますが、秤金次のタイプはそういう知性のあるユーモアタイプではないでしょう。

これは公式ガイドブックにあった座学面の低さからも伺えます。

呪術廻戦公式ファンブックにある呪術高専生スキルグラフ

呪術廻戦公式ファンブックにある呪術高専生スキルグラフ

よって純粋に秤金次が感じたことを言っているだけでしょう。

現在の彼女である星キララには「元カノの話やめて」と怒られています。

乙骨憂太の強さとは

トーナメントは描かれるのか

一回戦はパンダ先輩との勝負になったトーナメントです。

しかし秤金次は「どうせ勝つ」と言い切っていることを見ると試合に全てを描く意味がないでしょう。

元より「パンダに勝てるやつなんていない」と踏んでいたので、そう考えるのは当然。

だとすればトーナメントそのものは早めの描写でサラっと終わらせる可能性もありそうです。

このトーナメントで新たな新キャラが登場するってこともないでしょう。

宿儺に勝てるのは五条悟だけ

伏黒恵の役割とは

伏黒恵については黒い布をまとっている状態でした。

呪術廻戦153話 影から登場する伏黒恵

呪術廻戦153話/芥見下々先生/集英社
影から登場する伏黒恵

そして秤金次と連絡をしている人物の近くの影から姿を表しています。

潜入がバレないようにしながら図りに接触出来るかと行動している状況と言えます。

「ケーサツとドロボウの関係にある」という秤金次と高専側。

当然ながら秤金次を捕まえたいのではなく協力を要請したいので無茶な行動には出ないでしょう。

実際に「今晩俺は動くべきじゃないと思う」と言っています。

ただ津美紀の一件から時間がないのも事実です。

期限までは後9日なっています。

星綺羅羅(ほしきらら)の術式

トーナメントでは術式は基本的に禁止となっています。

見ている観客、要するに賭けているのが非術士だからです。

そしてパンダと一戦交えた虎杖は戦いの中で「もう一人の3年の術式が問題」と言っています。

知った仲だから警戒はされてないが避けられてる。
あともう一人の3年の術式が問題でな。
-パンダ-
(呪術廻戦153話)

秤金次に会えたのかについての質問でパンダが答えた回答です。

もう一人の高専3年は星キララになります。

呪術廻戦153話 警備に星綺羅羅を出すという秤金次

呪術廻戦153話/芥見下々先生/集英社
警備に星綺羅羅を出すという秤金次

伏黒恵の警備として星キララを出すという秤金次。

術式の中に警備を強化できるものが含まれているのでしょう。

結界系のものか嘘を見破る類のものかもしれません。

伏黒だけが特級以外で使える|領域展開一覧

秤金次は協力しない

今の流れから考えて伏黒と虎杖がどれだけプッシュしても死滅回游に秤金次が参加するとは到底思えません。

確かに秤金次は強いキャラでしょう。

呪術廻戦146話 ノってる時は乙骨憂太よりも秤金次が強くなる

呪術廻戦146話/芥見下々先生/集英社
ノってる時は乙骨憂太よりも秤金次が強くなる

これは乙骨憂太も言っていたところです。

ノっていると特級呪術師である乙骨憂太よりも強いとなれば相当な実力者なのは確実。

ただ当たり前ながら伏黒姉を救うためでも羂索(偽夏油)を止めるためでも秤金次からすれば「知らない」の一言で終わってしまいそうな様子。

簡単に言えば「俺のメリットはどこにあるんだ?」って感じでしょうか。

加茂憲倫の正体は羂索。菩薩がモデル

秤金次の利益がどこにあるのか

153話だけの情報で見ていると「秤金次にも利がある」と確定できなければ協力は求められない気がしてなりません。

東堂のような人情派ではなく利害関係が明白であれば協力に到達できる可能性がありそうです。

すでに禪院家は真希によって壊滅させられてしまいました。

もしそれが無ければ伏黒が当主として禪院家の財力を元に秤金次に提供できるものもあったのかもしれません。

五条家および加茂家から呪術総監部に対し禪院家の御三家除名が提議され総監はこれを保留としている。
(呪術廻戦152話)

加茂家と五条家は禪院家をすでに御三家にあらずと判断しました。

現状は御三家除名は総監によって保留にされている状態です。

伏黒が簡単に何かできる現状には無いとも言えます。

加茂家の先祖は賀茂忠行ではないか

もし伏黒恵と真希が戻ってくるのなら禪院家の復活もあるでしょうが、二人とも望んでいません

このまま衰退するにしても残った財産についてはどうなるのか

死滅回游の平定のためならば、秤金次に一部を渡したとしても真希も伏黒恵も気になるところではないでしょう。

秤金次が呪術界からの金を受け取らないケースも出てきそうな気もします。

百鬼夜行の時に保守派と喧嘩して停学になっています。

保守派が考える逆の道であれば信念に基づいて協力あるのでしょうか。

秤金次は伏黒恵と虎杖への協力にどういう条件を出してくるのか見ものです。

また秤金次の実際の強さについても気になるところでしょう。
(ついでに星キララの能力も)

呪術廻戦154話が確定次第ネタバレを含む考察記事を更新しますので今しばらくお待ち下さい。

なぜ宿儺は伏黒恵を助けるのか



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.24

【七つの大罪考察】最高神は何を企む?女神族(四大天使)は悪!?人間族を卑下!

(鈴木央先生 七つの大罪 25巻引用) 女神族と魔神族。 二つの文字並びを 見ただけでは、 一見 女神族が善人で 魔…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る