怪獣8号ネタバレ32話|33話考察|カフカが爆弾除去!ミナにもバレて拘束確定

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

怪獣8号32話のネタバレ考察です。

カフカが怪獣化して9.0怪獣が最後に繰り出した余獣を利用した超巨大爆弾を阻止しようとします。

解放1%ではありえないダッシュ力を見られた後に現れた怪獣8号。

結果的に保科とミナにはバレてしまう結果。

救ってくれたカフカに対して、拘束が言い渡されました。

フォルティチュードは1上がると31.6倍の強さ

超巨大爆弾が落ちたら全滅もある

保科は何となく感じ取っていたにも関わらずカフカ=怪獣8号という可能性から目をそらしていたことを感じます。

レノは「自分が何をやっているのか」と言いますが、キコルには分かります。

今落ちようとしてる規模の爆弾が炸裂すれば「おそrかうほとんどの隊員が死ぬ」という事実。

カフカは自らの全力を使い超巨大爆弾に向かいました。

全力のパンチで超巨大爆弾を空中で炸裂

とんでもない威力に9.0怪獣も「は?」と状況を読めない様子。

怪獣8号32話 カフカの全力パンチで超巨大爆弾が空中炸裂

怪獣8号32話/松本直也先生/集英社
カフカの全力パンチで超巨大爆弾が空中炸裂

この距離で爆発させても相当なダメージになりそうな予感。

しかしミナが即座に命令を出します。

総員その場に伏せてシールド全開だ!
-亜白ミナ-
(怪獣8号32話)

カフカ事態も完全なる全力だったために腕も足もボロボロになります。

全隊員を結果的に救い出した怪獣8号のカフカ。

ただそのまま「仲間」として受け入れることが防衛隊に出来るはずもありません。

カフカの身柄を拘束するミナ

ミナもカフカの姿を確認。

心の中でレノとキコルに謝ります。

知っていたのは2人だけでした。

しかし皆を救うにはこれしか方法がなかったと言えるでしょう。

それでも防衛隊として亜白ミナ隊長はカフカと捕らえるしかありません。

日比野カフカ。
いや怪獣8号。
見型を拘束する。
-亜白ミナ-
(怪獣8号32話)

怪獣の仮面が崩れ落ちそうな中で悲しい表情をしているカフカ。

ミナと一緒に戦うという夢もこれで潰えたどころか命の保証すら無い拘束。

「全部終わってしまった」と感じてもおかしくありません。

ただ多くの命を救った事実があります。

怪獣8号33話で事情聴取

防衛隊に身柄を拘束されるカフカ。

ミナが最後に拘束の為に出した拳銃の様なものはどう考えても9.8のフォルティチュードを繰り出す怪獣8号に対してのものとは思えません。

カフカが逃げるつもりなら容易にここから脱せられると考えるでしょう(腕と足がボロボロであるのを知っているのは本人だけなので)。

ある意味でカフカは素直に従ってくれるというミナは信じているとも言えます。

恐らくは素直に拘束されるはず。

ただ防衛隊としても気が気じゃないはず。

カフカや保科、そしてすでに知っていたレノやキコルは別として何も知らない上層部などは危険と判断する気がします。

そうなればカフカの処分も検討されるのではないでしょうか。

「怪獣8号の処刑」

上層部でこれが確定していまうとなれば人類の存亡をかけて逃げ出す必要も出てきそうです。

事情聴取をされるであろうカフカですが本人もなぜこうなったのかは分かりません。

怪獣8号1話 カフカを怪獣にした謎の飛ぶ小型怪獣

怪獣8号1話/松本直也先生/集英社
カフカを怪獣にした謎の飛ぶ小型怪獣

傷ついて寝込んでいる時に現れた小さな怪獣が体内に入ったのが原因。

何も明確なことは分かっていない現状。

防衛隊がカフカを認めて兵器利用するのか、それとも逃亡するしかない状況となるのか。

怪獣8号33話と34話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.1.9

【進撃の巨人考察】不戦の契りの詳細が判明!ヴィリーの演説で明らかに!フリッツ王の平和を願う思想!

(諌山創先生 進撃の巨人 99話引用) 進撃の巨人の中でも 謎とされていた 不戦の契り。 ヴィリーの演説では その内容につ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る