呪術廻戦149話|確定ネタバレ|真依死亡!真希が呪力を完全に失い伏黒甚爾化!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦149話|確定ネタバレ最新|真依死亡!真希が呪力を完全に失い伏黒甚爾化!

呪術廻戦149話のネタバレ考察です。

扇によって真希が一撃を喰らってしまいましたが、死んではいませんでした。

そして一気に形成が変わります。

きっかけを作り出したのは真依です。

万が一の交渉材料として生かした真依
真希の所持する未知の呪具。
それら不足の事態に備えつつ渾身の一振りを放つ。
(呪術廻戦148話)

真依を残した不測の事態がまさに扇に発生することになりました。

真希は真依から贈り物として新たな呪具(剣)を渡されます

呪術廻戦5巻 禪院真依の術式は「構築術式」

呪術廻戦5巻/芥見下々先生/集英社
禪院真依の術式は「構築術式」

しかしこれが真依の最期となってしまいました。

それでは呪術廻戦149話を考察していきます。

禪院真希は伏黒甚爾を越えるのか

構築術式で真希の武器を作り出した

扇が殺さずに生かしておいた真依が今回のキモとなります。

2人を切った事で満足している様子の扇。

刀身を折り間合いを縮めたと判断し深く踏み込んだな。
だからオマエは駄目なのだ。
私は剣士ではない、術師だ。
出来損ないの物差しで私を測ろうなど笑止千万。
-禪院扇-
(呪術廻戦149話)

しかし真依も真希もこのままでは終わりません。

その真依が大ダメージを受けた真希に対して「構築術式」によって武器を作り出します。

構築術式について忘れている読者もいるかもしれないので改めて42話の説明を見ておきます。

己の呪力を元に物質を0から構築する。
領域展開における結界内での生得領域の具現化とは異なり、構築術式で一度生成された物質は術式終了後も消えることはない
それ故に呪力消費が激しく身体への負荷が大きい
真依には一日一発の弾丸を作るのが限界。
(呪術廻戦42話)

あまり使えない術式であるのは容易に想像がつくでしょう。

今回の真依は一日一発の弾丸が限界である自分の能力を遥かに上回る真希への武器生成

呪術廻戦149話 真依は最後の力を振り絞って真希の武器を作り出した

呪術廻戦149話/芥見下々先生/集英社
真依は最後の力を振り絞って真希の武器を作り出した

これによって力を使い尽くしてしまった真依となります。

真依はここで死亡です。

簡単に言えば命を使って真希の武器を作り出したということです。

メカ丸と三輪霞の関係とは

真希の呪力を真依が奪っていく

真依は死に際に真希と会話しています。

これは現実世界ではなく双子ならではのテレパシーのようなものでしょう。

そして真希の僅かにあった呪力を真依が奪っていきます。

呪力もなにもかも私が持っていってあげるから。
-真依-
(呪術廻戦149話)

こうして呪力を全て真依が奪っていった状態となりました。

現実に戻った真希は真依に呼びかけますが返事はありません。

すでに事切れています。

涙している真希。

これをきっかけに真希は伏黒甚爾と同じ状態になっています。

呪術廻戦9巻 天与呪縛で呪力が完全にゼロなのは禪院甚爾ただ一人

呪術廻戦9巻/芥見下々先生/集英社
天与呪縛で呪力が完全にゼロなのは禪院甚爾ただ一人

九十九由基の調べでは天与呪縛によって呪力が完全にゼロになっていたのは禪院甚爾だけでした。

真依によって見事に呪力ゼロが成立して真希も甚爾と同じ力を得たと推測されます。

但し天与呪縛は「生まれながら」が重要な点とも考えられるので完全に甚爾と同じ力とは言えない可能性もあります。

よって伏黒甚爾を超えるとなれば別のものを更に捨てて必要があるでしょう。

呪術廻戦公式ファンブック 禪院真希は何を捨てるかにシフトする

呪術廻戦公式ファンブック/芥見下々先生/集英社
禪院真希は何を捨てるかにシフトする

甚爾を見たことで「何を捨てるか」という考えを知った真希です。

公式ファンブックでも真希が捨てることにシフトして強さを手にしていくことは書かれていました。

強すぎる特級術師の面々

禪院扇が真希に敗北する

娘が出来損ないだったから当主になれなかったのだという考えを持っている扇。

中々のクズ親でしたが、実際は単純に能力が低かったからと言って差し支えないでしょう。

明らかに直毘人の方が強者である印象を残しています。

真希は甚爾と同じ身体能力を得て、更に真依が命を賭して作り上げた呪具を持っています。

呪術廻戦149話 真希は禪院甚爾と同じ次元のフィジカルギフテッドを会得

呪術廻戦149話/芥見下々先生/集英社
真希は禪院甚爾と同じ次元のフィジカルギフテッドを会得

禪院扇は昔甚爾と戦った記憶を持っているのか立ち上がった真希に恐怖しているところ。

禪院扇も全力を示すべく術式を解放します。

「焦眉之赳(しょうびのきゅう)」で骨の髄まで焼き尽くすと豪語。

出来損ないと思っていた娘がまさか圧倒的力を誇った禪院甚爾と同じ状態になるとは思いもよらなかったのでしょう。

新しい呪具によって斬られた禪院扇は真希に敗れ倒れる結果となりました。

顔が真っ二つに斬られて禪院扇も死亡となります。

真希の進化と真依の死亡が確定した呪術廻戦149話となりました。

呪術廻戦150話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.6.13

【七つの大罪考察】ゲルダがゼルドリスの大切な存在と確定!誰で再登場はあるの!?

(鈴木央先生 七つの大罪 271話引用) 271話では、 メリオダスからゼルドリスの 詳細が語られ、 エジンバラ城で登場した…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る