十字架のろくにんネタバレ34話|円比呂の足の親指は取れている。関節引き伸ばしの拷問

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

十字架のろくにん34話のネタバレ考察です。

冷静な表情で拷問を仕掛けていく漆間。

怖さ際立つ展開となります。

手の親指を潰した後は関節を伸ばす謎の拷問器具登場です。

何か大切なものを失った円比呂

「話を聞く気になったか?」の問いに相変わらず叫ぶ円比呂。

親指が痛いという円比呂に「痛いのはそこだけ?」と漆間。

怖すぎます。

人は失って初めて大切なものに気付くっていうけどお前は気付かないんだな。
-漆間-
(十字架のろくにん34話)

要するにすでに円比呂は何かを失っているってことです。

足の親指が取れている

円比呂に対して「人じゃない」と言い放つ漆間。

その表情は冷たく非情さを感じさせます。

そのまま次の拷問に入るためにサムキンを外して倉庫を出る漆間。

確認すると円比呂は緩んだ縄から抜けます。

そして逃げ出すべく走り出しますが途中で転がってしまいました。

何だ!?
何かが変だ!
うまく走れな・・・。
-円比呂-
(十字架のろくにん34話)

漆間が言っていた「大切なもの」とは何だったのか。

ここで明らかになりました。

円比呂が自分の足を見ると親指が取れています。

十字架のろくにん34話 円比呂の親指は取れている

十字架のろくにん34話/中武士竜先生/講談社
円比呂の親指は取れている

完全に足の親指が取れていました。

これが大切なものだった様子。

セロハンテープで貼り付けてるだけの足の親指。

気づけた?」の漆間の表情はものすごく怖いものになっています。

円比呂に対しては普段以上の苦しみを与える気持ちがあるのではないでしょうか。

自分を普通の学生の様に楽しい気持ちにさせてくれた白川兄妹。

その2人を苦しめた円比呂。

半端な苦痛を味合わせるだけでは済まされないと感じているでしょう。

関節を伸ばす拷問器具

円比呂は「オレは壊す側の人間」と宣います。

お前の家族も壊した!
白川も壊した!
壊される側のお前が壊してんじゃっねぇ!
-円比呂-
(十字架のろくにん34話)

意味不明な論理ですが、そんなものが漆間に通用するはずもありません

頭を掴まれてそのまま運ばれて次なる拷問です。

次に行われるものも「死に直結」というものではない様子。

まだまだ苦しむ時間が延長されます。

行われるのは「関節」へのダメージです。

ものすごく大きな歯車のついた機械で腕と足の関節がはち切れるまで伸ばしていくのでしょう。

腕の関節3つ。
足の関節3つ。
関節って潰されるより伸ばされる方がつらいんだって。
-漆間-
(十字架のろくにん34話)

これで四肢が動かせない状態になる円比呂。

もう痛みで失神する可能性も出てきていますが、死にはしないでしょう。

どんなトドメを刺していくのか。

漆間の怒りの頂点が見えてきます。

人ならざる者を裁く漆間。

今までよりも罪悪感なるものは無くなっている気がしてなりません。

十字架のろくにん35話では関節が終わる歯車装置での拷問開始となります。

十字架のろくにん35話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.26

【ワンピース考察】ルフィの見聞色の覇気も未来予知が可能になる♦カタクリに学ぶギア5のヒントか♣

(尾田栄一郎先生 ワンピース 引用) ルフィの見聞色の覇気。 カタクリの少し先の 未来が見えるという 能力に比べると 明ら…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る